海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

コタキナバルでマレーシアの運転免許証を取得する方法

  • 公開日:
  • 更新日:
車

マレーシアは車社会です。首都クアラルンプールの中心地であれば、公共機関を使っての移動が出来ますが、コタキナバルは車がないと動けないと言っても過言ではありません。

例え数100メートルでも、日中は暑いですし、野犬もいます。歩道らしき道はほとんどなく、買い物も一箇所では事足りないからなのです。

マレーシアは日本同様、ジュネーブ条約加盟国なので、日本で取得した国際免許証で運転ができます。また、日本と同じ左通行なので運転もしやすいです。

車を所有する場合は、マレーシアの免許証を取得しないとなりません。事前に長期滞在ビザの取得が前提になります。

今回はコタキナバルでのマレーシア運転免許証の取得方法についてご紹介します。※1MYR=2.7円(2018年9月現在)

マレーシアで運転免許を取得するための必要書類

パスポート

  • 日本の運転免許証とそのコピー
  • パスポートとそのコピー
  • 日本の免許証の英文証明書
  • 写真

日本で発行された免許証とパスポートの顔写真のページのコピーを取ります。自宅でコピーができない場合は、コンドミニアムやアパートメントのオフィスに聞いてみるか、コピーサービスと書かれている店で出来ます。

写真屋で出来る場合が多いのですが、家から1番近い、洋服を仕立てるテーラーにお願いしました。家庭用のプリンタースキャンを使ってコピーしてくれました。値段は1枚MYR0.5からMYR1程度です。

次に写真です。実際のサイズは、縦3,5cm×横2,5cm です。おおよそこの位の写真を持っていけば大丈夫だと思われます。

サイズ指定は記述が見つからなかった為、手持ちの証明写真を持参しました。少し小さかったようですが、結果は大丈夫でした。

証明写真が撮れる場所が分からない場合は、ショッピングモール内で探すとよいでしょう。

コタキナバルの日本領事館に行き英文証明書の発行

日本領事館

英文証明書の発行は、まず日本の運転免許証とパスポートを持参し、在コタキナバル日本領事館に行きます。コタキナバルは大使館ではなく、領事館です。ここで日本の免許証の英訳証明の発行を依頼します。

この発行手数料の料金はMYR80です。申請の半年前に確認した時はMYR70だったので、今後も値上がりはあると思います。

申請書を書き、免許証と一緒に提出します。申請書には所在の住所の記載もあるので、分かるようにして行きましょう。

英文証明は翌日出来上がります。例えば、午前中の申請であれば翌日午前中に、午後申請であれば翌日午後になります。当日の発行は不可です。日にちに余裕を持ちましょう。

コタキナバル領事館

  • 住所:No18,Jalan Aru, Tanjung Aru, 88100Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia
  • 電話番号:+60-88-254-169
  • Fax:+60-88-236-632
  • 月曜から金曜の午前:8:30-12:00、午後:13:30-16:00
  • HP:http://www.kotakinabalu.my.

住所にある通り、アンジュンアルという地域にありますが、少し分かりにくい場所にあります。

特にタクシーの場合、運転手は日本領事館はまず知りません。地図を見せても、地図が読めない運転手もいますので、その場合は「2nd beachの向かい側」と伝えましょう。実際、2nd beachの駐車場から道をわたった場所にあります。

コタキナバル方面から来ると、住宅街の細い道を右折した2軒目で、よく見ると日本の国旗がなびいています。

コタキナバルの道路交通局に行く

コタキナバルの道路交通局

道路交通局は、コタキナバル市街地から少し離れた場所にあります。「Jabatan Pengangkutan Jalan Sabah」が正式名称で、通称JPJと呼ばれています。コタキナバルでは大半の人が免許証を持っているので、JPJと聞けば誰もが分かります

渋滞の時間を避ければ、コタキナバル市街地より車で20分程度です。

Jabatan Pengangkutan Jalan Sabah

  • 住所:Jalan Bundusan, Penampang, Beg Berkunci No. 2013, Sabah, 88620 Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia
  • 電話:̟̟+60-88-717‐777
  • 月曜から金曜:7:45 – 16:00

免許証移行は2階のカウンターでした。窓口に行き、免許証が欲しい旨を伝えたら、カウンター番号を指示されます。

こういった政府機関は、マレー系ムスリムの人しか就職できないので、マレー語でのやり取りが耳に入ってきますが、英語で大丈夫です。ただし、受付番号はマレー語で呼ばれます。よく耳を澄ましておきましょう。

日本語と違い、番号は1つずつ読みます。

例えば、受付番号が258の場合、日本語だと「にひゃく・ごじゅう・はち」ですが、マレー語だと「に・ご・はち」にあたる「dua・lima・lapan(ドゥア・リマ・ラパン)」と呼ばれます。マレー語で10まで把握していれば大丈夫です。

マレー語が分からなくても、番号カードが見えるように持っていたら、周りの人が教えてくれるかもしれません。番号が呼ばれたら、カウンターで書類を全て提出します。

JPJの周辺は飲食店はおろか、売店もありません。水の持参をおすすめします。小さいお子様を連れてく場合は食べられるものを持っていた方が良いでしょう。

マレーシア運転免許証申請

マレーシア運転免許証

書類を一通り確認し、不備がなければ免許証の作成です。通常、ビザが1年更新なので、免許証ももちろん1年更新だと思っていました。免許証を取得できる条件が、ビザを取得していることだからです。

ところが担当者はパスポートをペラペラめくりながら「何年欲しいの?」と聞いてきました。

無事に書類不備なく1回で発行できたらラッキー、と思っていたので、予想外の質問です。謙虚に2年という数字が頭をよぎりました。日本の免許証があと2年で更新だったからです。

しかし、一般的に公的手続きは何時間もまたされるので、できれば無駄な更新は避けたいものです。そこで、「何年もらえるの?」と聞き返しました。

すると、担当局員は、パスポートのビザと期限を再度確認し、「パスポートの有効期間があと8年あるから、5年あげるよ」と言ったのです。

万が一日本の免許を失効しても、マレーシアでは運転が出来る、おかしなことになってしまいますが、特に問題はないようでした。1年おきに更新手続きがないのは、なんとも有り難いことです。

無事5年申請を出し、支払いを済ませると、また待たされます。

そして、しばらく待った後、住所、パスポート番号を印字し、写真をパウチしたような免許証が手渡されます。少し小さかった証明写真は、横に引き伸ばされており、太った姿になっていました。

これで免許証の取得は完了です。

マレーシア運転免許証の発行費用

免許証発行費用は、5年間有効でMYR150、書き換え手数料MYR20、調整額MYR27,5で合計MYR197,5でした。調整額が何を指すのかは分かりません。

料金はとても分かりやすく、1年、2年、3年と最長5年までの更新が出来ます。1年でMYR30、5年だと5倍のMYR150になります。

プラス、日本領事館発行の英訳書類がMYR80、その他コピーや証明写真の雑費を入れてMYR300程度です。

マレーシア運転免許証申請の注意事項

特に月曜日はこういった公共機関は混み合うので、早く済ませたい場合は月曜を外し、朝1番に行くとよいでしょう。

また、先に書いた通り、局員が全員ムスリムなので、ラマダン中やラマダン後1週間は避けた方がよいでしょう。

ラマダンはイスラム教徒の断食月です。約1カ月続くため、ラマダン始めはまだ良いのですが、3週間目に入ると寝不足や気力がない様子がわかります。そんな状態で仕事をするので、通常より時間がかかります。

また、ラマダン後はハリラヤプアサ(断食明けのお祝い)で祝日です。2日間は公の祝日ですが、ほとんどの人が1週間は休みをとり、田舎に帰省します。そのため、通常通り動かない可能性が高くなります。

とても困ったのは、タクシーがつかまらない事でした。ラマダン中は働かない人が増えるので、タクシーの数も激減します。JPJに行くには車が必須なので、注意しましょう。

まとめ

免許証の移行はいたって簡単ですが、時間がかかります。証明写真を撮るのに1日、領事館で2日、JPJで1日、1日に1つの用が完了すれば上出来です。効率よく動きたい気持ちをおさえて、サバ時間を楽しみましょう。

サバの祝日に定められている日は、日本領事館、JPJ、共にあいていないので、事前の確認が必要です。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【マレーシア求人】未経験からでもマレーシア就職を狙える転職サイトまとめ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る