海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

中国在住歴8年半の筆者が「中国で働くことの魅力」を現地からお伝えします

中国

一息で気管支と肺まで凍りつくような冷気、舌巻き巻きで、マシンガンのような音量と速さで話される中国語、車道でリアカーを引くロバ……。2010年1月、中国河北省の地方都市に到着した時、私の五感は数えきれない「初めて」を感じ取り、ひどく興奮し、またショックを受けていました。

自分は一体、どの時代のどこにいるのかさえ、分からなくなりそうでした。まさかこの国で仕事をし、何年も住み着くことになるとは、その時は、全く思いもしませんでした。

台湾で2年弱の言語留学をし、「本場中国で、仕事をしてみたい!」という大まかで抽象的な目標を持った私は、勤務先、就学先なども決めず、中国に来てしまったのですが、その後、イベントの通訳、ネットでの翻訳などのアルバイトを経て、ここ4年間は、スカイプやウィーチャットのビデオコールで英語、中国語、日本語の言語レッスンをする仕事を自営でしています。

中国国内で、北から南の大移動もし、3年半前に河北省から、広東省に引っ越しました。8年半中国に留まり、働き、そしてこれからもこの生活を続けたいと思うのは、いくつもの魅力があるからです。

今回は中国で働くことの魅力を紹介させて下さい。2018年10月現在1人民元=約16.5円

中国での仕事は自由

ロバ

日本では、高校受験対策の塾で英語の講師をしていました。教える事は大好きだったのですが、狭い教室、決められたテキスト、暗記中心の学習法、何より言語を、コミュニケーション力を高めるためではなく、得点を稼ぐために勉強させるのが、嫌でした。

ホワイトボードと生徒さんの机の間の1メートルもない狭い隙間を抜け出して、今では、教師の私も、生徒さんも、どこにいてもネットでレッスンできます。レッスン内容も、生徒さんの年齢、国籍、目標などに応じて、変えることができます。

もちろん、自由には責任が伴います。自営でネットレッスンをするには、生徒さん探し、レッスン費用の交渉、カリキュラムや教材の準備など、全て自分でしなくてはいけません。

それでも、その過程で創意工夫をし、その成果を見ることができるので、仕事の満足度はとても高いです。

中国での人間関係

中国の子供

※股割れズボンを履いている子供。零下10度の寒さでも、子供は強い!

中国人は、初対面でも気軽に話し始める、フレンドリーで好奇心旺盛な人たちです。おかげで、ネットレッスンの生徒さん探しも、あまり苦労せずできています。初めて会った人に「何の仕事してるの?え?日本語と英語教えてるの?うちの子、小学生なんだけど、英語教えてくれないかしら?」というふうに。

また、情に厚く、気持ちも熱い中国人、レッスンの時間以外にも、気遣いメールや嬉しい報告の電話をくれます。

例えば、8歳の男の子からのビデオコールが来て、「先生〜見える?これ僕の妹。3歳なの。妹も英語の名前、欲しいって言ってるんだけど、何て名前がいいかな〜?」

別の時には、「先生〜、何があったか当ててみて!今日ね、英語のテストで100点とったんだよ!」こういうちょっとした連絡でも、母国を離れて生活している外国人を、温かい気持ちにさせてくれるものです。

中国で働き自分自身の成長

川辺

中国で働いて、「私、進歩したな、成長したな」と思える分野があります。言語と、物の見方です。

留学生として学校で中国語を学んでいた頃は、発音、声調、文法の正しさに集中していましたが、生活し、仕事をするとなると、正しく読む、聞く、話す、書くだけでは不十分です。

より自然な会話と交渉力、そして、中国人の「空気を読む」ことが必要です。それが、ゆっくりではあっても自然に身に付いた気がします。徐々に身体が吸収した、中国語でのコミュニケーション力を、仕事に活かしたいと考えています。

特に、スカイプレッスンで中国語を学んでいる日本人の生徒さんには、テキストの会話文を暗記するような勉強ではなく、中国語というツールを使って、状況に応じた対応ができるように励ましています。

物の見方が成長したというのは、多くの海外生活経験者が言うように、「視点を変えれば、正解は1つじゃない」ことが分かってきた、という事です。

1つの出来事を報じるニュースでも、日本で、日本のマスメディアからの情報だけを取り入れているのと、海を渡って向こう岸に身を置いて見るのとでは、全く違って聞こえたり見えたりするものです。

それに、文化、習慣、環境が違えば、時間の感覚(何分遅れたら遅刻になるのか)、お金の感覚(お正月に家族にプレゼントを買うために、年収のどのくらいを費やすか)、距離の感覚(電車で5時間かかる場所を近いというか、遠いというか)などが違って当たり前だと思えるようになりました。

中国

※列車を待つ人たち。ダンボールや飼料袋などに詰めた大荷物を抱えて

生活費

電車

中国で働きながら生活していけるか、というのは大事なポイントだと思います。日本企業の中国支社で働くなら、全く心配はないでしょう。

では、私のような自営でも大丈夫なのかと、尋ねられますが…大丈夫です。それは、生活費を抑えられるからです。

例えば、一番お金のかかる家賃ですが、河北省の地方都市では、高層マンションの家具家電付きの2LDK(約100㎡)で、1ヶ月1600元(日本円で、約27,000円)でした。

今は、広東省の大都市、深セン市に住んでいるので、同じくらいのレベルの家具家電付きのマンション、1LDK(50㎡)が2800元(日本円で約47,000円)しますが、駅近、広さ、快適さを考えたら、決して高くないと思います。

光熱費や食費、交通費も日本と比べて安いので、少ない経費で、快適な生活ができます。

飽きない中国生活

中国の川辺

中国でのこれまでの8年半は、「海外旅行+留学+仕事」を同時にしているような生活と言えます。忙しいですが、充実した贅沢な時間を過ごせています。

ほぼ毎日、新しい学び、新しい味の発見があり、新しい出会いがあります。時には、少しの休暇を取って海や山に行ったり、桂林などの観光地に足を伸ばしてみたりしています。また、趣味で絵画やさらに別の言語に挑戦することもできています。

ハイビスカス

プルメリア

ブーゲンビリア

※広東省で見られる花。上から、ハイビスカス、プルメリア、ブーゲンビリア

まとめ

ブーゲンビリアやプルメリアが咲く海岸線をMobike (シェアサイクル)で走りながら、向こうの高層ビルの谷間に沈む夕日を眺めていると、また、「自分はどこにいるんだっけ?」と一瞬分からなくなります。

でも、私の五感はもうショックを受けません。8年半過ごしてきた中国の音、匂い、景色、空気…が心地よいので。ここで、これからも働き、暮らしていきたいです。

中国で働くことを考えている方は、旅行者として数日観光地を訪れるだけでなく、1,2週間滞在して、「下見」してみるのはどうでしょう。

地元の中国人と交流し、普通の生活をしてみて、カルチャーショックを感じながらも「なんだか懐かしい、ほっこりした気持ちになる。」と思えたら、歓迎来中国工作!(中国に働きにいらっしゃい!)

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る