海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ベルギーでバス・トラムを乗りこなすには?オランダ語圏でのチケット購入などについて解説

  • 公開日:
バスマップ

私がアントワープにきて驚いたのは、バスとトラムの多さ。特に街の中心部では路線が集中していて、バス停が3つ4つと隣接しているところでは、どこから乗ればいいか分からず戸惑ったこともあります。

しかしバス・トラムを使いこなせば移動はぐっと楽になります。

ベルギーのオランダ語圏を走るバス・トラムはDe Lijn(ダ・レーン)という会社が運営しています。De Lijnのバス・トラムを乗り継ぐ際はチケットは共通です。

アントワープ中央駅から出ているブリュッセルなど各都市へ行く電車、フランス語圏のバス・トラムは、運営会社が異なるのでチケットを別に購入する必要があります。

私が住んでいるベルギーのオランダ語圏のバス・トラムについて、基本的なチケットの購入方法や乗り方などを解説します。

ベルギーでのチケット(乗車券)購入方法

どの駅にも当たり前に券売機があって、乗車券が買える日本とは異なるベルギー。実は乗車券の買い方はいくつかあり、どうやって買うかによって料金が少しずつ違います!

駅にある券売機で

券売機

地下にあるトラムの駅では、ホームにある券売機でチケットを買うことができます。

1回分のシングルチケットという乗車券を買う場合は、最初の画面で1番上の「TICKETS」を選びます。

券売機のスクリーン

最初の画面で言語選択ボタンがありますが、何語を選んでもなぜか次の画面はオランダ語のみで表示されます。ここでは1番左上の「BILJET AVM」を選択。

券売機のスクリーン

次に乗りたい回数を入力します。1回分で60分乗り降り自由です。

券売機のスクリーン

最後に金額を確認してお金を払いましょう。支払いは現金のみで、1回分3ユーロです。

券売機のスクリーン

何回も乗る場合は1枚で10回乗車できる「Lijn card(レーン・カード)」という10回分の回数券がお得です。

最初の画面で上から2番目の「LIJNKAART AUTOM」を選び、枚数を入力、支払いへと進みます。回数券は1枚16ユーロ、1回あたり1.6ユーロとシングルチケットと比べてかなりお得です。

トラムの地上駅とバス停にはこの券売機がないので、次に紹介する方法でチケットを購入しましょう。

近くのお店で

スーパーマーケット

回数券と旅行にお得なDay passはいろいろなお店でも購入できます。

いくつかの駅にあるLijnwinkelというショップか、SPAR、Carrefour、Delhaizeといったスーパーチェーン店やkruidvatというドラッグストアで取扱いがあります。

その他、街中や住宅地にある小さい商店で販売しているところもあります。最寄りの取り扱い店はDe Lijn公式サイトのsales pointsのページでチェックしましょう。

携帯電話で

なんと、携帯電話からSMSを使って乗車料金を払うこともできるんです!近くにチケットを買えるお店がない時に大変便利です。

SMSで宛先「4884」に、1回分の60分チケットは「DL」、24時間有効のDay passは「DLD」と送信します。

SMS

少し待つとSMSでチケットを購入しましたと返信が届きます。金額は60分チケットは2.15ユーロ、Day passは6.15ユーロです。(0.15ユーロは通信費です)

普段車移動が多く、あまり電車に乗らない私の夫はだいたいこの方法で払っています。

注意点は、乗車する前にSMSの送受信を完了させること。ベルギーでは現地のプリペイド携帯を利用する方も多いと思いますが、いざ乗ろうと思ったら残高が足りない!ということがないよう気を付けましょう。

スマホのアプリで

アプリ

日本と比べてキャッシュレス化が進んでいるベルギー。驚くことにDe Lijnではアプリからも乗車料金が支払えます!

アプリでは1回分の60分チケットが1.8ユーロ、10回分の回数券が15ユーロで1回あたり1.5ユーロと更にお得に購入することができます。

アプリには現在地近くの駅・バス停を探す機能も付いていて、どこから乗れば良いかわからない!という時にもお役立ちです。

ドライバーに直接手渡しで

バス・トラムではドライバーに直接料金を払うこともできますので、チケットを用意してない!という時もご安心下さい。金額は券売機の場合と同じで、60分チケットが3ユーロです。

ただ、こちらでは現金でドライバーに払っている人はほぼ見かけません。料金も割高なので、ほとんどの人が事前に回数券などのチケットを購入しています。

オランダ語圏を旅行するならDay passを使おう!

旅行で1日中散策するなら、チケットの有効時間を気にしなくていいDay passを使うのが断然おすすめです。

  • 1 Day pass 6ユーロ
  • 3 Day pass 12ユーロ
  • 5 Day pass 14ユーロ

と3種類あり、券売機やチケット取り扱い店で購入できます。

ベルギー長期滞在者向け!乗り放題のアボナメント

乗り放題パス

通勤や通学で毎日乗るなら、交通費は安いほうが嬉しいですよね。なんとDe Lijnのバス・トラムには乗り放題パスが存在します!

このパスは正式にはOmnipas (オムニパス)、ベルギーの人からは定期契約という意味でabonnement (アボナメント)とも呼ばれています。

気になる料金は大人(25〜64才)の場合、

  • 1ヶ月:48ユーロ
  • 3ヶ月:120ユーロ
  • 1年間:314ユーロ+5ユーロ

1ヶ月・3ヶ月パスは紙のカード、1年間パスは顔写真付きのICカードのため5ユーロがカード代として加算されます。

1年間パスを買ったとして、通勤や通学で毎日乗れば半年くらいで元が取れます。ベルギーのIDカードを持っていればオンラインで購入ができます。

ベルギーのIDカードを持っていない場合は、駅のショップLijnwinkelで購入できます。購入時はパスポートorオレンジカードという滞在許可証+証明写真(1年間パスの場合のみ)が必要です。

ショップで購入の場合もベルギーのIDカードがあれば、証明写真は不要です。

4つある時刻表の見方

時刻表

初めて見た時になんだろう?と思ったのがこの時刻表です。左から、平日学校がある日、平日学校のホリデー期間、土曜日、日曜日・祝日の順です。夏休みなど学校のホリデー期間は朝と夕方の本数が少なくなります。

ただし時刻表通りの時間に来る時もあれば、そうでない時もあるので、時間に余裕を持って出掛けるようにしましょう!

ベルギーでのバス・トラム乗り方のルール

バス停

バス・トラムに乗る際の共通事項として、最初の乗車から60分以内であれば何度でも乗り降りができます。すぐ済む用事のために出掛けるときは、60分以内で往復乗車できることもあり、1回分の料金で済むのでお財布に優しいです。

乗車時にチケットをドア近くにあるカードリーダーに通すと、60分後の有効期限が切れる時刻が印字されます。時間内に乗り換える時も、再度チケットをカードリーダーに通しましょう。

現在はどこまで乗っても60分毎の均一料金ですが、以前は乗車ゾーンによって料金が設定されていた為、このような番号付きの機械もあります。この機械の場合はチケットを挿入してから「1」を押しましょう。

カードリーダー

降りる駅が近づいてきたら、車内にある青いボタンを押してドライバーに知らせましょう。

トラムの乗り方

トラム

トラムは、改札がないこと、駅員がいないこと以外は日本の電車と同じような感覚で乗れると思います。

1つの駅に複数の路線が通っている駅は、ホームが共通になっていることが多いです。電車に路線番号が表示されているので、自分が乗りたい路線の番号を確認して乗りましょう。

車内では、電光掲示板に駅名が表示され、駅名のアナウンスもあります。乗り降りの際はドアにあるボタンを押してドアを開けましょう。

トラムはラッシュの時間帯などとても込み合う時があります。混雑時は特に、財布やスマホなどの貴重品に気をつけましょう

バスの乗り方

バス

バス停では、乗りたいバスが近づいて来たら、道路の方に手を上げてバスを止めます。日本ではバス停に立っていれば運転手さんが気付いて止まってくれますが、ベルギーでは手を上げて合図をしないと素通りされてしまいます!

私はバスで初めての場所に行く時は、降りたい駅を通り過ぎていないか、Googleマップで確認しながら乗っています。

なぜなら、次のバス停のアナウンスや、車内に駅名を表示する電光掲示板がないからです。こちらの人はみんな、景色で降りる所を覚えているようです。

まとめ

バス停

チケットの買い方が何種類もあるベルギー、オランダ語圏のバス・トラム。旅行で訪れるのであれば、1回券のシングルチケットやお得なDay passなど、利用回数によって選択するといいでしょう。

ぜひバス・トラムを乗りこなして、快適なベルギー滞在をしてはいかがでしょうか。De Lijnの公式サイトにチケットやショップの情報があるので、こちらもご参考下さい。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

白いウサギ

投稿者プロフィール

大阪府出身、1990年生まれ、女性。海外移住願望が奇跡的に叶い、2018年から結婚を機にベルギーのアントワープへ移住。趣味はユーチューブ鑑賞、料理、散歩、昼寝。人生わりと行き当たりバッタリでどうにかなっているタイプ。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る