海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

イギリスの家賃の高さは東京以上?ロンドンでの一人暮らしは茨の道!

  • 公開日:
  • 更新日:
ロンドン

日本の都市部ではルームシェアが近頃珍しくはなくなってきましたが、家賃の高いロンドンでは独身の社会人のほとんどがルームシェア、または現地での名称「フラットシェア」が一般的です。

駐在員ならば会社が家賃を負担してくれるのでそこそこの物件に住めますが、そうでない現地採用組はイギリス人同様に自らの懐を痛めつつも住まいを確保しなければなりません。

けれど日本で一人暮らしを長年してきた身としては他人と暮らすのは抵抗のあるもの。今回は、薄給でありながらも敢えてロンドンでの一人暮らしにこだわった私の体験談をご紹介します。(注*ポンドは1ポンド=149円として換算)

学生、外国人、保証人なしの三重苦でも一人暮らし希望

半年間の語学留学のため渡英した私はひとまず学生寮に入りました。

二段ベッドのある二人部屋の家賃は月額850ポンド(約12万円)と決して安くはなく、幸いルームメイトとは気が合いましたがプライベートゼロの空間に辟易し二週間で退寮しました。

気軽に単身用のフラットを見つけようと不動産会社を訪問しましたが、家賃の高さと契約の難しさに撃沈。契約社会であるイギリスでは、賃貸契約は最低一年で中途退去不可、そして日本同様仕事をしていない学生なら保証人は必須でした。

それでもめげずに6ヶ月契約可のスタジオと呼ばれる単身用のフラットを見つけました。

フラット1

  • 家賃月額650ポンド(約9万6千円)水道光熱費込み
  • 敷金: 家賃2ヶ月分
  • 地下鉄ゾーン2圏内
  • 地下鉄駅徒歩五分
  • 家具付き、ただし洗濯機なし

家賃は予算内でしたが学生、外国人、イギリス国内に保証人なしという状況だったため、家賃は半年分を一括払い、さらに本来一ヶ月分のはずの敷金も二ヶ月分に増やされました。

けれど現金払いを終えたらパスポートのコピーすら求められず、頼りになるのはお金だけと痛感したものです。

社会人として再び一人暮らし計画

フラット

その後現地で就職し、フラットシェアも経験しましたが、やはり一人暮らしの夢を捨てきれず部屋探しをスタート。当時の年俸は300万円に満たない程度でしたので家賃も学生時代と変わらぬ予算で探しました。

そして見つけたのは学生時代と同じ家賃の物件。しかし立地が好条件だったため部屋の質は低下しました。

フラット2

  • 家賃月額650ポンド(約9万6千円)水道光熱費込み
  • 敷金: 家賃2週間分
  • 地下鉄ゾーン1圏内
  • 地下鉄駅徒歩1分
  • 家具付き、ただし洗濯機なし

契約は学生時代と比べたらずっとシンプルで、雇用主と以前入居していた物件の家主からの紹介状のみの提出でした。社会人のため保証人は不要でした。

階下はファストフード店で、駅前の大通りに面していたため部屋を開けると油と埃のまざった空気が入り込み、夜も騒がしかったです。ただ、買い物等生活面では非常に便利でした。

ここには一年ほど住みましたが、リフォームをきっかけにネズミが入り込むようになり、また転職して収入も多少上がったので逃げるように退去しました。

単身用フラット三軒目も続く洗濯問題

洗濯機

フラット3

  • 家賃月額680ポンド(約10万円)水道光熱費別
  • 敷金: 家賃1.5ヶ月分
  • 地下鉄ゾーン2圏内
  • Overground駅徒歩5分
  • 家具付き、ただし洗濯機なし

こちらはクレジット会社の審査と提出書類は給料明細のみと簡単な契約でした。

三軒目のフラットは閑静な住宅地にあり、地下鉄の駅は遠くなりましたがバスが通っていたため不便ではありませんでした。部屋も以前より広くなり快適でしたが、イギリスで一人暮らしをしてからずっと悩まされた洗濯機のない生活にストレスを感じ続けていました。

建物内に無料で使える洗濯機と乾燥機があったのですが、騒音防止のため夜間10時以降は使用禁止。個数も充分ではなかったので住人同士で洗濯機の取り合いをするのが常でした。結局、洗濯機のある生活を諦めきれずに二年後再度引っ越しを決意しました。

ついに洗濯機付きのフラットへ!

フラット4

  • 家賃月額890ポンド(約13万円)水道光熱費別
  • 敷金: 家賃1ヶ月分
  • 地下鉄ゾーン2圏内
  • Overground駅徒歩5分
  • 家具付き、洗濯機あり

こちらは不動産会社に給料明細と通帳のコピーを提出するのみで審査は完了でした。内見してその場で決めたこのフラットは半地下でしたが南向きで大きな窓が二つあったので明るく、納戸付きで広さも文句なしでした。

カップルでも入居可でしたのでダブルベッドが設置され、ソファやダイニングテーブルといった、それまではスペースの関係上諦めざるを得なかった家具も揃っていました。

何より悲願の洗濯機付き!乾燥機はありませんでしたが徒歩1分の距離にコインランドリーがありました。この物件には帰国するまで二年以上住みましたが、住めば住むほど愛着がわき、退去するのが残念なほどでした。

それでも一般的なのはフラットシェア

私は一人暮らしにこだわりましたが、独身の友人や同僚たちはほとんどフラットシェアをしていました。ロンドンの家賃の高さを考慮すると、それが一番合理的な生活スタイルであることは事実です。

ただ、学生が大きめの物件に大人数で住むのに対し社会人は2〜3部屋の物件に少人数で住むのが普通だったと思われます。

家賃は私と同額かそれ以上払っていた知人も多々いましたが、その分洗濯問題に悩まされることもなく、単身用の小さなキッチンを理由に自炊から遠ざかることもないのです。

また、日本人なら重要であるお風呂事情のためには、バスタブのある2部屋以上の物件に住めるフラットシェアが理想かもしれません。私が住んだ全ての単身用物件はシャワーしかありませんでした。

私は家に帰ったら誰にも邪魔をされずにリラックスして自分の時間を楽しみたい、という強いこだわりがあったため一人暮らしを続けました。

しかし結果として給料の半分程度を家賃と水道光熱費の支払いに回さざるを得ず、その分交際費がなくなり家に引きこもる生活でした。

もともとインドア派なので苦にはなりませんでしたが、社交的な人ならやはりフラットシェアが一番賢い選択といえるかもしれませんね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Yayoi

Yayoiライター

投稿者プロフィール

半年間のイギリス語学留学を経て、現地採用で念願の海外就職を達成。イギリスでは不動産業、IT、そして会計事務所での勤務経験有り。

十年間の在英生活を終えて2015年に帰国しました。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る