海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

生活の足!カンボジアでのバイクの購入から管理まで

  • 公開日:
  • 更新日:
バイク

カンボジアでの生活の移動手段はバイクが主流です。

市場に運ぶための豚や鶏、大量の野菜や果物を運ぶのもバイク、籐の家具やテレビ、大きなガラスを運ぶのもバイク、このようにバイクはカンボジア人にとってなくてはならないもの。

またカンボジアに住む日本人の多くにとってもバイクは必需品といえるでしょう。

今回はカンボジアでバイクと上手に付き合うためのあれこれをご紹介します。

カンボジアでバイクはどこで買う?

バイク

バイクはどこでどのように買えばよいでしょうか?

プノンペンではバイク屋はたくさんありますが、中心部のオルセーマッケットの付近にはバイク屋が軒並みにあります。

新品もあれば中古もありますので、何軒か回って品定めをしたり、知り合いからいいバイク屋を紹介してもらうと安心ですね。

さらに、個人売買もできますし、最近ではカンボジアのフリマサイトkhmer24も多く利用されています。チェックしてみてください。

バイクの選び方

バイク

さて実際買うとなればカブがいいのか、スクーターがいいのか用途によって異なるかもしれませんし、予算も決めておきましょう。

 

バイクの購入予算は?

中古であれば500ドルぐらいから1000ドル前後、新品は車種によりますがそれ以上ということになります。カンボジアで一番人気のホンダのドリームは2000ドル以上します。

中古は故障もしやすく、初めからメーターが壊れていたり、泥除けが割れていたりするものもあります。

ちなみに私が買ったカブはメーターが壊れていましたが、「それでもいいか」と聞かれ、特に速度は気にしないのでそのままにし、新しいかごをつけてもらいました。

買った直後にミラーももげたのですぐにタダで交換してもらいました。

買うときにいるのは現金のみ。中古であれば、購入前に破損などをしっかりチェックし値切り交渉もしてみましょう。

実際に購入したら、バイクの持ち主の顔入り登録証が渡されるので、それはしっかり保管しておきましょう。今度そのバイクを売るときに登録証があれば少し高く売れます。

バイクのメンテナンスはこまめに

バイク

新品を買ったことはないので分かりませんが、中古は買った直後からちょくちょく修理屋に通うことになったりもします。

修理屋はどこにでもいたるところにあるので、田舎や夜でない限り走っている途中に調子が悪くなってもそれほど困り果てることはないかもしれません。

でも思わず時間やお金がかかるので、こまめなメンテナンスはしておいたほうがいいです。少しエンジンのかかりが悪いなっと思ったときや、すぐに止まってしまうなって時は早めに修理してもらいましょう。

オイル交換も一ヶ月に一回など決めておいて交換するとよいと思います。安いオイルだと4ドル前後で交換してもらえます。

タイヤメンテナンスも忘れずに

バイク

釘やガラスなどを踏んで頻繁にパンクします。パンク修理屋も道路沿いにたくさんありますから、すぐに直してもらえますので安心です。

タイヤの修理は1ドルの半分2000リエルで修理してくれるますが、チューブも交換となると新しいチューブ代も含めて4ドルほどします。タイヤの溝が減っていたり劣化してヒビわれしていることもあるので、タイヤもこまめにチェックし必要であれば交換しましょう。

また空気圧は頻繁にみて、空気もちゃんといれておくとよいです。一回500リエルです。

日ごろから、行きつけの信頼できるバイク屋さんを見つけておくこともおすすめします。ちょっとしたことはサービスしてくれたり、なりより価格交渉も面倒だし、ぼったくられる心配がないのも安心です。

バイクの盗難に遭わないためにできること

バイク

かっこいいし、乗り心地や走りも最高かもしれませんが大人気のホンダ・ドリームは盗まれる可能性大です。

新品のピッカピカ、ドリームを盗まれた!という話をよく聞きます。高いお金を出して盗まれたらかなりショックですよね。

しかし、ドリームでなくても狙われることはあるので、ちょっとバイクを目の届かないところに停めておくときにも施錠はしっかりしましょう。カンボジア人でもバイクは家の中や、狭くても部屋の中に入れています。

現地で買えるのはただの鎖でそれを南京錠で留めるか、細くてすぐペンチで切られそうな100円ショップにあるようなものなので、 太くてしっかりしたバイクのチェーンは日本から持参するとよいですね。

もし盗まれて警察に届けても泣き寝入りしかありません。

まとめ

いかがでしたか?

カンボジアの生活に欠かせないバイクですが、盗難にあったり事故に遭ったりするのは残念なことです。

自分だけでは防げないこともありますが、気持ちよく過ごすためにも日頃からメンテナンスをしたり、いろいろと予防策をとっておきたいですよね。

おすすめ!

カンボジアの生活を知るにはローカル市場!プサーには魅力がいっぱい

カンボジアの治安、ひったくりや盗難被害を防ぐために知っておくべきこと

ちょっと困る!?カンボジア生活5つの「あるある」

 

カンボジアお役立ち

カンボジアのビザは行き当たりばったりの旅でも取得可能?(申請・費用・必要書類)

生活の必需品!カンボジアで携帯電話SIMカードを購入してお得に使おう

月4万円台で生活可能!カンボジア1か月の生活費シミュレーション

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. シティ
  2. リクルートエージェント
  3. グッドポイント診断
  4. 楽天カード
  5. 旅行バッグ
ページ上部へ戻る