ロンドンの物価は?1ヶ月の生活費シミュレーション

ロンドン

ポンドが安い今はロンドンに行くチャンスでもあります。

でも元から凄く高かったロンドンのポンドが下がったところでそれほど安くなったのでしょうか?

この記事を読み、自分のロンドンでの生活にかかる費用やアルバイトからの収入をシミュレーションして見ると、ロンドンでの生活に必要となるお金などの大体の目処がつくでしょう。

ロンドンでの生活費についてご紹介します。

ロンドンの物価の基本情報

物価

まずはロンドンの物価を見て行きましょう。

主に日本人から見たロンドンの印象は、物価が高いと思われるはずです。その通りです。

例えば、平均家賃から見てみると、 ロンドン全域の平均は約£1000(約13万円)と高めです。それを東京全域の平均(約8万円)と比べてみるとポンドの激減後でもまだ上回る高さに驚きます。

現在のポンドの為替レート

今年話題になったEU離脱後、元々1年前まで180円台だったのが120円台までになり、ポンドの額が急激に下がりました。

しかも8年前までは240円だったのですから、現在のポンドの安さは分かりやすいでしょう。8年前と比べてロンドンの商品は全てを半額と考えてもいいと言うことです。

ロンドンの消費税

ロンドンのさらなる驚きが消費税の高さです。日本が8%に上がってみんなが文句を言ってるなか、ロンドンは20%です。

とても高い消費税ですが、その分食品など生活に必要なものなどには消費税がかからないので、それなりの生活をする場合は苦にならないでしょう。

さらに高速を使うのも無料で、日本みたく高速の出入り口で支払いをしなくていいのです。

ロンドンの家賃

家賃

先ほど言った通り、ロンドンの家賃は東京と比べるととても高いです。ロンドンに住みたいのであれば高い家賃は覚悟しなければいけません。

ロンドンの平均的な家賃は£1000(約13万円)ですが、これはロンドン全域の平均的な値段です。ロンドンの中心で家を探そうとすれば平均家賃は1.5倍になります。

ですが若い人の多くはフラットシェアをし、£1000の家などに3人ほどで住むので安く家賃を払っています。

フラットシェアが苦手でも、安いところを探したら家賃£600ほどで住むことも出来ます。

家賃は高いですが、さらに住民税もかかります。これは場所と家によりますが、一人でワーキングホリデーでイギリスに来たならば年間£400(約54000円)は見ておいてもいいでしょう。

ロンドンでの食費

食費

外食費

ロンドンで外食などをすると一食£10(約1300円)は覚悟しておきましょう。どこで食べてもそれくらいはいってしまいます。

しかしたくさんの人が知っている通り、イギリスの料理は美味しいとは言えません。ロンドンにはイギリスの料理と言えるものがあまりありません。

外食するとしても、主に中華とインド料理が多くなるでしょう。

日本の食材は高い

イギリスでも日本の食材を買うことができるので、日本食の自炊も簡単にすることができます。しかし、輸入品になるので日本での値段と比べるととても高いです。

ロンドンで売っている食材だけでも十分料理ができるので心配はいりません。安く自炊をした場合の1ヶ月の食費は£60(約8000円)ほどで収まる思います。

ですので食材を買い、自炊するのが一番安く済みます。しかし日本の食材なども購入していると高いので、自炊代もかかります。この場合は約£100(約13000円)を見ておきましょう。

ロンドンでの交通費

交通費

オイスターカードを使用して交通費を節約

ロンドンの交通機関では全てオイスターカードというICカードが使用でき、これを使う方が格段と安くなります。

地下鉄やバスのチケットを購入してもいいですが、オイスターカードと比べると値段が約2倍になり、手間もかかります。

関連:初めてでも安心!ロンドンを自由に移動する方法まとめ

平均運賃と定期

地下鉄はとても高いです。中心だけを移動するのであれば、大体の平均運賃が£3(約400円)になります。

往復で£6(約800円)なので、これを毎日乗る必要がある人の大半は定期を買うことになります。

地下鉄の定期代は中心に近い駅を利用するほど高くなります。

例えば、ロンドンの中心地のみを利用する場合、1ヶ月の定期は£124.50(約17000円)になります。

これはロンドンの端から中心に移動する場合£300ほどにもなるので、仕事場が中心地の場合、家探しの時にもこれを気にした方がいいでしょう。

車を持つ場合

車を持つ場合、イギリスの保険はとても高く付きます。安い車を購入したとしても、保険の方が車の値段よりも高くつく場合など多々あるのです。

しかも若い人には保険料が高くなるので、車の所持は難しいでしょう。

さらに、ラッシュアワー時にロンドンの中心街に入るとそれだけでコンジェスチョンチャージと言う料金が発生します。ロンドンに2年のワーキングホリデーで行く場合はおすすめしません。

ロンドンの水道光熱費

光熱費

水道代

水道代は多くの場合半年分を前払いし、その後は使い放題という選択肢が多く使われています。

水道メーターが無い家が多いので、使用料を見ることができないという理由でこのようになりました。この水道代は大体一月£15(約2000円)ほどになります。

電気代

電気はメーターがある場合が多いので、使用料の1kWh辺り£0.18(約24円)で決まります。

ロンドンの小さい家やマンションでの1ヶ月の平均的な電気代は約£60(約8000円)です。

ガス代

オール電化の家もあるのでガスの使用は家によりますが、ロンドンの平均で見てみると電気代よりもすこし高いくらいで、£70(約9400円)と考えていいでしょう。

全てをまとめて見ると、平均的な家が払う1ヶ月の光熱費は約£145(約2万円)になるでしょう。

ロンドンでの携帯代とインターネット代

携帯電話

携帯の使用料の選択は主に2通りあります。

携帯の契約

携帯の契約をし、毎月端末代と使用料を払う方法があります。これも携帯により値段は様々ありますが、平均的に見たら月£25(約3300円)ほどになるでしょう。

しかしiPhoneで契約する場合、iPhone6の一番安い契約が月々£30(約4000円)から始まります。これを基準の携帯を探すのもいいでしょう。

SIMカードオンリー

端末を買い、SIMカードのトップアップ式にするのも可能です。端末代の前払いが高いですが、携帯をすでに持っている場合などだとこちらがいいでしょう。

毎月の平均使用料は£12(約1600円)ほどになります。

インターネット代

インターネット回線を提供してくれる会社はたくさんあり、ネットの早さも異なりますが、ケーブル回線だと月々£40(約5400円)程度でいいネット回線が見つかるでしょう。

しかしケーブル回線でなくていいのであれば、4GをWifiに変える会社もあります。Relishと言い、12ヶ月契約で月々£20でネットにつながるので安いですが、4Gの電波状況にもよるので家の場所によります。

ロンドンでの雑費や交際費

交際

まず交際代を考えて見ると、ロンドンでは何をするにも高く付きます。

例えば、社会人であれば接待で飲んだりするのも仕事のうちでしょう。ロンドンのパブでビール1パイント(UK基準では568ml)を頼むと£3〜5(約400円〜670円)ほどします。

他に雑貨に使う出費を大まかに月£50とします。すると1ヶ月の出費は約£150(約2万円)ほど行くでしょう。

ロンドンでの1か月の生活費まとめ

これまでの全ての出費をまとめ、1ヶ月の平均的な出費を全て見てみると、家賃で£600、食費で£60、交通費は定期を買って£120、光熱費は全て足して£145、携帯代はSIMオンリーとして£12、それに雑貨(飲み代)で£150になります。

全てを足した結果、£1187(約16万)になりました。

これは平均的な出費よりも少し安めに生活した場合の値段です。ですので生活の贅沢を求めたらとても高くなってしまいます。

逆に、家賃以外は平均的な出費なので他を安くすることも可能です。

ロンドンでのアルバイト代(参考までに)

アルバイト

イギリスでもアルバイトはたくさん見つかりますが、日本人がやる主なバイトは日本食レストランのスタッフです。

経営している人が日本人の場合、会話もしやすく、日本人としてのサービスも求められるのでお互い得をします。

日本食のレストランなどでも客が外国人なら英語を話す勉強にもなるので、語学留学の方にもいいバイトになります。

ロンドンの最低賃金

この物価が高く、生活費もとても高いイギリスのバイトでの最低賃金は時給£7.20(約970円)です。

これは25歳以上の時給ですが、21〜24の時給も£6.95(約950円)、18〜20は£5.55(約750円)なので、どんなバイトでもお金は十分貰えます。最低でもこれだけもらえるのであればどんなバイトでも納得が行くでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

ロンドンでは出費は高いですが、アルバイトでも貰える時給を考えると納得もいくでしょう。ロンドンにはたくさん日本人のワーキングホリーデーの方がいます。

生活費で一番の出費になるのが家賃なので、そこを最低限に抑える方が多いです。そこで時給 £7.20(約970円)のバイトをやり、2年の経験を得て日本に帰国します。

この記事を読んで、あなたもロンドンの生活をシミュレーションして見ましたでしょうか?ロンドンの生活が自分に合うと思えば一度は住んでみませんか?

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

ヒースロー空港からロンドン市内へ移動方法まとめ

ロンドンは住み心地が最高!イギリス暮らしの4つのいいところ

イギリスの金融業界で現地採用として10年間働いて気づいたこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. オーストリア・ウィーン
  2. フィリピンの部屋
  3. ホームステイ
  4. 水道水
  5. インドネシアでの銀行口座
ページ上部へ戻る