ロンドンの日本食レストランでアルバイト(仕事の探し方、メリット、デメリット)

ロンドン

皆さんご存知のように、ワーホリでイギリスに来られる方は時間数を気にすることなく就労することが可能です。学生でも制限はありますがイギリスで働くことができます。

今回は私がどのようにしてロンドンでアルバイトの求人を見つけたのか、また日本食レストランでホールスタッフとして働く際のメリット・デメリットについてお話ししたいと思います。

ロンドンで働くということ

Tier4を取得して学生としてロンドンに来られる方も「週に20時間以内」や「長期休暇の間なら」という規定はありますが、就労(アルバイトを含む)することが可能です。

私がロンドンに学生として滞在していた時、この「週20時間以内の就労ができる」ことにより、かなり経済的に助けられました。(詳しくはUKVIのウェブサイトで確認してください→UKVI

勉強とバイトの両立は想像以上に大変でしたし、もちろん学生として勉強することが目的でイギリスに留学しているのですから、勉強が疎かになってしまうようでは意味がありません。

しかし負担のない程度に「海外で働く」ことができるのは、とても良い経験になること間違いないでしょう。

関連:学校じゃ学べない、イギリスの大学生活で体験した4つのカルチャーショック

ロンドンでのアルバイト求人の探し方

まず一般的な方法はネットから探すことでしょう。ロンドン在住の日本人の方なら必ず知っているWebサイト

MixBで探す方法が一番簡単です。求人の枠を見てみると色々情報が載っています。そこでご自身のステータスが学生やワーホリなら【学生・YMS可】という言葉がついてある求人に応募することができます。

その他には英国ニュースダイジェストジャーニーなどの、ロンドン在住日本人に向けたフリーペーパーにも求人情報が載っています。ただし、常に同じようなお店や会社が募集している傾向がありますので、少し見極めは必要になってくるかと思います。

ずっと掲載されているお店や会社には、何かしら問題がある為にバイトが集まらなかったり、見つかってもすぐ辞めてしまう何か理由があるのかもしれません。

たいていは日本語でコンタクトが取れるので、面接などの前に気になる事があれば聞いてみると安心ですね。

関連:イギリスで働くには?仕事の探し方

アルバイト探しは友人からの紹介も役立つ

ロンドンでは上記の方法でアルバイト探しが一般的かと思いますが、私が実際ロンドンでアルバイトを見つけた方法は、友達からの紹介でした。

実はこの方法が一番いいのではないかと思います。

前もって友達からアルバイト先の内情も聞くことができますし、こちらの条件もなんとなく伝えてもらえたり、また私もアルバイト先のお店側も、共通の人を通して紹介してもらっているので、働く前からある程度の信頼関係が成り立っている分リスクが少ないと思います。

実際に、後日レストランのマネージャーとの面接の際には、勤務可能時間や休日の希望のすり合わせと、少しの談笑で即採用になりました。そして友達から聞いていた通り、とても働きやすい職場でした。

関連:ドラマそのまま!イギリスの企業に就職して仕事してみた率直な感想

日本食レストランでホールスタッフをする際の英語力

レストラン

私がロンドンに学生としてきた時の英語力は、語学学校のレベルでAdvanceでしたが、と言って「イギリス人と何も問題なく日常会話ができたの?」と聞かれれば、全くそんなことはありませんでした。

私が働いていた日本食レストランは「高級レストラン」と呼ばれていた類で、お客様もスーツを着たビジネスマンが接待に利用したり、いかにも「お金持ち」といった風貌の人達ばかりでしたし、色々なアクセントの英語を話す方が来られました。

お客様に使う言葉は日常生活で友達や語学学校の先生と喋る時とは違います。英語が苦手だからといって、お客様と話す時に砕け過ぎた英語で話すわけにはいきません。

言葉の最後には必ず男性にはSir、女性にはMa’amとつけないといけなかったり、普段と違う英語を使う事に始めは戸惑ったのを覚えています。

また日本ではあまりないように思いますが、とにかくお客様からのご要望が多いです。

「アレルギーだから〇〇を抜いて欲しい」

「この料理には〇〇が含まれてる?」

「この味付けはこうして欲しい」

などなど。とにかく料理の説明は一通り英語でできないとかなり困りましたし、日本特有の食材や寿司のネタなどの英単語は、最初覚えるのに苦労しました。

ただ何事も慣れだと思います。寿司ネタや日本食材の説明なんて、一度覚えてしまえば後は楽ですし、お客様のご要望も注意して聞いておけば、それ程難しいことを言っている訳ではありません。

とにかく笑顔で接客していれば、多少英語の文法が間違っていようが問題ありません。

ただ理解していないのに分かったふりをするのだけはやめましょう。アレルギーの場合は大変な事になってしまいますので、英語が理解できない時は英語ができる同僚に助けを求めましょう。

関連:TOEICは無意味?イギリスで働くにはどの程度の英語力が必要なのか

日本食レストランでアルバイトするメリット・デメリット

日本食

メリット1、チップ収入

メリットはなんといっても「チップ」がもらえることでしょう。ホールスタッフの時給はイギリスの最低賃金です。

2016年11月現在のイギリス最低賃金は時給7.2ポンド(約1000円)だそうですが、私が学生で働いていた頃は約5.8ポンドと、今よりもっと低かったです。

ただ1ポンド約180円〜200円の時代でしたので、日本円に換算すると約1044円〜1160円になり、今の最低賃金より多くもらっていた計算になりますが、ポンドでもらってポンドで生活している分には関係ありませんでした。

そして週20時間以内しか就労することができませんから週116ポンド(20,880円〜23,200円)、1ヶ月約464ポンド(83,520円〜92,800円)の稼ぎでした。

当時家賃に450ポンド(81,000円〜90,000円)支払っていましたので、なんとか家賃分を稼げるくらいの収入でしたが、そこにチップがはいることにより、生活はかなり楽になりました。なぜなら1ヶ月の労働した給料と同じくらいか少し低いくらいのチップを貰うことができたからです。

ただもちろんチップが多い月もあれば、レストランが暇な時期はそこまでチップがないこともありました。(※当時のレート1ポンド180円〜200円で計算)

これは高級レストランで働いていた恩恵だと思います。お客様の1人分の支払いがかなり高額になりますから、その分チップも高額になります。

ホールスタッフの中でもランクがあり、私は1番新しく入ったので1番下のランクでしたが、それでも1ヶ月に350ポンド(63,000円〜70,000円)前後のチップをもらうことができていました。

メリット2、まかない

もう1つのメリットは「まかない」がでることでしょう。ランチで働いた時は仕事終わりに賄いを食べることができ、ディナーで入った時は仕事前に賄いを食べることができます。

これで1、2食分浮かせることができるので、食費が大幅に減り助かりました。しかも美味しい日本食が食べれますので、日本食が恋しくなることもなかったです。

メリット3、有名人に会える

これはメリットかどうかわかりませんが、有名人がよく来ます。

日本では会うことも無理なら、個人的に会話することなんてとうてい不可能な有名人と話すことができたりします。ロンドンでは日本の芸能人と一般人の垣根がかなり低く感じました。

デメリット1、プライベートの時間が減る

時間

デメリットと言えば、夜遅くまで働かなければいけない、週末に働かないといけない、クリスマス時期などに長期休暇が取りづらいことだと思います。

ロンドンのレストランは休日もなければ、閉まるのも真夜中近くになります。

ロンドンにはナイトバスもありますし、今では週末Tubeは24時間運行をしていますので、帰る手段がないとう心配はそれ程ないと思いますが、やはり夜中に1人で帰宅は危険が伴います。

一度ナイトバスが途中でサービスをストップし、右も左もわからない所で降ろされた時は泣きそうになりました。ロンドンではよくある話しですが、夜中にこれはひど過ぎますよね。

また平日は学校が忙しいですから、週末はゆっくり自分のプライベートなことに時間を使いたいところですが、レストランも週末は忙しいですし皆が休みたいと思っていますので、なかなか週末に休みを取るのは難しかったです。

しかしそれでは本末転倒。学業に支障をきたす事にもなりますし、何よりせっかくイギリスにいるのに、バイトと学校に明け暮れ、イギリスは元よりヨーロッパに旅行にも行けないなんて残念過ぎます。

せっかくイギリスで生活をしているのですから、日本では経験できない事にチャレンジしてみるチャンスです。その為にも、日本にいる間にある程度貯金はしていく必要がありますね。

働けば英語力も伸びる

私の経験から「日本食レストランで働いても英語力は伸びない」という巷の意見は決してないと思います。お客様との会話や同僚の外国人と話すことによって、英語力は確実に伸びます。

日本と違って海外のレストランはホールスタッフとお客様が気軽に話しをするシーンが多いですので、例え同僚が日本人ばかりでも、自分次第で英語を話すチャンスはいくらでも作れます。

そして、自分の国の料理というアドバンテージがある為、何もかも一から学ぶ必要がない分、慣れるのも早いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

ロンドンの日本食レストランでアルバイトをすることは、メリット・デメリットもちろんそれぞれあります。

バイト先で英語に触れる機会も増え、美味しい日本食のまかないも食べることができ、なによりチップがもらえる事で週20時間就労でも学生にとっては経済的には非常に助かります。

私にとっては日本食レストランで働く経験はメリットの方が大きいと思いました。

ただ学業とバイトの両立のバランスは大切です。無理をしない程度に、お小遣い稼ぎができればくらいの感覚で働いてみてはいかがでしょうか。

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

ヒースロー空港からロンドン市内へ移動方法まとめ

初めてでも安心!ロンドンを自由に移動する方法まとめ

イギリスの金融業界で現地採用として10年間働いて気づいたこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
BabyL

BabyLライター

投稿者プロフィール

初めてイギリスを訪れたのが2006年。それ以降毎年イギリスへ足を運び、2008年から3年間ロンドンでWebデザインを学ぶ。
その後一旦日本に戻るも、縁会って2016年からイギリスへ移住してきました。カナダ・オーストラリアでのワーホリ、ヨーロッパ・東南アジアでのバックパッカー旅の経験ありの30代です。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る