ミャンマーの治安は大丈夫?行く前に知っておきたい3つの安全対策

ミャンマーの治安

海外を訪れる前に気になるのが、その国の治安。私は、学生時代から海外に関心があり、これまで海外を数か国旅してきましたが、ガイドブックやインターネットで事前に調べておいた情報が、いざその国を訪れてみると違っていたという事もありました。

ミャンマーで暮らす以前に、ミャンマーを訪れたことのある人のブログやガイドブックへの感想を見たとき、「ミャンマーは、治安がいい」という感想を寄せている人が大多数でした。

では、実際にミャンマーで暮らしてみてどうでしょうか。

今回は女性としての視点で、ミャンマーの治安の実情や、治安について感じていることを、お伝えします。

ミャンマーの治安の現状

ミャンマーの治安

ヤンゴンに暮らす多くの日本人が入会する、「ヤンゴン日本人会」が発行する「ヤンゴン生活手帳」という冊子によると、平成27年10月現在、ミャンマー日本大使館「安全の手引き」発表で、ここ数年、犯罪情勢は悪化傾向にあるといいます。

また、各紙報道によれば、窃盗、障害、強姦といった犯罪が増加傾向にあり、特定の地域では、警察官不足を心配する声が上がっているほか、数度にわたる大統領恩赦で釈放される元受刑者による再犯が治安悪化要因のひとつにあるという指摘があるのが実情です。

外国人は狙われやすい

ミャンマーのヤンゴンは、今、ものすごい勢いで発展を遂げていて、ビジネスチャンスを得ようと多くの外国人が訪れています。

一方で、ミャンマーでは外国人はお金持ちとのイメージがあり、特に日本人は、お金をたくさん持っていて当たり前という印象が強く定着しています。

①ひったくりやスリに注意すること

日本人はお金を持っているというイメージから、外国人、日本人のカバンなどから現金などを盗み取られる被害が報告されているといい、日ごろから注意するよう、先にあげた大使館による「安全の手引き」や、同じく大使館から送られる定期的なメールなどで注意喚起されています。

ミャンマーに関するブログやガイドブックの情報で治安がいいと書いてあるものが多いですが、確かに、日中は女性一人でも街中を散策できます。

困っていれば助けてくれるミャンマー人も多くいますが、他の国と同様、いえ、それ以上に、日ごろから、「日本人」であることで、気を付けて過ごさなくてはいけないというのは、ミャンマーに暮らして強く感じることです。

高価なものを身につけたり、持ち歩いたりしないようにしましょう。

日本人として一番気をつけるべきこと

ミャンマーのタクシー

では、実際にどんなところに気をつけるべきか。ミャンマーで暮らしていて、一番気をつけなければと感じるのは、タクシー運転手とのトラブルです。

日本では当たり前のように気軽に利用できる公共機関が、ミャンマーでは気軽に利用できません。なぜなら、電車やバスが、時間通りにこなかったり、ドアや窓がないタイプの車両が多く、危険度が高いため、移動手段としてタクシーに頼らざるを得ないからです。

ミャンマーでは、タクシーは交渉制

ミャンマーでは、タクシーは、交渉制なので、そもそも乗車するのに多少の勇気がいりますが、それに加え、ヤンゴン地域では、最近、タクシードライバーによる殺人や、強盗事件が増加していると報じられています。

このため、安全を考え、ミャンマーに進出している日本の企業は、駐在員やその家族に、あらかじめ運転手付きの車を与え、トラブルを回避するよう対策をとっているところもあります。

私も、最初にタクシーに一人で乗らねばならないときにはずいぶん緊張しました。気も張りました。しかし、次のことを守れば、たいていは大丈夫という事がわかってきました。

むしろ、タクシーを上手に乗りこなせられれば、この国での生活がより便利で快適なものになることでしょう。

②タクシートラブルにあわないための具体策

ミャンマーのタクシー

タクシードライバーによる事件については、警察当局も警戒を強化しているということですが、やはり、まずは、夜間のタクシー利用には細心の注意が必要です。

女性は夜間に単独でタクシーを利用しないこと

夜間、単独でタクシーを利用する女性や外国人がターゲットになる事件が多いといわれているからです。特に女性は、夜間、単独でタクシーに乗らないのが、身を守る鉄則です。

シュエダゴン・パゴダ

確かに、ガイドブックに書いてある通り、夜のシュエダゴンパゴダもまた昼間とは違った美しさで、日本のみなさんにぜひ訪れてほしい場所ですが、特に女性は単独ではいかないで、複数で移動し安全に楽しんでほしいと思います。

交渉の際の注意

また、交渉制のため、ドライバーに高い値段を言われたからと言って、お客として横柄な態度でドライバーに接しすぎてしまったことでのトラブルも耳にしました。

日本人ということだけで、高い値段をふっかけられる事もありますが、あくまで、落ち着いて、冷静に、交渉して、利用したいものです。

乗車時に必ず後部座席をチェック!

さらに、タクシーに乗るときには、後部座席や、トランク部分を確認して乗るように、と注意喚起されています。なぜなら、そこに人が隠れていて、強盗などをたくらむ者もいると言われているからです。

ここまで挙げると、ミャンマーでは危険が多すぎてタクシーに乗りたくない!と思われてしまいそうですが、上記のことに気をつければ、日本よりはるかに安い価格で目的地まで着くことができます。

親切なドライバーも多くいて、車内で、まるでミャンマー語のレッスンのように、言葉を教えてくれたり、ミャンマーについて歴史や文化、流行など様々なことを教えてくれるドライバーにも出会えます。

ミャンマーのカーラジオを聞かせてくれたり、ミャンマーの人気歌手の歌を聞かせてくれた、親切なドライバーもいました。

ポイント!上手なタクシーの利用方法

タクシードライバーに交渉し、①値段も高くなく、②安全に、かつ、③車内もエアコンも完備され、④運転もスムース、など、目的地までストレスなくたどり着けたら、連絡先を聞いておくと良いでしょう。

ドライバーの電話番号と名前を聞き、次回もお願いするなどすれば、この国での移動のストレスもなくなる上、安全面での心配も減らせます。

③ミャンマーならでは!野犬に注意

ミャンマーの野犬

そして、もう一つ、ミャンマーならでは、これに気をつけて!というのが、街中にいる野犬たち。

ガイドブックなどでは、あまり知らなかった情報ですが、ミャンマーの「治安」を考えるときに、ミャンマーで実際に暮らすものとして、安全面としてどうしても付け加えたいことです。

この野犬たち。日中は道端で寝ていたり、おとなしく穏やかですが、夜間は別の顔。急に野性味を帯び、4~5匹など群れをなして、獲物を狙い、時に、人に吠えかかって襲おうとするのです。

噛まれたら、ケガだけでなく、狂犬病が心配です。実際、夜間に野犬たちに追われ、ミャンマー人に追い払ってもらったという日本人の話を、何度も聞いています。

野犬対策として、追い払えるような長く太い棒を持ち歩いて対策をとっている人もいますが、旅行者には現実的ではないので、夜間に街中を長時間歩くときには、傘を棒の代わりとして持ち歩くのが安全策です。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがですか?

ガイドブックに載っているミャンマーの治安についての情報で、「治安がいい」というのは、確かにそうだとうなずけることも多いですが、実際に暮らしてみると、タクシーや野犬について、もう少し、事前に情報がほしかったなあと思うところがあります。

そのため、今回の記事では、実際に暮らす者として、ミャンマーの治安についての現状や率直な印象を書かせていただきました。

「そんなに大変なら、ミャンマーに行きたくない」なんて思われてしまうかもしれませんが、逆に言えば、上記で挙げた対処法などをしていただければ、安全に過ごすことができます。日本に比べれば、多少不便ですが、海外に暮らすという事は多少の自己防衛策も求められるのではないかと思います。

私も最初は、ミャンマーのこういう不便さや、安全面で気をつけて過ごすことがストレスでした。

しかし!

この国に暮らしていると、自然と、タクシーで鍛えた「交渉力」もいつのまにか身に付きましたし、多少のことでは揺るがない、たくましさもでてきたと実感する毎日です。

ミャンマーで過ごせば、誰もが知らぬうちにタフさを手に入れられるかもしれませんね。

おすすめ!

ミャンマーに長期滞在してよかった!実際に生活して感じる5つのコト

ャンマーでヤンゴン版「山手線」に乗ろう! 庶民の雰囲気を感じるなら絶対ここ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. フランス人
  2. フランス生活
  3. workingholiday
  4. 海外で働く
  5. 馬車:delman(デルマン)
  6. 結婚

おすすめ記事

  1. フィリピンでの妊娠と出産
  2. 海外渡航前の準備
  3. セブにあるダイソー(DAISO)
  4. 香港
  5. 茶葉蛋:台湾流煮卵
ページ上部へ戻る