Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

イギリスでブラック企業を訴えてみた

訴える

サービス残業は当たり前、有給などあって無いもの……そんなブラック企業の存在は日本ではよく聞きますよね。

激務に疲れ果ててヨーロッパでののんびりした仕事に憧れて海外就職を夢見る人も少なくはないでしょう。 けれどお国が変わっても仕事や会社に関するトラブルは存在するもの。

今回は、イギリスで企業相手に人生初めての訴訟を起こした経験を紹介します。

支払われない最後の給料と郵送された給料明細の矛盾

ポンド

イギリスで最初に働いた会社では四年半ほどお世話になりました。

けれどいつまで経っても1ポンドも上がらなかった給料に不満を持ち、転職活動をスタート。

運良くすぐに仕事は決まりましたが、退職は一ヶ月前に申請しなければならないところ、新しい勤務先から引き継ぎの為どうしても2週間以内に来て欲しいと懇願されました。

幸いにも直属の上司はとても理解のある人で、惜しまれながらも2週間での退職を受け入れてくれました。

そして転職。最後の給料がなかなか支払われないことが気になりましたが、2週間という短い期間で退職したことに後ろめたさを感じたこと、そして新しい仕事を覚えることに必死で放置してしまいました。

けれど半年程経った頃、突然前の会社から給料明細が郵送されてきました。書かれていた金額は日本円で約五万円。

更に、『小切手にて支払済』とも記載されていたのです。

関連:イギリスで夢の海外就職!そこで直面した”ビザ奴隷”の現実

Employment Tribunalでブラック企業を訴える

最後の給料は、突然辞めた迷惑料として忘れよう、と考えていた私にも落ち度がありましたが、貰っていないお金を支給したと言われることに違和感を感じました。

新しい職場の人事と相談すると、実は前職から税金の手続きに必要な書類ももらっていなかったことが判明。前の職場の経理担当者は設立以来のメンバーで一人しかおらず、ややきな臭いものを感じました。

まず電話で問い合わせをするとあっさり「小切手は追って郵送します」と言われましたが、待てど暮らせど届かず。何度電話をしても経理担当者は逆ギレして話にならず、メールは全て無視されました。

同じく退職した元同僚に連絡をしてみると、彼も同じく最後の給料をめぐって会社と揉めていました。

知り合いの弁護士にも相談したところ、Employment Tribunalと呼ばれるイギリスの労働裁判所でなら少額で訴訟を起こせると教えてもらい、すぐに申請。申請はオンラインで出来、今までの経緯と全てのメールのやり取り、更に雇用契約書を添付するだけ。

その内容によって受理されるかどうか決まるのですが、ものの数時間で受理のメールと担当法律事務所の連絡先が送られてきました。先方にも訴えを起こし受理されたことをメールすると、すぐに電話がかかってきました。

関連:TOEICは無意味?イギリスで働くにはどの程度の英語力が必要なのか

初めての訴訟(未遂)と和解

和解

証拠として残らないやり取りはしないこと、という人からのアドバイスに従い、メールにてその旨を伝えても電話は鳴り止みませんでしたが無視。

数日後、裁判所からも先方に書面で通達が届いたらしく、とうとう会社のCEOから直接メールが届きました。全額小切手にて支払いをするので訴えを取り下げて欲しいという内容でした。

そのまま訴えを起こせば、慰謝料や支払いが遅れた分の利息も取れる可能性があるとのアドバイスもありました。しかし、これ以上事を大きくしたく無かった為、このCEOからの提案に合意することにしました。

小切手はすぐに郵送され、それを銀行に納めて現金化されたのを確認後訴えを取り下げました。

関連:イギリスで銀行口座開設!おすすめLloyds Bankの口座開設ガイド

イギリスの契約社会での書面の重要性を知る

この一件はこれで終わりましたが、その後もビザの手続き等で裁判所に関わった結果、契約や取り決めに関するやり取りは全て書面で証拠として残すことが重要であると学びました。

日本でも対企業となると個人は弱者ですが、海外ではそこに外国人という立場も加わり大変心細く感じます。

けれどイギリスではそんな弱者でも守ってもらえる体制が整っています。

トラブルには巻き込まれ無いことが一番ですが、万が一に備え、自分の身は自分で守る為にも普段から書面で証拠を残す習慣をつけましょう。

関連:ドラマそのまま!イギリスの企業に就職して仕事してみた率直な感想

まとめ

いかがでしたか?

日本も近年では契約社会になってきている様ですが、まだまだ個人の意識としては欧米に比べると低いかもしれません。

海外で働くと様々な知識が身についたり新しい常識との出会いがあったりしますが、日本と現地の意識の差もリサーチしつつ体制を整えるといいかも知れません。

日本を飛び出して「外国人」として生きるには、自分の身は自分で守る強さと賢さが必要!備えあれば憂いなしで、充実した海外生活を送りましょう!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

ロンドンは住み心地が最高!イギリス暮らしの4つのいいところ

イギリスの金融業界で現地採用として10年間働いて気づいたこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Yayoi

Yayoiライター

投稿者プロフィール

半年間のイギリス語学留学を経て、現地採用で念願の海外就職を達成。イギリスでは不動産業、IT、そして会計事務所での勤務経験有り。

十年間の在英生活を終えて2015年に帰国しました。

ページ上部へ戻る