海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

イギリスで就職活動!CV(履歴書)の書き方ノウハウを教えます

  • 公開日:
  • 更新日:
CV(履歴書)

イギリスで働きたいという夢が膨らんだら、早速準備をはじめましょう。イギリスでは求人サイトから応募するか、企業に直接応募します。

いずれも自分のCV(curriculum vitae)とカバーレターが必要になるので、自分で作成する必要があります。

今回は、はじめてCVを書く方のために、順を追ってCVの書き方をシミュレーションしてみましょう。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

日本の転職サイトに登録しておくといい理由は、CV(履歴書)を代わりに作ってくれるからです。少しでも悩んだら気軽に登録し相談してみましょう。

CVに書くべきこととは

イギリスで働きたい!求人への応募方法(CVとカバーレターについて)」の記事にも書いていますが、ここでもう一度おさらいしましょう。

  • Personal details(名前や住所などの詳細)
  • Personal statement(パーソナルステートメント。履歴書の要旨)
  • Work experience(職業履歴)
  • Education and qualifications(学歴と資格)
  • Relevant skills(その他関係のある技術や資格)
  • Interests(趣味など)
  • Referees(推薦人)

その他、応募する職種に関係する技術や資格、趣味などについてはオプションです。職業経験が少ない人はここを膨らませてもいいかもしれないですね。

CVを書くときの注意

CVを書くときに何を注意したら良いでしょうか。

英国サリー大学のウェブサイト(http://libweb.surrey.ac.uk/)を参考にしてご紹介しましょう。

  • 用紙のサイズはA4で余白を多く取る。
  • 冒頭部分はフォントを変えて目立つようにする。
  • 全体の文字は大きめに。11pt以上を心がける。
  • 学歴と職歴は新しいものから古いものへ順番に。
  • 最後に必ずスペルチェックをしましょう。

また、英語にはいろんなフォントがあります。採用者が一度にたくさんのCVを読むことを考えて、読みやすいフォントを選ぶのもポイント。

イギリス就職情報サイトMonsterが、CVにおすすめのフォントベスト10を紹介しています(https://www.monster.com/)。ここでは上から5つをご紹介します。

  • Calibri(カリブリ)
  • Times New Roman(タイムズニューローマン)
  • Arial(エーリアル)
  • Verdana(ベルダナ)
  • Cambria(カンブリア)

以下のようなイメージのフォントになります。

フォント

CV作成例

では、実際にCVを書いてみましょう。ここでは、先にご紹介したイギリス就職情報サイトMonster(https://www.monster.co.uk/)のCVテンプレートを使ってみます。

デザインはいろいろあるので、これに限らずぜひ自分のイメージに合ったデザインを選んでください。

では、CVの頭から順に書いてみましょう。ここでは、仮に高橋翔太(28歳)のCVとして書いていきます。

名前と連絡先を書こう

先に挙げた注意事項にもあったように、冒頭の名前と連絡先は文字を白抜きにしたり、大きくしたりして目立たせるのがコツ。

パーソナルステートメントを書こう

履歴書

これが頭を悩ませるところです。このテンプレートにもあるように、段落は一つで数行にまとめること。書きすぎるとカバーレターと同じになってしまうので、簡潔にしなければなりません。

その際、「あなたは何者か」「何ができるのか」「目標は何か」を自問自答しながら書いていきます。

イギリスの就職サイトreed.co.ukにパーソナルステートメントの例文があるので参考にできますよ。

ここでは、転職を考えている高橋さんが日本で事務職をしていた、バイリンガルである、と想定して書いてみましょう。

A highly motivated and experienced administrator, currently looking for my professional career in the UK after five years of experience in Japan. Excellent admin skills, thorough knowledge of all Microsoft Office programs, as well as maintain perfect command of Japanese and English. After working in Japanese firm, currently seeking a new challenge which will utilise my meticulous attention to detail, and friendly, professional manner.

(意欲が高く経験豊富なアドミニストレーターとして、日本で5年間の職務を経験し、英国で私のプロのキャリアを探しています。 優れた管理能力を持ち、Microsoft Officeプログラムをすべて熟知しています。また、日本語と英語の完璧な言語能力を持っています。日本企業で働いた後、細部への細心の注意とフレンドリーでプロフェッショナルな態度で新しい挑戦を模索しています。)

職歴を書こう

職歴

職歴は新しいものから古いものへと順番に書いていきます。ここで難しいのは、仕事の内容をタイトルとして書くことです。日本では「会社員」として自分を名乗ることが多いので、このような書き方にはなじみがありません。

特に専門業種(秘書、会計やエンジニアなど)ではなく、一般事務だと思われる場合は、Administratorと表記すればよいでしょう。

Top Resume(トップレジュメ)に業種ごとの例文が出ているので、大いに参考になりそうです。ここでは、その例文をいくつかお借りしてみます。

  • Answer and direct phone calls(電話の応対)
  • Produce and distribute correspondence memos, letters, faxes and forms(社内に必要な書類の作成や整理など)
  • Submit and reconcile expense reports(経費の管理)
  • Handle multiple projects(複数の業務遂行)
  • Maintain professional and technical knowledge by attending educational workshops; reviewing professional publications; establishing personal networks; participating in professional societies(外部研修出席、自己研鑽のための勉強、同業他社社員との交流会出席など)

学歴を書こう

学歴

学歴も職歴と同じで、新しいものから順番に書いていきます。でも、英語で学歴はどう表記したらいいのでしょうか。

専門学校や短期大学の場合は、Associate degree in Engineering(工学準学士)というようにAssociateを用います。

また、大学卒業の場合はBachelor of Arts in Laws(法学学士)というようにBachelorという表現です。

イギリスではよく、文系はBachelor of Artsを縮めてBA(ビーエー)と表記します。一方、理系はBachelor of Scienceで、略してBSc(ビーエスシー)になります。

高橋さんは神奈川県にあるGuanxi大学で社会科学を専攻したということにしましょう。するとこうなります。

BA in Social Science – April 2008 – March 2012.

University of Guanxi

Kanagawa, Japan

社会科学学士 2008年9月から2012年3月まで在学。

グアンシー大学

日本 神奈川県

職歴のときもそうでしたが、英語は学士名から先に書き、最後に住所を書きます。小さい項目から大きい項目へ、という順番になります。

また、大学の前は高校を卒業ということで、その下に高校の卒業年も入れてみました。

推薦人について書こう

CVの最後は推薦人の詳細です。推薦人は2名立てるのが通常です。推薦人の名前、役職、連絡先のメールアドレス、電話番号、住所を書き入れます。

現在まだ仕事をしていて、職場の人に就職活動をしていることを知られたくない場合もあるでしょう。そのときは、こんなフレーズを使います。

References are available on request(必要な場合にお知らせいたします)

イギリスでは転職の際、現職の上司を推薦人に立てるのが一般的です。でも、上司には転職活動をしていることは言いにくいですよね。実は、書類審査の場合は推薦人の詳細が必要ありません。

書類審査が通って、面接に進んだ場合に推薦人に連絡が取られます。また、採用が決まってはじめて推薦人に連絡を取ることもあるので、詳細が書けない場合はこのフレーズを書いておけば大丈夫です。

CVお役立ちサイト

CVを作成するときに役に立つサイトはこちら!ぜひご活用ください。

※就職情報サイトにはCVをアップロードできるサービスがありますが、イギリスで働けるビザを持っていない場合はできないこともあります。

この記事ではこのサイトにあるテンプレートを使いました。マイクロソフトワードでテンプレートがダウンロードできます。そのまま上書きするだけなので、とても使いやすいです。

また、ここにCVをアップロードして、モンスター経由で応募することもできます。

こちらはウェブでCVが作成できます。例文を選ぶこともできるので、英語に自信のない方はこちらを使っても良いかも。

さまざまな状況にあったCVのテンプレートが用意されています。新卒、休職中、転職などに分かれています。いずれもワードファイルでダウンロードができます。

ワードファイルでテンプレートがダウンロードできます。パーソナルステートメントや職歴といった項目ごとの書き方注意もあります。パーソナルステートメントのサンプル文も役に立ちますよ。

ウェブサイトで作るCV。テンプレートはありませんが、指示に従って項目を埋めていくと、最後にCVが出来上がる便利なサイトです。

CVビルダーサイトです。まず最初はCVのデザインから選ぶようになっていて、楽しくCVが作れそうです。

まとめ

英語でCVを書くのはとても骨が折れます。用紙に必要事項を記入するだけではなく、英語で自分を最大限に表現をしなければならないのですから。

はじめは大変ですが、一度書けてしまえば後はラク。職歴の変更があったらそれを書き加えていけばいいだけです。そして、書けたらできる限りネイティブにチェックをしてもらい、完璧に仕上げましょう。

上手にCV(履歴書)を書くには

初めてCV(履歴書)を書く際には「これでいいのかな?」と不安や疑問に思うことが多いです。そんな時におすすめなのが、日本の転職サイトを利用するという方法です。大手の転職サイトでは、面接に通りやすいCVの作成を手伝って(作って)くれます。

就職状況についての話も聞けるので、スムーズに転職を進めることができます。いずれも登録は3分程度、サイトの利用料は無料です。転職サイトを上手に活用しましょう。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

転職成功者のほとんどが上記サイトを利用しています。

登録したからといって必ずしも転職する必要はありません。いい条件のスカウトが来た時だけ検討するなどして自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしましょう。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
さみいら

さみいらライター

投稿者プロフィール

在英10年。一児の母一夫の妻。日本語教師暦17年。今まで旅した国は11カ国、22都市を訪れました。
私の経験したことが、これからイギリスや海外へいらっしゃる方のお役に立ったらうれしいです。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. シティ
  2. リクルートエージェント
  3. 楽天カード
  4. グッドポイント診断
  5. 旅行バッグ
ページ上部へ戻る