ドイツでフリーランスビザを取得するまでの流れ

ドイツのビザ

海外で長期生活をする場合はその国に滞在する許可証、いわゆるビザが必要になってきます。

これから海外での暮らしを始めたいと思われる方にとって気になる存在のビザですが、ビザと一口にいっても様々なタイプのものがあり、自分に相応しいビザを申請する必要があります。

また申請するビザの種類によって必要となる書類も違ってくるので、日本にいる間にあらかじめ準備をしてくことをおすすめします。なかには日本でしか発行できない書類もあるからです。

先述したようにドイツのビザにはいろいろな種類がありますが、ここでは多くの方が取得するビザの一つ、フリーランスビザを取得するまでの流れを中心にご紹介します。

取得するビザの種類を決める

ビザを決める

海外に滞在し、そこで長期生活をするためには必ずビザが必要になります。ビザといっても様々なビザが存在します。

学生用のビザ(学生になるための学生準備ビザというものもあります)や、期間限定で働くことのできるワーキングホリデーのビザ。

現地で芸術的な活動(デザイン、写真、音楽、演劇など)ができるフリーランスビザ。企業に勤めて働くことができる就労用ビザ。

また夫婦の場合、どちらか1人が現地でのビザを取得できた場合、その相手が取得することができる配偶者ビザというものもあります。

海外で暮らすからには何かしらの目的があると思います。学校に通って勉強したい、語学を覚えたい、アーティストとして活動したい、お店を持ちたい、働きたい。

それぞれの目的にあわせて、自分にはどのビザが必要なのかをしっかりと決めておくことが重要です。

ビザ取得のための情報収集

情報収集

自分自身がどのビザを取得するのか決まったら、そのビザを取得するための情報を集めましょう。とはいっても、どうやってその必要な書類を調べればいいのか分からない人も多いと思います。

そこで力になってくれるのが、ビザを取得するために様々なサポートをしてくれるエージェントです。様々なエージェントがドイツには存在し、日本語の出来るドイツ人のエージェントも存在しています。

もちろん費用はかかりますが、ビザに関する内容は時々変更されることも多いので、常に新しい情報を取得することが望ましいと思います。インターネットにおいて事前にビザを取得された方のサイトをチェックしておけば大丈夫、という訳でもありません。

なのでビザを申請するのであれば専門の方に相談することをおすすめします。もしくはベルリンに知人や友人など知り合いがいる方は、相談に乗ってもらうのもよいかもしれません。

ビザ申請用の書類作成

書類作成

日本でしか準備できない書類

ビザを取得するための必要書類が分かったら、その書類を準備しましょう。そこで気をつけなくてはいけないのは日本でしか取得できないタイプの書類です。

例えば大学の卒業証明書や成績証明書は、卒業した学校に行って申請をする必要があります。もちろん日本語ではなく英訳されたタイプが必要です。(ドイツ語表記にしてくれるところがあればなお良いですが)

学生ビザだけでなく、フリーランスビザにも必要になってくるので、かならず日本で取得しておいた方が良いでしょう。

残高証明書

また日本にどれくらい貯金があるのかを示す残高証明書も必要です。これは利用されている銀行で発行してもらえますが、できれば日本円がユーロに換算されたタイプがあれば望ましいです。

しかし銀行によってはドルのみの表記もあるので、その場合は日本円かドルで表記されたものを準備しておきましょう。

戸籍謄本

また夫婦で渡航して配偶者ビザを取得する場合は、日本において結婚していることを示す戸籍謄本が必要になります。

しかしその戸籍謄本をそのまま提出するのではなく、公認された翻訳者さんにお願いしてドイツ語に翻訳する必要があります。なので出発する前に役所に行って発行しておきましょう。

現地で準備する書類

ビザに必要な書類には、現地でしか準備できないものもあります。

住民登録証明書

1つは住民登録証明書。これは住む家が見つかった後でないと発行してもらえません。さらにきちんと家を借りていますという不動産との契約書も必要です。

健康保険加入証

また健康保険に加入している証明書も必要です。ビザを取得するためには必ず健康保険に加入している必要があります。要は滞在先であるベルリンで体調を壊しても現地の病院できちんと治療を受けることができるかを確認するためでもあります。

ポートレートのまとめ

現地で働かれる方に限りますが、例えばアーティストとして活動するためのフリーランスビザを取得する場合は、自分自身がどのような作品を作っているのか簡単でも構わないので、ポートレートにまとめておく必要があります。

推薦状

また現地で仕事をもらえることを証明する推薦状も必要です。現地で生活するためにある程度仕事があるのかどうかを判断するための材料です。

しかしこれはあくまで推薦状なので、実際に受注が決まっていなくても「○○さんからこんな仕事の依頼をいただく予定です」という内容を書面に記し、依頼する方のサインがあればそれで大丈夫です。

計画書

フリーランスビザではなく就労ビザの場合だと、どれくらいの収入が見込めるかなどの計画書が必要であったりと様々で、また揃える書類が変更されることもあります。

外国人局に申請

外国人局

ベルリンでビザを発行してくれるのは外国人局とよばれている役所です。ビザに必要な書類を揃えたら、パスポートとビザ用の写真、ビザに必要なお金を準備して外国人局へ向かいましょう。

ベルリンの場合、この外国人局も含め市民局や市役所なども、いつも何かしらの申請をする人がいっぱいで混雑しており、受付開始時間に行ったらすでに多くの人が並んでいて申請できないケースがあります。

なので予約無しで申請する場合は受付時間よりも早い時間に行って並んでおく必要があります。その際、外国人局はいろんな国で分けて受付をしているので、日本人の受付がどこのエリアなのか事前に調べておいた方がよいと思います。

予約すればスムーズ

行列に並ばずに申請をしたいのであれば、日本からwebで予約をしておく方法があります。

ただし他の手続きの予約もそうですが、だいたいにおいて2,3ヵ月前からすでに予約で一杯なので、常にwebをチェックしておいてキャンセルが出たらそこを予約するという根気が必要になってきます。

しかし、これだと例えば冬の寒い朝や雨の中で1,2時間も並ばすに、決まった時間にいってスムーズに申請をすることが出来ます。

言葉に不安ならエージェントを活用

エージェントの活用

外国人局でのビザの申請ですが、もちろん申請する担当の方はドイツ語を話します。これは申請する人が「ある程度ドイツ語をできるのかどうか」をチェックしている意味を兼ねているのではないかと思います。

ドイツ語がある程度(流暢に話すことができれば言うことはないですが)話せる方であれば、申請する当人だけで申し込むこともできますが、語学に不安を抱えている方はエージェントを同行して代わりに説明をしてもらうことができます。

ビザの申請についてエージェントにお願いをする場合は、必要書類のアドバイスや外国人局への同行などを全て含めたうえで相談するようにしましょう。

例えばビザを申請する場合は1年、2年、3年と選べるのですが、当然長い年数のビザを取得するためにはある程度の貯金額が必要ですし、ベルリンでの仕事がある程度決まっているなどの条件が必要になってきます。

現状でどれくらいの年数が取得できるのかも、エージェントと相談して決めることができます。日本語対応してくれるエージェントを捜すには、ベルリンで暮らす日本人向けの情報サイト「MIXB」にも紹介されているのでチェックしておくと便利です。

ビザ取得後の注意点

注意点

無事にビザが取得できたら、晴れて長期で海外生活をすることができます。ほっと一安心です。しかし取得したビザがどのようなビザなのかをきちんと把握しておくことが必要です。

例えばフリーランスビザの場合、申請する書類に「ドイツでどのような活動を行いますか?」と問われる内容が記載されています。

そこに「デザインをします」と書いて提出すると、デザインに関してはドイツの中で働くことができても、それ以外の分野で(アルバイトも含め)働くことができません。

またそれを知った上でも知らない上でも、ビザ以外に許可されていない仕事をして見つかるとペナルティーが発生するうえ、次回のビザの更新の時にも悪い印象を相手も持たせることになりますので注意が必要です。

例えばデザインだけでなく、今後写真関連の仕事やアルバイトもしたいと考えられているのであれば、ビザを申請する前にきちんと記入しておくことが必要です。

ビザはとても重要なID

Id

ビザはパスポートと同じくらい海外ではとても大切な証明書です。旅行など空港で提示するだけでなく、書類申請をする上でも提示を求められたりします。

そのためビザが取得できたら、カラーコピーをとっておいて常に携帯しておきましょう。

もちろん原本(パスポートに添付されるのでパスポート本体を携帯することになります)を常に持っておくのであればそれに超したことはありませんし、またコピーも通用する場合としない場合があるのでオリジナルを携帯するに超したことはありません。

が、常に貴重品を携帯するのも大変ですし危険もつきまといます。そのため少なくともコピーだけは携帯しておいて、必要な時にすぐに提示できるようにしておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

ビザの取得するまでの流れについてご紹介しました。

ビザを取ることは正直に言って楽な作業ではありません。大変ですし不安がつきまといますが、でもこんな経験も海外で生活をしてみようと考えてみたからで、なかなか経験できない貴重な体験だと思います。

なので、出来ることなら楽しんでやってもらえたらと思います。ビザを取得すれば晴れて海外での長期的な暮らしが待っていますよ。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

海外勤務に挑戦!海外で働くメリットとは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る