海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ドイツへ移住するための5つの方法とは?ドイツ移住歴18年の日本人が解説

  • 公開日:
ドイツ

「ドイツに旅行や短期滞在ではなく移住したい!」そのように思っている方がいるかもしれません。

ドイツは比較的移民に寛容な国です。私のように何の後ろ盾もなくドイツに来た場合でも、永久ビザを手に入れて、自分が希望する限りドイツに住み続けることが可能です。もちろんそのためにクリアしなくてはならない条件はあります。

今回はドイツに移住・長期滞在できる方法やそのための条件についてご説明します。

ドイツへ移住するには?移住するための方法5つ

ドイツ

基本的に日本人として日本の国籍を持っている以上、何か特別な申請をしなくても日本から追い出されることはありません。しかし外国に住みたい場合、何のために住みたいか、目的をはっきり示さない限りその国の滞在は許されません。

自分の国に住むのは「権利」ですが、他国に住むためには滞在国の「許可」が必要になります。これが母国と外国の大きな違いです。ドイツの場合も同じです。

ドイツで1年以上の長期滞在をしたい場合、大きく分けると5つの方法があります。

  1. 大学入試を受け大学生になる。
  2. 職業訓練学校などに通いプロの資格を得る。
  3. フルタイムの仕事を見つける。
  4. フリーランスになる。
  5. ドイツ人またはドイツの永住権を持っている人と結婚する。

どの道を選ぶにしてもそれなりの努力が必要ですが、あらかじめ知っておくとどれが自分に合うかがわかると思います。これからひとつずつ説明していきます。

ドイツで大学生になり移住の準備

ドイツ

ドイツに興味を持ち長期滞在したい場合、多くの人は「大学入試を受け大学生になる」という方法を取ります。

日本でドイツ語を専攻していた、音楽を学んでいた、ドイツに旅行に来て気に入ったなど、とにかくドイツに興味がある、何かを吸収したいという人に向いています。

私もこの選択をしました。ドイツの語学学校で1年間ドイツ語を学んだあとドイツの大学に入学したのです。

外国人がドイツの大学に入るためには、ドイツ語の試験が必要です。 さまざまな大学のたくさんの学科から興味を持った学科に申し込み、受験許可を待ちます。

ドイツ語の知識がない人が大学の試験に合格するには、事前にかなりドイツ語の勉強が必要です。

現在ドイツ語のレベルは初級からA,B,Cに分かれており、大学入学にはC1の上級レベルの語学力が求められます。私がハイデルベルク大学受験をした2003年にはまだA,B,Cの区分ではなく、DSHという名前の試験でしたがレベルは同等です。

これに受かれば最低限大学の授業についていかれるかをチェックする試験です。試験内容は読み書き・聞くの2分野に分かれていました。

語学学校生ビザでは基本的に労働は禁止です。

私の場合は最初の数か月はたまたま労働許可付きのビザだったのでアルバイトをしながら語学学校に通っていましたが、後半は労働不可のビザになったこともあり、毎日語学学校に通いドイツ語の勉強に集中しました。

特に私はドイツで初めてドイツ語を始めたので、大学合格レベルに持っていくのは大変でした。

大学入学後

図書館

大学入学後も大学の勉強についていくためには、C1レベルのドイツ語力では全然足りません。授業での発表、筆記試験、レポート。教授や学生間のコミュニケーションも当然ながらすべてドイツ語です。

大学ですからドイツ語ができるのはある意味当然で、メインは専攻学科の知識を吸収することです。

ただドイツ語力は大学の勉強をこなしているうちに自然に伸びていきますので、そこまで心配はいりません。大学生になっても学業の進みが遅いとビザの延長ができませんので、自然に頑張って勉強することになります。

私が2003年に大学に通っていた頃は、今と大学制度が違いました。当時のドイツの大学は日本と違い「学士課程」が存在しておらず「修士課程」のみだったのです。

日本でいう大学院2年生までを終了して初めて大学卒業になります。そのため全ての単位を取り終わるまで通常6年間かかります。

単位を取り終えたら卒業試験があります。卒論と卒業試験に各半年で合計1年です。 私の場合は、主専攻の卒論約100ページ、5時間の筆記試験、1時間の口頭試験、2つの副専攻で3時間の筆記試験、1時間の口頭試験、30分の口頭試験を行いました。

同じ試験に2度落ちると卒業できないのでかなりのプレッシャーです。卒業までかなり根を詰めて勉強しなくてはいけません。その分卒業したときの喜びと達成感は格別なものがありました。

※その後の大学制度改革で、現在はドイツでも日本と同様「学士4年・修士2年」制度が取り入れられ、それに沿って学習カリキュラムも変更されています。

大学の授業料は無料

ドイツの大学の授業料は基本的に現在も無料です。州によって違いますが、半年に一回交通費と事務手数料という形で100ユーロ程度を支払うのみです。

生活費も食費は安いですし、住居もほとんどの学生が寮やシェアハウスに住むのでそれほどかかりません。私もシェアハウスに住んでいました。毎月の学費や生活費を含めて700ユーロくらいだったと思います。

大学で勉強すれば専門知識が得られますし、ドイツでの生活も楽しめます。充実感もあり、滞在中に自分が将来的にこのままドイツに住みたいかも確認できていい選択肢だと思います。

ただしドイツに滞在できるのは学生の期間だけなので、大学卒業後もドイツに残りたい場合は、また違う方法が必要となります。

ドイツの職業訓練校に通い、卒業後に就職・移住を狙う

ドイツのお店

ドイツ滞在のもう1つの方法は「職業訓練校/Ausbildung」に通うことです。職業訓練校とは、あくまで知識を得ることを主眼とする大学とは対照的に、現場で実地の経験もできる「実践のための知識」を得る学校です。

職業学校と企業が協力のもとにできているシステムで、学生は週の半分は学校で理論を学び、残りの半分は現場で実習します。学費はかからず、実習期間中は少しですが、一般に給与が支払われます。

住む場所も寮などを提供してくれる場合が多いので生活費もかけず学ぶことができます。

ドイツのケーキが大好き、手作り貴金属を作りたい、作曲を学びたい、ワインの勉強をしたい、フラワーコーディネートが大好き、トリマーになりたいなど、具体的な目標を持った人に向いています

大学と違って知識だけではなく実地が伴うので、卒業後に就職先を見つけやすいのも利点です。

私の友人でもドイツのケーキ職人になった、貴金属の職業訓練校を卒業した、ワインの学校に通ってその分野で働いているなど、学んだ知識を生かしている人がたくさんいます。

彼らが作ったケーキをおすそ分けして頂いたり、手作りの貴金属作品をみせてもらったり、みんな生き生きと楽しそうに学んでいました。もともと自分の好きな分野、得意な分野を知識と実地の面の両方から学べるのでこれ以上のことはありません。

受け入れ先を探す

ケーキ

職業訓練制度を利用するためには、まず自分が希望する職種で職業訓練生を募集しているところを探し、そこに履歴書などを送って応募します。応募書類をみて気に入ったら面接に呼ばれ、面接に合格するとそこで職業訓練生として働くことができます。

職場を見つければ提携先の職業訓練学校に通う事ができます。2~3年の職業訓練制度期間中に学校で実技や知識の試験があり、それに合格すると卒業証書がもらえます。

そこで専門知識だけではなく、数学や国語(ドイツ語)などの一般教養の勉強もします。

職場の面接に受かるには、すでに日本でその職業の経験があること、そして面接できるだけのドイツ語力があると有利です。ただ必ずしも経験者である必要はありませんし、ドイツ語も完ぺきでなくても大丈夫です。

熱意があれば経験がなくても雇ってもらえることもありますし、ドイツ語が不充分でも経験があれば雇ってくれることもあります。受け入れ先も安い労働力を得られるのでフルタイムの仕事より敷居が低いです。

ドイツには数百種類もの職業訓練があります。パン屋さんやケーキ屋さん、手作り貴金属、花屋さん、トリマー、そしてドイツならではのビール・ワイン醸造などさまざまです。

意志の疎通ができる程度のドイツ語を勉強しつつ、希望の職種の募集にどんどん応募してみることをおすすめします

移住に一番確実な方法、ドイツでフルタイムの仕事を見つける

本屋さん

学校に通うのではなく「フルタイムの仕事を見つける」という方法もあります。これは自力で永久ビザを獲得するのに1番確実で最短の方法だと思います。

はじめの数年は、契約した会社で働いている限りという場所の制限、そして最初の5年間は時間的期限があるビザしかもらえません。しかし5年以上働いて所得税や年金等の社会保障費を納め、さらにドイツ語B1の試験に受かれば永久ビザがもらえます。

私もこの方法を選択をしました。ドイツの大学を卒業した後、2010年に日本で働いた経験とドイツで習得した語学スキルの両方を生かせるハンブルクの企業に就職して、数年後に永久ビザを取得したのです。

ドイツ語の知識に加えて、なんらかの専門知識がある人にはベストの方法です。しかし、ドイツ語のスキルもなく、職歴もない状態では雇ってくれるところがなかなか見つからないのが現状です。

語学のスキルがない場合、就職先として考えられるのは、日本人である利点を生かせる日本食レストランなどの飲食業です。

しかし日本で料理人としての経験があり、最初から「ドイツで日本の料理を広める」というこころざしを持って来た人は別ですが、「働きながらドイツ語を学びたい」という方には飲食業はおすすめできません

体力も使いますし、仕事時間も他の業種に比べて長いので、語学を勉強する気力が持続しないからです。

ドイツに移住を考えているのであれば、フルタイムの仕事を始める前に少しでもドイツ語(または英語)を身に着けておくことをおすすめします。

ドイツでフリーランスとして移住する

ドイツのお店

企業に属さずに、フリーランスとしてドイツに滞在する方法もあります。ただしこの方法はリスクが高いです。どのようなタイプのフリーランスになりたいかにもよりますが、許可が下りにくいからです。

フリーランスの種類は多岐にわたり、それぞれの背景・経験や経済力なども考慮されるので、これを参考にすればフリーランス・ビザが取得できるという見本がありません。

私の周りでもテディベア作家・ハンドメイドアクセサリー・デザイナー・カメラマン・芸術家・翻訳家・美容師などのフリーランスに挑戦した人がいますが、ある人は却下、ある人は弁護士の力を借りて何年もかけてやっと取れたなど、やはり苦労が多いようです。

そのため、初めは同じ業界の企業で5年間働くかあるいはドイツ人との結婚などで、すでに永久ビザを取得している人がフリーランスをしているケースをよく見かけます。

ドイツ人と結婚し移住する

ドイツのお店

「ドイツ人と結婚する」とドイツに長期間住むことが可能です。もちろんビザのためにドイツ人と結婚しろと言いたいわけではなく、あくまで結婚相手がドイツ人だった場合は配偶者にドイツに住む権利が発生する、という話です。

ただし「結婚すればそれ以上移住の苦労はいらない」のかというと、そうではありません。というのもドイツ人は離婚率がかなり高いからです。統計的にはドイツでは約4割が離婚します

実際、私の周りでも、両親が離婚している、本人が離婚経験者(そして現在は2度目、3度目の結婚中)である、配偶者が離婚経験者など、なんらかの形で離婚と関りを持っている人が8割くらいいます。

離婚原因は他に好きな人ができた、性格の不一致などさまざまですが、基本的にドイツ人は夫婦とも経済的に自立していますし、離婚後も子どもの親として定期的に子どもに会う権利が保障されているため、夫婦間の愛情がなくなれば簡単に離婚を選択します。

自分がドイツに滞在する権利が人の依存の上に成り立っている状態は精神的にもかなり不安です。ビザの問題だけでなく、経済的な問題も出てきます。

彼らをみているといざとなった時に困らないように、日頃から語学の習得、何かの資格をとったり、社会経験を積んでおくことが必要だと痛切に思います。

永久ビザとドイツパスポートの違い

パスポート

ドイツに永住するには永久ビザを取得する他に、ドイツの国籍(パスポート)を取るという方法もあります。永久ビザの方は滞在する許可を得た、ということですが、ドイツのパスポートに変更すればドイツに住む権利が与えられます。

私が2013年ごろハンブルクで永久ビザを取った時に、ドイツ政府から「ドイツの国籍を取りませんか」という手紙が届きました。

自分からドイツの国籍を取りたいと申請したわけではないので、どうも永久ビザを取得した人は、自動的にドイツの国籍を取得する権利も生じるようです。

東欧やロシア、他のヨーロッパ、南米、インドなど喜んでドイツの国籍を選ぶ人はたくさんいると思います。でも私にとってドイツの国籍を取得するということは日本の国籍を捨てるということです。

ドイツに20年近く住んでいても、やはり自分の母国は日本ですし、日本への帰国が制限されてしまうことは考えられません。

自分の中では日本のパスポートからドイツのパスポートに変更するという選択肢はなかったので、ドイツのパスポートは取得しませんでした。

この件で、普段の生活ではどちらでもあまり変わらないし意識もしていませんが、やはり永久ビザとパスポート変更の間には精神的に大きな違いがあるのがわかりました。

外国人の滞在に関する法律

ドイツでは州によって法律が違うことがあります。例えば学校制度は州によって違いがあったり、試験の難易度が違うため、別の州の大学に通う場合に問題や不公平が生じることもあります。

それに比べて、外国人の滞在に関する法律は基本的にはドイツ全体で統一されています。とはいってもすべてが平等ではないのがドイツの難しいところです。

ドイツでは担当者の裁量が大きいので、同じ地域でさえ担当者が違うだけでもらえるビザの長さが違うことがあるのです。まして州を越えてすべての人が平等にビザをもらえるはずがありません。

スタートアップが多いベルリン、ドイツで一番日本人がいるデュッセルドルフなどは比較的ビザの取得がしやすいといわれています。

逆に私がいたハイデルベルクやハンブルクはビザに厳しい傾向にあるようです。更に難民問題が出てきてから難しくなっています。

実際私もハンブルクで2017年まで7年ほど新規ビザ取得に関する仕事をしていましたが、難民問題以降ここ数年のハンブルクの労働ビザの取得は回を追うごとに厳しくなっていました。このように地域や世界情勢によって状況は変化します

まとめ

ドイツ

ドイツへ移住する方法についてまとめました。「ドイツは移民に寛容な国」とはいっても、やはり母国とは違います。

外国の移住を実現するには、目的意識を持つこととそれに向かって努力をすることが必要です。

実際私の周りには、最初から移住をするためにやってきた、という人は少なく「好きなことをしていたらいつの間にか長年住んでいた」という人がほとんどです。

私も同じで、最初はお試しで1年ドイツに来たことがきっかけで、あとは目の前のことに集中していたら自然に今のようになっていました。

みなさんもドイツに興味が湧いたら、最初から移住という大きなことを考えず、まずは観光ビザでも語学学校でも最初の1歩を踏み出してみてください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Fujiko

Fujiko

投稿者プロフィール

プロフィール 札幌出身。2000年よりドイツ在住。語学知識ゼロからドイツ語を始める。2009年南ドイツの大学にて修士課程卒業。2010年北ドイツのIT企業に就職、のちに代表を務める。本業のIT業務のかたわら社内ベンチャーにて、2015年当時都市で唯一の専門飲食店を立ち上げ繁盛店にする。現在はフリー。趣味はテニスと読書。ブログ等でさまざまな方向からドイツ情報を発信しています。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 楽天カード
  2. 旅行バッグ
  3. 海外就職求人サイト
  4. シティ
  5. リクルートエージェント
ページ上部へ戻る