海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ドイツの求人サイトまとめ【求職活動に役立つ就活方法】

  • 公開日:
ドイツ

「ドイツで就職したい」と思っても、一体何から始めればいいのか、どうやって就職先を探したらいいのか迷われることもあると思います。

私自身はドイツで2010年と2018年の2回就職活動を行い、どちらも内定を受けることができました。

これからドイツで就職活動を考えている方の参考になるように、自分自身の経験も踏まえて、ドイツで就職活動をしている日本人がよく使う求人サイト、そしてドイツ人がよく使う求人サイトをご紹介します。

ビザを把握する

パスポート

ドイツで就職を考える際にまず初めに考えないといけないのは、自分が持っているビザと、自分に可能な仕事形態を明確にすることです。

ビザの種類

ビザには、語学学校生ビザ、大学生ビザ、配偶者ビザ、1年限定で働けるワーキングホリデービザ、就労ビザ、永久ビザなどがあります。

例えばすでにどのような仕事もできる永久ビザを持っている方は、自分と相手企業の希望に合わせて給与も仕事形態(フルタイム・ハーフタイム・パート・成果報酬等など)も自由に決めることができます。

ビザの確認

就労ビザがない人、または就労ビザがあってもまだ勤続年数が浅く「現在勤めている企業のみ就労を許可する」という制限付きのビザの人は、就職先に就労ビザを取得してもらわなくては働けません

パートでは就労ビザは取得できません。ハーフタイムでも個人の家族構成、家賃の金額等などによって個人個人で条件が違うため、担当者と労働局間で条件の合意が必要です。

これは個別に行わなくてはならず、かなり時間もかかりそのうえ難しいケースも多いので、多くの企業はフルタイム以外の就労形態を受け付けません。

就労ビザを取得するならフルタイム勤務

フルタイム募集の場合でも、ビザのサポートの用意がない企業もあります。ご自分が永久ビザを持っていない場合は、就労ビザの条件を事前に確認してから応募する企業を検討しましょう。

ドイツの就職活動で使った求人サイト-2010年

書類

私は2010年と2018年の2回ドイツで就職活動をしましたが、この8年でインターネットを使った求人サイトが非常に充実したと感じます。

2010年の求人サイト

2010年当時、ドイツで就職活動しようと思った時、実際にいろいろ試したわけですが、先方からリアクションがあり、就職活動に有効だと思ったサイトは2つだけでした。

ひとつはドイツにある日本商工会議所で、企業からいくつかオファーがありました。もう1つはドイツで唯一日本語で書かれたドイツ情報誌の『ドイツニュースダイジェスト』の求人欄で、実際私が内定を頂いたのもこのサイトがきっかけでした。

その他、数が少ないながらも在独日本人向けの就職斡旋企業などもありましたが、実際履歴書を送ってみたら、実は私が希望する文系の募集はほとんど行っていないなど、私にとってあまり有益ではありませんでした。

その間、何人かのドイツ人から、ドイツ人が就職活動に使っているサイトもいくつか紹介されましたが、その当時は使ってみませんでした。

増加した日本語ドイツ向け求人サイト-2018年

書類

2018年に就職活動を行った際には、2010年と比べて求人サイトの選択肢が増えていました。

2018年以降の求人サイト

20010年に利用した、日本商工会議所と『ドイツニュースダイジェスト』の他にも新しく、ドイツのインターネット・コミュニティサイトのミックスビー(MixB)他、在欧日系企業向けのリクルート会社「キャリアマネジメント」などのシェアが大きくなってきており、それらのサービスも利用しました。

特に「キャリアマネジメント」は通りいっぺんの求職/求人仲介ではなく、サポートがしっかりしています

例えば私の場合は、メールのやりとりだけでなく、担当者が私の住んでいる地域まで出張に来た際に直接1度お会いしたり、履歴書のアドバイス、面接直前には電話アドバイスもありました。

さらに担当の方から、内定までではなく、就職が決まった後も定期的に様子を聞くなどのアフターケアもしていると聞きました。

ドイツ流の「自分のことは自分でやる」にすっかり慣れていた私にとっては、信じられないサポートです。ドイツでこのようなサポートをしていただいたのは就職活動をして以来初めてでした。その甲斐もあって内定を頂くことがきました。

これらのサイトはインターネットで名前を検索すればすぐに見つかります。求職している人は、常に求人内容をチェックし、自分のスキルにあった職にどんどん応募するのがいいと思います。

応募方法は、私は100パーセントメールでやりとりを行いました。求人内容は、エンジニア・通訳・事務職・営業職・ホテルや飲食業と多岐にわたっています。

ドイツ人が使う求職情報サイト

ビル

日本語で書かれたサイトに限らなければ、その他の就職情報サイトもたくさんあります。

試しにグーグルでjobbörse(直訳すると「仕事市場」のような意味です)と検索するといくつもの求人情報サイトが出てきます。検索で出てきた求人サイトを順番に見てもいいのですが、こちらでいくつかご紹介します。

Zeit

こちらはドイツ大手の週末発行の新聞『Zeit』が運営しているオンライン求人サイトです。ドイツ全土の求職情報が載っています。

求職者は自分で興味のあるワードやジャンルを登録しておくと、新しい求人が出たときにメールで連絡がくるようになっています。

ドイツの労働局

こちらはドイツの労働局が出している求人情報サイトです。ここに載っているのは、ドイツで推奨されている給与基準をクリアしている求人ばかりなので、求職者にとっては安心です。

失業して失業保険受給者はここに自分の求職情報を載せることもできるので、条件があえば企業の方からオファーが来ることもあります。

ドイツで奨励されている給与基準とは

ロビー

上で述べた「ドイツで推奨されている給与基準」が具体的にどれくらいなのか気になる方もいると思います。

実のところ業種・勤続年数・各州ごとなどあまりにも多岐に分かれており、しかもこれらの基準を取り入れている企業ばかりではないので、大抵は自分が該当する分野を参考程度に確認するくらいです。

しかし外国人にとってビザを取得する際は、これらの数字が労働許可取得の基準になります。まだ永久ビザを所持しておらず、労働許可が必要な人はこの数字が参考になります。

まず、業種ですが、 以下のリンクを見ていただければわかりますが、卸売・小売り・医者・個人店などの業種 約40種類に分かれています。

その中から例として1つ、卸売業用の給与基準をみてみます。40種の中のたった1つの業種で、各州ごと、勤続年数ごと、月給、時給など、33ページにわたる情報があります。同じ職種でも州によってもかなり違いがあるのがわかります。

専門性・地域制のある求人サイト

オフィス

その他、研究職など専門性のある職種に特化したサイト、または地域に密着した求人サイトもあります。

特別に日本と関係ある求人が載っているわけではないので、ビザの心配のないドイツ人のライバルと争わなくてはならないですが、求人数が多いのでドイツではどのような職種があるのか、見ているだけでも役に立ちます

以下のサイトは、すべて実際に利用しているドイツ人からお勧めされたサイトです。 私もすべてのサイトを試したわけではありませんが、自分にピッタリの職種を見つけたときは応募してもいいと思います。

jobsuma

このサイトは主に学生や卒業生・若手専門家に向けての研修やインターシップなどの情報が載っている、求人検索エンジンです。学術・研究系の経験を積みたい方用のサイトです。地域別に検索することもできます。

xing

このサイトはハンブルクで設立された求人サイトです。単に求人だけではなく、イベントやセミナー、メッセなどの情報収集もできます。このサイトは私の今までのスキルを知ったドイツ人にお勧めされました。

kimeta

”決めた”というアルファベットから推測できるように、翻訳・顧客サポート・日本語でのリサーチアシスタントなど、他のサイトと比較して日本に関係した求人が多いです。以前日本学を専攻していたドイツ人にお勧めされました。

meinestadt

このサイトは地域に特化したサイトです。自分が仕事を探している都市名を入れるとその都市の求人が出てきます。ご家族の関係などでどうしても決まった地域で仕事を探している時は、このサイトが役に立つと思います。

ヘッセン州の教職用求人サイト

こちらは教職用に特化したサイトになります。人に教える仕事を探している人は、このサイトを見ると興味のある求人を見つけることができます。このサイトはヘッセン州の教職用求人サイトです。

まとめ

ドイツ

いくつかのドイツでの就職用サイトをご紹介させていただきました。ひと口でドイツで就職と言っても、各個人の持っている背景やスキルはさまざまです。

どのような職種を希望しているのか、そのためのスキルはすでに持っているか、それともドイツで専門の学校に通いマイスターの資格をとるなど、研修から勉強したいのか、言語のスキルの有無、ある場合ドイツ語なのか、英語なのか。

求人の選択肢はたくさんあります。特別なスキルや言語知識がないと絶対に仕事が見つからない、というわけではありません。

実際に私を含め、周りでもさまざまな背景を持った人がドイツで仕事を見つけて生活しています。自分の現在のスキルと希望を冷静に判断・検討し、自分にあった方法を試してみてください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ドイツで仕事に挑戦、海外就職してみよう!ドイツ就職のあれこれ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Fujiko

Fujiko

投稿者プロフィール

プロフィール 札幌出身。2000年よりドイツ在住。語学知識ゼロからドイツ語を始める。2009年南ドイツの大学にて修士課程卒業。2010年北ドイツのIT企業に就職、のちに代表を務める。本業のIT業務のかたわら社内ベンチャーにて、2015年当時都市で唯一の専門飲食店を立ち上げ繁盛店にする。現在はフリー。趣味はテニスと読書。ブログ等でさまざまな方向からドイツ情報を発信しています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 海外就職求人サイト
  2. 旅行バッグ
  3. リクルートエージェント
  4. シティ
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る