注意!中国のコンセント事情あれこれ(電圧・安全性)

中国のコンセント

中国で生活するとなると、大型家電は現地で買うとしても、パソコンやデジカメや使い慣れた小型家電は日本から持ってく方が便利だし性能的にも安心という方が多いと思います。

大気汚染が心配だから、日本から高性能の空気清浄機を持ち込みたいという方もいるでしょう。でも中国は日本と電圧もコンセントの形状も違うし、その他にも注意すべき点がいくつかあります。

今回はそんな中国のコンセント事情(電圧・安全性)をご紹介します。

中国のコンセントの形状は二種類

二又タイプと三又タイプが混在

中国のコンセント

中国のコンセントは穴が二又のものと三又のものがあります。

多くのコンセントには二又と三又の両方がついていて、どちらのプラグでも挿し込めるようになっています。

変換プラグは持って行かなくても大丈夫

変換プラグ

< 海外旅行の必需品とも言える変換プラグですが、中国の二又コンセントには日本のプラグがそのまま挿せるので、あえて持っていく必要はありません。

もちろん直接挿して大丈夫なのは変圧器が必要ない電気製品に限ります

タップと延長コード

ひとつで二又と三又両方が使える

中国のコンセント

中国で売っているタップも延長コードも多くのものは二又と三又のコンセントがついているので便利です。

中には、スイッチのついている延長コードもあります。

大きなタップは便利ですが…

中国の大きコンセント

二又と三又のコンセントがついているタップは、どうしてもサイズが大きくなってしまいます。

巨大なパネルみたいになったタップはいっぱい挿せて便利ですが、一つのコンセント穴で支えているだけなので安定感が無く、グラグラして外れやすいため注意した方がいいでしょう。

二又コンセントは抜けやすいものもあるので注意

抜けやす中国のコンセント

中国の二又コンセントは中の構造がしっかりしていないのか、挿したプラグが自然に浮き上がって抜けてしまうことがあります。

掃除をしたり物を動かしたりしたときは、プラグがちゃんと挿されているか確認した方がいいかもしれません。

中国の万能コンセントの注意

万能コンセント

必要面積を減らすためか、一つでどちらのプラグも挿せる万能コンセントがありますが、これは火花を散らして発火する危険があります。

もし手元の延長コードが上の写真のような三つ穴の形状で、二又も三又も挿せるようになっているなら、その部分は使わないようにしたほうがいいでしょう。

五つ穴か、分かれたタイプのコンセントがおすすめ

複数差し込みのコンセント

安全なのは、上の写真のようなスペース節約タイプでも穴が五つあるものか、最初から二又と三又が完全に分かれているものです。

今市場に出回っているのは、ほとんどこのタイプと思われますが、買う時にしっかりチェックした方がいいかもしれませんね。

中国の電圧は220V

変圧器が要らないもの

変圧器不要

パソコン、タブレット、スマホ、デジカメなどの機器の多くは変圧器が必要ありません。

ACアダプタに「100-240V」と表示してある物は、中国は220Vですのでそのまま使えます。

変圧器が必要なもの

変圧器

空気清浄機、キッチン家電、美容家電などは変圧器が必要なものが多いです。

お店の人と相談して安心安全なものを買いたいなら変圧器は日本で買う方がいいでしょうが、重くて荷物になりそうです。

中国でも売っているので、持って来るかどうかは考えどころかもしれません。

様々な変圧器

変圧器の種類

変圧器と言っても、電圧を上げるアップトランスと電圧を下げるダウントランスがあります。中国のコンセントから出る220Vの電気で日本の100V対応の電気製品を使うには、電圧を下げなければならないので、ダウントランスの変圧器が必要になります。

また、一台の変圧器で使える電気容量は決まっていて、消費電力が変圧器の容量を超える電気製品は使えないので注意してください。

ときどき見かける中国の「なんちゃって」コンセント

中国のコンセント

エコノミー・ホテルや学校の教室などでときどき、壁にいくつもコンセントがついていることがあります。

でもこれらのコンセントが全て使えるわけでは無く、中には壁にパネルが貼りついているだけで穴のあいていないコンセントや、穴はあいているけれど電源とつながっていないコンセントもあります。

そういう時はひとつひとつに挿してみれば必ず使えるコンセントがあるので、気長に試してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

外れやすいとか火花が散るとか、多少めんどうな感じのする中国の電気事情ですが、電気の基礎知識を持って正しく扱えば危険な事はありません。

ただし中国の電圧は日本に比べて不安定で変動の幅が大きいと言われているので、コンピュータ、スマホ、デジカメなどは大丈夫ですが、それよりも更に繊細な精密機器類に関しては注意された方がいいかもしれません。

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

中国でも買える食品と調味料、和食を作る時に使えるもの7選

消耗品は中国でも調達できる!中国で買える日用品(洗剤)のいろいろ

アプリで支払い!中国での支払いはWechatウォレット(微信支付)が超絶便利

 

中国お役立ち

外国人臨時宿泊登記と中国生活で知っておきたい各種手続きまとめ

中国で携帯SIMカードを購入してみよう(料金・キャリア)

いざ中国へ行く時のビザ申請方法と必要書類まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
巻丹

巻丹ライター

投稿者プロフィール

日本でのサラリーマン生活をうっちゃって北京へ
単身語学留学して4年目になります。年齢のせいか中国語はなかなか思うように上達しませんが、好奇心は人一倍。そろそろ北京で就職口を探そうかと模索中です。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 音楽モチーフグッズ
  2. 部屋
  3. ニュージーランド
  4. 日本語教師
  5. 在宅ワーク

おすすめ記事

  1. スイスのおすすめ家庭料理
  2. ニュージーランドの旅行会社で海外就職
  3. タイの水質
  4. シンガポールの生活費
  5. 海外就職!イギリスの金融業界で10年間働いて気づいたこと
ページ上部へ戻る