主要な観光スポットをおさえたリーズナブルに過ごすパリ観光1日コース

エッフェル塔(La tour Eiffel)

パリに観光される方は、効率良く1日で観光をするにはどのようにまわったら効率が良いでしょうか。

リーズナブルにパリでの1日を過ごすためには、移動は公共のバスやメトロを使い、ランチやディナーも星付きレストランなどには行かず街のカフェやビストロを利用しますが、街中のビストロもおしゃれで美味しいところはたくさんあります!

パリは歴史のある街で、至るところに教会などの歴史的建造物があり、有料エリアに入らなくとも、外観や教会内部を見学することができます。

パリの街並みを眺めているだけで充分に心満たされますが、せっかくですので1日でパリの主要な観光地を足早に、巡るモデルプランをご紹介致します。

パリ観光の1日の予定表

07:00

お泊まりのホテルにて朝食ビュッフェ

08:15

ホテルを出発し、最寄り駅からメトロに乗る

09:00

メトロ1番線Palais Royalで下車し、ルーブル美術館の外観を見学し、チュイルリー公園を散歩し、コンコルド広場を抜け、シャンゼリゼ大通りを散歩し、凱旋門を見学

11:30

メトロCharles de Gaule Etoileから2番線に乗り、Anvers駅で下車

11:45

モンマルトルの丘をお散歩(サクレクール寺院・テルトル広場を見学)

12:45

テルトル広場にて昼食(昼食時は混雑することもあるので、予約を入れておくことをお勧めします。)

14:30

Anversからメトロ2番線に乗り、Barbesで4番線に乗り換え、Cite駅で下車

15:00

ノートルダム大聖堂を見学

16:00

セーヌ川沿いを散歩しながら、サンジェルマン界隈に移動し、サンジェルマンデプレ界隈でお土産物などのショッピング

17:30

サンジェルマンデプレの有名なカフェドゥマゴでお茶タイム

18:30

メトロ10番線Mabillon駅からメトロに乗り、La Motte Piquet Grenelleで8番線に乗り換え、Ecole Militaireで下車。

19:00

1時間に10分間光るエッフェル塔を見て、記念撮影をする。

19:30

La Motte Piquet Grenelle駅の近くのビストロで夕ご飯

23:00

ムーランルージュを観劇

シャンゼリゼ大通り(L’Avenue des Champs-Élysées)

誰もが知っているシャンゼリゼ大通りは、パリで最も美しい通りではないでしょうか。

コンコルド広場から凱旋門までの一直線の通りで、沿道にはマロニエの木が植えられていて、途中には緑豊かな公園や色とりどりの花に囲まれた噴水があり、目にも美しい並木道になっています。

大通り沿いにはルイ・ヴイトンを始め、有名ブランドショップやラデュレなど高級菓子店も建ち並び、ショッピングや観光にも最適の通りです。

凱旋門(L’Arc de triomphe de l’Étoile)

凱旋門(L'Arc de triomphe de l'Étoile)

シャンゼリゼ大通りをお散歩するとまるでお散歩コースのゴールの様にそびえ立っているのが、この凱旋門です。

凱旋門はナポレオンが1806年のオーステルリッツの戦いに勝利を収めた際に、自分の権力を誇示するために作られました。しかしその後失脚したナポレオンは、皮肉にも没後19年後、棺に入った状態で初めて門をくぐることとなりました。

凱旋門はシャルル・ド・ゴール・エトワール広場の真ん中に位置しています。凱旋門に上って下を見下ろすと、凱旋門を中心に12本の道路が放射線状に伸びている様子が見え、パリの街並みが良くわかり絶景です。

詳細情報

  • 名称:凱旋門(L’Arc de triomphe de l’Étoile)
  • 住所:Place Charles de Gaulle, 75008 Paris
  • 営業時間:毎日10時~23時
  • 入場料:大人12€、子供9€
  • 最寄り駅:メトロ1番2番6番線、RERA線 Charles de Gaulle Etoile駅
  • オフィシャルHP:http://www.paris-arc-de-triomphe.fr/

モンマルトルの丘(Monmartre)

モンマルトルの丘(Monmartre)

パリの北部に位置するモンマルトルの丘には、サクレクール寺院がそびえ立ち存在感を放っています。

メトロ2番線のAnvers駅で降りて徒歩5分ほどで、白い寺院のそびえ立つモンマルトルの丘が見えてきます。

この丘を登るには徒歩かケーブルカーですが、登り切ったところで後ろを振り返ると……パリが一望でき、目の前には絶景が広がっています。

モンマルトルの丘を登りきったところにあるサクレクール寺院は1919年に完成した比較的新しい教会ですが、ロマネスク・ビザンチン様式の教会はフランスの古い教会とはまたひと味違ってとても魅力的です。

サクレクール寺院の脇を奥に進むとそこにはテルトル広場という画家さんが集まる広場があり、画家さんの絵を買ったり似顔絵を描いてもらったりすることができます。

レストランもたくさんあり、賑わっているので、昼食はこの広場でいかがでしょうか?

詳細情報

  • 名称:モンマルトルの丘(Monmartre)
  • 住所:35 Rue du Chevalier de la Barre, 75018 Paris
  • 営業時間:教会6:00~22:30、ドーム9:00~17:30
  • 入場料:教会無料、ドーム5€
  • 最寄り駅:メトロ2番線のAnvers駅から徒歩5分
  • オフィシャルHP:http://www.sacre-coeur-montmartre.com/

テルトル広場でのお勧めレストラン「La cremaillere1900」

エスカルゴやフォアグラのテリーヌなどのフランス料理がお手頃な値段で楽しめます。シャンソンの演奏があったりして、雰囲気もとても良いビストロです。

  • 名称:La cremaillere1900
  • 住所: 15 Place du Tertre, 75018 Paris, France
  • 電話番号:01 46 06 58 59
  • 営業時間:12:00~23:30
  • オフィシャルHP:http://www.cremaillere1900.com/

エスカルゴやフォアグラのテリーヌなどのフランス料理がお手頃な値段で楽しめます。シャンソンの演奏があったりして、雰囲気もとても良いビストロです。

ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)

セーヌ側に浮かぶシテ島にあるカトリックの総本山「ノートルダム大聖堂」は、12世紀頃に建てられたフランスで最古のゴシック様式のカテドラルです。

大聖堂の中では、見事な薔薇のステンドグラスや宗教彫刻、ディズニー映画にもなった「ノートルダムの鐘」などを見ることができます。

大聖堂の外の石畳に直径70cm程の丸い石盤に、「POINT ZERO」「DES ROUTES DE FRANCE」との文字が見られ、ここがパリの0km地点、つまりパリの中心というわけなのです!

毎朝ミサも行われていますので、見ることができたら、その荘厳さに感動すること間違いなしです。

セーヌ川沿いをお散歩

ノートルダム大聖堂を見学した後は、少しセーヌ川沿いをお散歩してみるのはいかがでしょうか?

セーヌ側を超えた左岸サンジェルマンデプレ界隈には、おしゃれなお店がいっぱいありますので、ウィンドウショッピングを楽しむことができます。

歩き疲れて少し疲れてきたところで、有名な老舗カフェ「レ・ドゥ・マゴ」でひと休憩しましょう。

詳細情報

  • 名称:ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)
  • 住所: 6 Parvis Notre-Dame – Pl. Jean-Paul II, 75004 Paris
  • 営業時間:8:00~18:45
  • 入場料:大聖堂の中は無料(オーディオガイド5€)、塔の上8.5€(18歳以下無料)
  • 最寄り駅:メトロ4番線 Cité駅  RER A,B線 Saint Michel Notre-Dame 駅
  • オフィシャルHP:http://www.notredamedeparis.fr/

Les Deux magots(レ・ドゥ・マゴ)

日本にも出店しているフランスの老舗カフェです。

ここのショコラショ(ホットチョコレート)は絶品で、わざわざ遠方からこのショコラショを飲みにくるフランス人もいるくらい。

歩き回った夕方に、古き良き時代の雰囲気を味わうことのできるこのカフェで特製ショコラショを飲んで、元気を取り戻して下さい!

詳細情報

  • 名称:Les Deux magots(レ・ドゥ・マゴ)
  • 住所:6 Place Saint-Germain des Prés, 75006 Paris
  • 電話番号: 01 45 48 55 25
  • 最寄り駅:メトロ4番線、10番線
  • オフィシャルHP:http://www.lesdeuxmagots.fr/

エッフェル塔(La tour Eiffel)

エッフェル塔(La tour Eiffel)

パリと聞いて、1番最初にエッフェル塔を思い浮かべる人がほとんどではないだろうかというほど有名な観光地ですよね。

1900年のパリ万博の際に作られたエッフェル塔は、石造りの街並みの中に鉄の塔を建てることに当時は大反対が起きました。

しかしできあがってみると、いつのまにかパリのシンボルとして愛される存在となり、1991年にはエッフェル塔を含めたセーヌ川周辺地域が世界遺産に登録され、歴史的・文化的な価値を世界に認められるようになり、現在に至ります。

エッフェル塔にはもちろん登ることもできますが、私のお勧めは「眺める」ことです。何よりもその佇まいが素敵で、ずっと見ていたいくらい!

夜になると、20時、21時と、毎時間10分間だけ、キラキラと光るエッフェル塔も、ぜひ見て頂きたいです。

詳細情報

  • 名称:エッフェル塔( La tour Eiffel)
  • 住所: Champ de Mars, 5 Avenue Anatole France, 75007 Paris
  • 営業時間:毎日9時~0時
  • 入場料:大人2階まで11€、12歳-24歳2階まで8.50€、4歳-11歳2階まで4€、大人3階まで17€、12歳-24歳3階まで14.50€、4歳-11際3階まで8€
  • 最寄り駅:メトロ6番9番線Trocadéro駅、メトロ6番線Bir Hakeim駅、RERC線 Champ de Mars Tour Eiffel駅
  • オフィシャルHP:http://www.toureiffel.paris/

メトロEcole militaire界隈のおすすめレストラン「Le P’tit Troquet」

エッフェル塔界隈にある、カジュアルで家庭的な雰囲気のレストランでフランスの家庭料理をおいしいワインと共に、お手頃な値段で楽しむことができます。

小さいお店ですので、予約しておくことをお勧めします。

詳細情報

  • 名称:Le P’tit Troquet
  • 住所:28 rue de l’Exposition,75007 Paris
  • 電話番号:01 47 05 80 39
  • 営業時間:18:30~22:00
  • オフィシャルHP:https://restaurant.michelin.fr

ムーランルージュ(Moulin rouge)

ムーランルージュ(Moulin rouge)

余力があればのオプションとして、夜のムーランルージュをおすすめします。

ムーランルージュは赤い風車という意味で、中では美しい女性ダンサーたちが一糸乱れぬ姿で踊るフレンチカンカンを、シャンパン(早い時間帯ならディナー)を楽しみながら見ることができるとても素敵なキャバレーです。

遅い時間に終わりますので、帰りはタクシーで帰ることをお勧めします。

詳細情報

  • 名称:ムーランルージュ(Moulin rouge)
  • 住所: 82, boulevard de Clichy 75018 PARIS
  • 営業時間:昼の部も夜の部もあり
  • 入場料:87€~210€
  • 最寄り駅:メトロ2番線Blanche駅(徒歩1分)
  • オフィシャルHP:http://www.moulinrouge.fr/(フランス語)、http://moulin-rouge-japon.com/(日本語)

まとめ

いかがでしたか?

さて、急ぎ足で1日過ごすパリの観光スポットをご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

もっと時間に余裕があれば、ルーブル美術館やオルセー美術館に立ち寄って名作の数々も眺めたいですし、パリからちょっと足をのばして、ヴェルサイユ宮殿やモン・サン・ミッシェルにも行きたいですよね。

旅の予算にも個人差がありますし、少し余裕のある旅をされる方は、ぜひ星付きレストランで本場のフレンチをお楽しみ頂くことをおすすめ致します。

1日でまわることのできる場所には限りがありますが、急ぎ足で巡れば、1日でも主要な観光名所は見て回れますので、ぜひ楽しいパリの1日をお過ごし下さいね。

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

フランス・パリでの服装は?知っておきたいパリの季節別天気

ヨーロッパで唯一!ディズニーランドパリへ行く前の事前情報まとめ

フランスで楽しむことができる面白い見本市5選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 部屋
  2. ニュージーランド
  3. 日本語教師
  4. 在宅ワーク
  5. 節約

おすすめ記事

  1. フィリピンの英語
  2. 長期滞在時におすすめベトナム・ハノイで日本語教師をやる3つもメリット
  3. フィリピンの中心地マニラ
  4. タイの水質
  5. 台湾のお土産茶器
ページ上部へ戻る