海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

フィリピン留学のキッカケは?経験者が語るバギオ留学をおすすめする理由

  • 公開日:
  • 更新日:
勉強

なんとなく「留学してみたいな~」と夢見る人が一定数いる中、以前に比べると、実際に行動する人が増えてきています。

大学の長期休暇を使って海外留学、仕事を休職しての海外留学などその形態は様々です。留学と聞くとアメリカやカナダ、イギリスなどの国が頭に浮かぶ人が多いかと思います。

もちろん英語力を身に付け、文化交流を通して世界観が変わった……なんて人も一定数います。

筆者は自分の体験から、フィリピン北部の教育都市バギオでの留学をおすすめしたいと思います。そこには成功する留学が待っています。

フィリピン留学のきっかけ

4年程前の冬、スキー場で派遣バイトをしていた私は海外から来た多くの人と出会いました。

英語を使ってスキーやスノーボードを教えている日本人のインストラクターが居る中、私は挨拶すら、英語で話すのが一杯一杯で自分の英語力の現実に愕然とし、語学留学を決めました。

元々、英語が話せたらいいな~くらいにしか思っていませんでしたし、学生時代も特に英語が得意だった訳ではありません。

ですが、話せないことに強いもどかしさを感じ、ただただ話せるようになりたい!と思ったのが語学留学するキッカケでした。

当時、語学留学と言えばアメリカやカナダ、イギリスが主流でフィリピンで語学留学をする日が来るなんて思ってもみませんでした。

今は便利な時代で、ベッドで横になりながらスマートフォンを使って簡単に様々な情報が検索できる時代です。語学留学について情報収集をしていると、フィリピン留学のキーワードを目にするようになりました。

フィリピンで語学留学?南国でバナナのイメージしかないけど……?

なぜバギオなのか?フィリピン留学のメリットってズバリ?

学校

そんな中、フィリピン留学について興味本意で調べていると、欧米留学の半分以下という格安料金で留学ができ、なおかつマンツーマン授業がたくさん受けられ英語力の向上も期待できると言う口コミをたくさん読みました。

実際、欧米留学と比較をしてみると料金面、そして充実したマンツーマン授業が受けられるメリットの大きさは一目瞭然です。

正直な話、治安が悪い危険な国と言うレッテルを勝手に貼っていましたが、どうもいろんな記事を読んでいるとそうでもないような様子。

留学するからには話せるようになりたい!と思い、リゾート地域を避け勉強に本腰を入れられるスパルタ教育の地域を探していました。そして出逢ったのがフィリピン北部に位置するバギオという地域です。

それまでフィリピンについてもほとんど知識がなかったので、バギオなんて地名は初めて耳にしました。首都のマニラ空港から車で北に6時間ほどとあり、移動は大変そうだと思いましたが勉強のために適した場所ならアリかなと思いました。

しかもフィリピンなのに朝晩は長袖が必要になるくらい涼しい気候とのこと。北海道育ちで暑いところが苦手な私にとっては嬉しい情報でした。

どれくらいの期間、留学する人が多いのか?

インターネット上で情報が多く、口コミの多い留学エージェントの担当者に、とにかくマンツーマン授業が多く、安価でスピーキング力が伸ばせる学校に入学したい旨を伝え、紹介された学校に半年の留学を決めました。

口コミで3,4ヶ月では物足りなく、もっと留学したいと言う記事を読んだため、初めは5ヶ月留学の予定でした。

しかし、以前の会社の同僚の中に偶然にもフィリピン留学を経験した人がおり、1ヶ月延長したら現地でクリスマスと正月が過ごせるなら絶対に延長すべき!と言われ6ヶ月で申し込みをしました。

実際に留学先に行ってみると大学生から社会人まで様々な人が来ており、夫婦で申し込みをしている人も居ました。夏に入学したので長期休暇を利用して留学している大学生が非常に多く、彼らは2~3ヶ月くらいの留学をしていました。

一般的なのは1ヶ月〜2.3ヶ月程度の留学

留学するまで知り得なかったことですが、6ヶ月の留学期間は長い方です。

中には1年と言う韓国人が居ましたが、ほとんどは1ヶ月から、長い人で半年というスパンで短期間の休学をして来ている大学生か、数ヶ月勉強した後に欧米へワーキングホリデーに行くための事前学習で来ている人がほとんどでした。

実際にフィリピン留学ってどうなの?リアルな講師の質を語ります!

フィリピン

TOEICやIELTS対策のために留学している生徒も一定数います。

こうしたテスト対策の生徒を教える先生は勿論、自身もそのテスト分野で規定のスコアを取得していないと講師になれない場合がほとんどなので、レベルの高い講師が集まる傾向があります。

いろんな先生の授業を受けてみて感じたのは、先生や生徒の数が多い学校ほど、生徒はもちろん先生のレベルも差が開いてくる印象です。しかし、講師選びにキチンと条件を設けて運営している語学学校であれば先生のレベルや質も皆高いです。

後は先生のやる気の問題ですが、生徒が月毎に先生に対する評価シートを記入して提出する学校がほとんどなので、評価が低い先生は指導が入ったり、生徒側からの希望で先生の変更が可能なケースがほとんどでした。

リクエストをして授業内容を組み立てる

4週間が1つのタームになっており、タームの初日は自己紹介を含め、担当になった先生に4週間で自分は何を学びたいのか、どんな授業をして欲しいかなどリクエストする時間になります。

そこで「日常生活で使えるイディオムを学びたい」「学校のテキストを使ってTOEICのReadingの授業をしたい」「ビジネスで使える表現方法を知りたい」など希望を伝え、各先生は翌日からの授業内容を生徒と共に組み立てていきます。

評価の悪い先生は学校を去っていく

しかし、中には50分の授業全てがフリートーキングで終わってしまい、学校で購入したテキストを使ってIELTSなど試験のための勉強をしたい生徒からは、「リクエストした授業をしてくれない。」と不満が聞かれることもありました。

そのような先生方は、生徒が毎月書く評価シートの結果も悪いため、次のタームには姿が見えないことがほとんどです。

フレンドリーな先生が多い

そしてフィリピン人にはフレンドリーな方がとても多いです。授業の時間以外であっても、とても気さくに話しかけてくれます。内気な私もいつの間にか先生方に囲まれていました。

また、私は英語のリスニング力に強い苦手意識を持っており、実際に読んだり書いたりするよりも聞き取ることに苦労していました。

そのため初めのころは、授業中に先生が言ったことが聞き取れず、何度もリピートしてもらったり、ホワイトボードに書いてもらったりしないと理解ができませんでした。

授業の進行もその分ゆっくりだったのですが、私がお世話になった先生方は皆、忍耐強く教えてくれました。

日本人気質なのか、何度も聞き返したり、わざわざ書いてもらったりすることに申し訳なさを覚えました。

が、「そんなことは気にしないで何度でも聞いて良いんだよ!」と背中を押され、そのような毎日を送っているうちに、聞き返さなくても会話のキャッチボールができるようになっていました。

日本の英語授業と違い、自分が話す機会は圧倒的に多いです。当たり前ですが指導は全て英語です。初めは理解するのに苦しむ時期があるかもしれません。

英会話力ならフィリピン留学!豊富なマンツーマン授業で伸びるしかない英語力

衛生面を言えば、日本ってなんて綺麗な国なんだ!と思います。そのため、潔癖症の人にとっては辛い留学期間になるかもしれません。衛生面に対してカルチャーショックを受けている生徒も居ました。

欧米留学はグループ授業がほとんどのため発言回数は少なくなりがちです。また、マンツーマン授業を受講しようとすると高額な費用を払わなければなりません。

しかしフィリピン留学はマンツーマン授業が主体です。フィリピン講師ではなく、ネイティブ講師の授業を受けたければ、ネイティブ講師がいる語学学校を選べは欧米留学と変わりません。

筆者はフィリピンで、1日7コマのマンツーマン授業と2つのグループクラスを半年受け、スピーキングについてはかなり伸びたと実感しています。

欧米人が使うスラングや、正しい発音をキッチリ学びたい場合は別ですが、海外で仕事をするために英語を身に付けたい、テストのスコア獲得のために勉強したい、とにかく日常生活や海外旅行で困らない会話力が欲しいと言った人にはおすすめです。

特に中学や高校の受験英語で止まっている方、欧米留学の前にワンクッション置いて英語力を身に付けたい方は必見です!

まとめ

語学留学はなにもアメリカやカナダ、イギリスのみに限りません。

フィリピンのバギオは教育都市と呼ばれ、大学も多い市ですが、最近では語学学校も増え韓国では当たり前の留学先になっています。そして台湾やベトナム、中国などのアジア圏の大学生もフィリピン留学をする人が増えています。

日本ではフィリピン留学を知る人の数は増えているものの、やはりまだセブ留学に傾いています。勉学に適したバギオでは、多国の人と触れ合い、楽しみながら英語力を身に付ける最適な環境が揃っています。ぜひ、一歩を踏み出してみませんか?

上手なフィリピン留学をする方法

フィリピン留学の基本は情報収集です。初めての留学だからこそしっかりと話を聞いた上で比較しましょう。

留学エージェントは1社だけではなく、複数(2つ〜3つ)程度利用することで、対応・値段・情報を知ることができます。まずは無料で相談してみましょう。

あわせて利用したいフィリピン留学エージェント

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

ページ上部へ戻る