おすすめ

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

フランス国内を格安長距離バスで移動しよう!FlixBusは結構便利

FLIXBUS

フランス国内で移動する場合、飛行機、バス、車などいろいろな交通手段があります。特に長距離バスについては、2015年にバス路線の開設が自由化され、民間の格安サービスなども増えてきました。

以前は電車でしか行けなかったところへも、長距離バスでお得に行けるようになったのはありがたいですよね。

あくまで一例としてですが、これまでに何回か使った長距離バスFlixBusはなかなか使いやすいのでご紹介します。たくさんあるサービスの中から選ぶのに迷ってしまう方へ、参考になれば幸いです。

FlixBusとは

FlixBusは、もともとはドイツの3名の若手実業家が興したスタートアップです。フランスへは2015年のバス路線自由化に伴い、参入しました。

このほかイタリア、オーストリア、オランダ、クロアチア、北欧諸国、スペイン、イギリス、東欧などを含む20カ国・1000か所をつないでいます。

なんとパリ・ロンドン間など国際線も最安19ユーロから提供されています。以下のページから、FlixBusがカバーしている場所を確認できます。近隣の出発地と目的地を探してみてください。

FlixBusのいいところ

さて、私がFlixbusを使って印象が良かったのは主に以下の理由からです。

アクセスが便利なところにバス停がある

これは場所によるかもしれませんが、私の住んでいる町では、中心街からすぐ近くにバス停があるのでとても便利でした。

電車を利用する場合は、まず駅までバスに乗る必要がある場合が多いので交通費も移動時間もかかります。

無料のWIFIが付いていて接続がよい

車内にWIFIが完備されているのはフランスでは珍しくありませんが、メールアドレスを登録したりログインまでに時間がかかることがしばしばあります。

それに反して、FlixBusの無線インターネットは、「使用条件に合意する」をチェックすればすぐにつながりましたし、接続が不安定になることもあまりありませんでした。

車体も車内も新しく、清潔感がある

車内シート

鮮やかなグリーンがトレードマークの車体の中は、清潔感があり座り心地もいいです。ボックス型のトイレがついているのもうれしいです。

(トイレはたまに故障している可能性もあるので、乗車前に済ませておくほうが無難です。)

遅延が少なく、時間どおりに到着する

これまで私がFlixBusを利用したのは4回程度だと思うのですが、バカンスシーズン中でも到着時間に遅延がありませんでした。

道路の状況などでどうしても遅延が出たりするのは避けられませんが、運転手の方がきちんとタイムスケジュールを見ながら運行しているのだと思います。

では、実際にバスに乗ってみよう

チケットの買い方

チケットは公式サイト上でも購入可能ですし、オンライン以外でも旅行会社やバス停など購入できる場所も多くあります。以下のページから、チケット売り場を確認できます。

公式サイト:https://www.flixbus.fr

私は、公式サイト上にてクレジットカード支払いで購入しました。

日本のクレジットカードでも購入可能です。楽天プレミアムカードなら海外旅行保険も自動付帯ですし、マイレージも溜まるので、持っていても便利です。

確認書がくる

購入後すぐに、記載したメールアドレス宛てに確認書が送られてきます。確認書にはバスが到着する場所の地図や、乗車時に運転手に見せるバーコードなどが印刷されています。

ちなみに、私が購入したのはエクサンプロヴァンス・ヴァランス間の往復チケットでした。距離にしておよそ200㎞、所要時間はおよそ3時間、ひとりあたりの価格は片道9ユーロ、往復18ユーロでした。

もちろん、時間帯は早朝や深夜ではなく、利用しやすい時間帯です。

同じ行程を高速列車TGVで行くとしたら、所要時間2時間20分、安いチケットで片道35ユーロ程度です。さらに、TGVを利用する場合はTGVの駅まで約30分かけて移動する必要があるので、時間も交通費も追加でかかりますね。

バスに乗車

バス停

指示されたバス停でバスを待ちます。

予定より早く出発してしまうことはまずないと思いますが、念のために15分前くらいに来ておけば安心でしょう。スーツケースなど大きな荷物をお持ちの場合は、乗車前に車体の下に荷物を入れてもらうこともできます。

運転手の方に、チケット購入時のバーコードを読み取ってもらうか、名前を言って確認してもらってからバスに乗りましょう。

旅程の流れ

エクサンプロヴァンス・ヴァランス間の所要時間は3時間でしたが、乗車後1時間経ったころ、サービスエリアで45分の休憩時間がありました。

ちょうどお昼時でしたので、外でゆったりと昼食を取ることができました。外の空気を吸えるのもありがたかったです。

なお、休憩時間中は、乗客は全員バスから降りないといけないので、防犯上の心配もありません。

(とはいっても貴重品は身につけておいてほうが安全です)

休憩を取ってから、指示された時間に再度バスに乗車し、その後1時間で目的地に時間どおりに到着しました。

まとめ

格安の交通機関というと、安全面やサービス面が心配になりますが、意外と使い勝手がよさそうじゃありませんか。

私はまだ国内移動にしか使ったことがありませんが、今後、外国へ旅行する際にも使ってみたいと思っています。

みなさんもぜひいろんなサービスを試してみてください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Yoon

Yoonライター

投稿者プロフィール

食べるのと飲むのが大好きな関西人。学生時代に1年留学していた南仏に、縁あって2016年12月より再び在住しています。
フランスで強く(!)楽しく生きるためのヒントになる情報を発信できればと思っています。

ページ上部へ戻る