海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

フランス国内を自由に移動!移動方法のまとめ

  • 公開日:
  • 更新日:
移動

フランスへ旅行、留学そして仕事などで滞在する際、どうやってフランス国内を移動すれば良いのでしょうか。鉄道、タクシー、バス、飛行機など様々な移動手段が考えれます。

今回はフランス国内の主要な移動手段についてご紹介します。

フランスの鉄道

tgv

フランスの国内鉄道はSNCFという鉄道公社が運営しており、列車の種類は主に5つあります。

日本でもよく知られている列車は、フランスの新幹線とも言われるTGV(高速列車)です。フランス国内の主要都市間を運行しており、フランス内を移動するには最もメジャーな移動手段です

そのほかには

  • 地方都市間を結ぶIntercités(アンテルシテ)
  • 普通列車のTER(テー・ウー・エール)
  • パリ近郊路線のTransilien(トランジリアン)
  • 夜行列車のIntercités de Nuit(アンテルシテ・ドゥ・ニュイ)

があります。

インターネットでチケットが買える

SNCFのこれらの列車については、インターネットでチケットを購入することが可能です。フランスへ経つ前にSNCFのHP(英語版での対応があります)でクレジットカード決済の手続きをして購入すると、メールでPDFのチケットが送られてきます。

印刷して持っていけば、現地で切符を買う手間もなくすぐに乗車することができます。

英語やフランス語では少し心配な方向けには、レイルヨーロッパという日本語対応で切符をインターネット購入できるサイトもありますので、そちらを利用すれば安心です。

特にTGVのチケットの場合は早割やセールで安い切符、列車の時間帯によってもお得な価格の切符もあるので、上手に買えばかなり安くフランス国内の主要都市間を移動することができます。

例えばパリからリヨンへTGVで移動するのに、お昼の時間帯で切符のキャンセル可能なチケットは50〜60ユーロほどします。

しかし、早朝でキャンセル不可のチケットは35ユーロ前後で購入することができます。格安切符は制約がありますが、その分低価格なのでありがたい仕組みですよね。

フランスのバス

バス

フランス国内を移動できるバスは主に2つあります。先ほど挙げたフランス鉄道公社SNCFが運営するOUIBUS(ウィービュス)と、ベルギーの会社が運営するEurolines(ユーロラインズ)です。

どちらも鉄道同様にインターネットでチケットを購入できるので、フランスに行く前に購入手続きができます。チケットはメールで受け取り印刷して持って行くだけです。

移動時間は列車よりもかかりますが、かなり安く移動できます。例えばOUIBUSを利用してパリからリヨンへ移動する場合、チケット価格は20〜40ユーロほどです。6〜8時間ほどかかりますが、フランスの田舎の風景を楽しむことができます。

またこれら2つのバスは、フランス国内のみならず周辺のヨーロッパ各都市にも路線運行しているので、学生であれば大いに活用して節約しながら留学中の旅行を楽しむこともできます。

注意しなければならないのはバス停の場所です。必ずしも街の中心街や主要駅近くとは限りません。乗車する際にはHPできちんとバス停の場所を確認することをおすすめします

フランスの飛行機

飛行機

フランスの主要都市には空港がありますので、飛行機で移動することもできます。特に、パリから南仏のトゥールーズへ移動する際、TGVでは約5時間半かかりますが、飛行機であれば1時間〜1時間半で行けます。

ただ、どの都市からどの都市へ移動するのかによって、飛行機よりも列車の方が早い場合もあります。

飛行機の場合はチェックインや荷物検査などで早めに空港へ行かなければならないので、かかる合計時間を考慮して、飛行機と列車を上手く活用するのが良いかもしれませんね。

フランス国内を移動するための主要な航空会社はAir France(エール・フランス)とeasyJet(イージージェット)です。飛行機を活用し、移動時間を節約して、滞在中のアクティビティーを充実させましょう。

フランスでカーシェア

車

上級者向けにはカーシェアという方法があります。これは現地在住の一般のフランス人とカーシェアをして目的地まで移動する手段です。Bla Bla Carというインターネットサイトで探すことができます

利用するには、まずサイトで出発地、目的地、移動したい日程を入力して検索します。そうすると、自分と同じ行程と日程で移動しようとしている人たちのリストと料金が表示されます。

料金は距離などによりますが、パリからリヨンへ移動する場合20〜40ユーロです。

リストに表示されるのはサイトに登録している人たちで、彼らは車を所有しています。これまでにカーシェアをした人たちからのレビューも記載されているので、それらを総合的に判断してシェアする相手を選びます。

クレジット決済で支払いを済ませれば、予約は完了です。当日は指定された場所で合流し、目的地まで車に乗せて行ってもらいます。

実は筆者の私もこのシステムを利用して、人生初のカーシェアでの移動を体験しました。フランス人の友人からすすめられこのシステムを知ったのです。

日本ではまだ一般的ではないので少し心配でしたが、何も問題なくストラスブールからブザンソンへ往復カーシェア旅行を楽しむことができました。

まとめ

フランス全土には多くの世界遺産や観光スポットがあり、せっかく行くのであればパリ以外にも様々なところを訪問したいですよね。そのためにもいろいろな移動手段を最大限に活用することが重要です。

また移動中には景色を楽しんだり、偶然の素敵な出会いも体験したりすることができ、それもまた旅の思い出になることは間違いありません。

今回ご紹介した移動方法は全てインターネットで予約できるものなので、旅立つ前に準備して有意義なフランス滞在にできると良いですね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
shoko

shokoライター

投稿者プロフィール

現在教育関係の広告代理店でフランス人向け日本留学企画の担当として勤務する会社員。
フランス留学と出張の経験を活かしてライターとしても活動開始。これまでに旅した国は16カ国。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る