海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

チェンマイのおすすめ観光スポット「ナイトサファリ」に行ってみた

  • 公開日:
  • 更新日:
ナイトサファリ

2006年に開園したチェンマイの観光スポットの一つ、ナイトサファリ。シンガポール、中国に次いで世界で3番目に作られた夜の動物園です。チェンマイ市街から南西に約12km離れた場所にあります。

このナイトサファリはとても広くて、子連れで行くにはとてもおすすめの場所ですので、ご紹介したいと思います。

ナイトサファリのツアー

ナイトサファリツアー

ナイトサファリのメインとなるのはトラやシマウマ模様のトラム(専用バス)で周るツアー「Night Safari service」です。Savanna SafariとPredator Prowlの2つのゾーンで行われます。

ナイトサファリは18時半スタート

18:30から22:00まで随時出発する30分ほどのツアーです。Predator Prowlには27種200匹以上の肉食動物がいます。約2.4kmのコースを回ります。

私はこちらのトラムには時間がなくて乗ることができませんでしたが、ホワイトタイガーが目玉だそうです。

Savanna Safariには34種320匹以上の草食動物がいます。こちらも約2.4kmのコースを回ります。

アフリカゾーンでキリンに餌やり

キリン

アフリカゾーンでは、キリンなどに30THBで餌やりをすることができます。この餌を食べるキリンの様子は、大迫力です!餌を求めてキリンの顔がトラムの中に入ってきます!!

せっかくなのでやってみたかったのですが、残念ながらできませんでした。

というのも、餌はツアーの途中で買うことができるのですが、前のトラムに乗っていたお客さんたちが用意してあった餌を全部買ってしまったため、私が乗り込んだトラムで餌を買うことができたお客さんはたったの一人……。

ごめんなさいと職員の方に謝られました。私が乗り込んだトラムはその日の3番目くらいに出発したものだったと思います。

ちなみにツアーにはタイ語、英語、中国語のガイドがあります。ガイドの言語によってツアーの列が分かれていますのでご注意ください。

日中でもデイサファリと言って、15:00〜16:30の間にも明るい時間にトラムで周ることもできます。

サイトサファリのショー

サファリのショー

Tiger Show 18:00、19:30、20:30(30分間)

ホワイトタイガーやライオンなどが色々な芸をします。

サーカスのような迫力のある芸をするのではなく、トラやライオンが調教師の指示をちゃんと聞いて列に並び一匹ずつ前に出てジャンプしたりゴロゴロ転がったりします。

Night Predators Show 17:20、18:50、20:40(30分間)

ライオンやトラなど肉食動物が捕食する様子を見ることができます。

トラがリスに喰らいついたりして、少し生々しいです。日本ではまず見ることができないのではないでしょうか。

Musical Fountain & Water Screen 20:10、21:10(12分間)

園の中央にある池で行われる、噴水と光のショーです。水のスクリーンに光が映し出されます。

Safari Dancing Show 18:00、19:00、20:00、21:00(10分間)

ショー

私が見たものはタイの民族衣装を着て踊ったり、太鼓を叩いたりするパフォーマンスでした。

日中の楽しみ方

チェンマイナイトサファリというと、夜だけしか観光できないと思う人もいるかもしれませんが、11:00からJaguar Trail Zoneというコースを散策することができます。

一般的な動物園のような雰囲気なのですが、大きな池の周りに整備された約1.2kmのコースでは、アルパカ、イグアナ、ワニやサーバルキャットなどの動物や鳥、南国ならではの草花が出迎えてくれ、次々に楽しませてくれます。

ゆっくり歩いても1時間ほどです。このコースの最後にはトラやライオンがいる建物があり、空調が効いた室内でトラやライオンを間近で見ることができます

Jaguar Trail Zoneの料金(デイサファリ)

Jaguar Trail Zoneの料金は

  • 大人100THB(日本円で約300円)
  • 子ども50THB(日本円で約150円)

です。このチケットでは「デイサファリ」と「ナイトサファリ」には参加できません。

トラムに乗りたい場合は、デイサファリのチケット大人800THB(日本円で約2,400円)、子ども400THB(日本円で約1,200円)を購入しなくてはいけません。

屋根付きのチルドレンワールド

また、子連れに嬉しいポイントは、屋根付きのチルドレンワールドに遊具があり、歩いて動物を見て回った後、日陰の遊具で遊べる点です。

チェンマイナイトサファリへの行き方

チェンマイナイトサファリに行く方法は4つです。

  1.  バイクをレンタルして行く
  2.  旅行会社のツアーで行く
  3. トゥクトゥクやソンテウをチャーターする
  4. シャトルバスを利用する

おすすめはトゥクトゥクかソンテウのチャーター

旅行会社のツアーで行くのが一番簡単だと思いますが、子連れで行くときはトゥクトゥクやソンテウをチャーターして行くことをおすすめします。

ツアーは夜のトラムに乗って、ショーを見るのがメインになります。2時間半〜3時間程ほどの限られた時間の中でトラムに乗ったりショーを見たり食事も……となると、時間に追われてゆっくり見て周ることができません。

早めに行けば、ショーやトラムの時間を気にせず子どもの興味のある動物をじっくり見て回ることができたり、チルドレンワールドの遊具で遊ばせることができます。

ソンテウをチャーターし500THBで行ける

私がチェンマイナイトサファリに行った時は、ソンテウをチャーターし17時に家を出発して、20時半までナイトサファリで遊べるようにしました。料金は500THBでした。

以前、日中に草食動物を見て回れるJaguar Trailだけ行ったことがあったので、この時間にしましたが全てのショーを回ることはできませんでした。

ラッシュ時間を考慮して移動すること

17時にニーマンヘミンロードを出発しましたが、ちょうど帰宅ラッシュに巻き込まれてナイトサファリに着いたのは18時。

その後、入場の手続きをして移動するので18時からのショーには間に合わなかったことも誤算でした。平日に行く方は、帰宅ラッシュも考慮に入れて移動するといいと思います。

無料のシャトルバスもあり

また、無料シャトルバスでチェンマイナイトサファリに行くこともできます。

ナイトサファリのパンフレットの裏には、フリーシャトルバスという欄があり、ターペー門近くのホテル、ナイトバザール、ニーマンへミンからシャトルバスが出ていることになっていました。

しかし、直接窓口のお姉さんに聞いたところ、現在はニーマンへミンにはシャトルバスが来ておらず、下記住所に迎えが来るそうです。

16時までに予約してくださいとのことです。

  • Imm Hotel 16:45
  • ナイトマーケット(ツーリストポリスの反対側あたり)17:00
  • 予約電話番号:053-999000

ナイトサファリを出発するのは21:00です。

まとめ

チェンマイには、動物系の観光スポットが多くありますが、どれも日本のものよりも動物との距離が近いです。

ナイトサファリも日本のナイトサファリのトラムとは違い、格子がなくてかなり開放的です。

肉食動物のトラムでさえ、格子がありません。もちろん、動物との間には大きな溝があり、安全を確保されています。

他にも象や馬に乗れたり、トラと写真を撮れたりといろいろなアクティビティがあります。

日本のナイトサファリに行ったことのあるという方でも、動物好きの方、お子様連れの方は特に楽しめるはずですよ。チェンマイに行った際に、行ってみてはいかがでしょうか?

基本情報

  • 名称:Chiang mai Night Safari
  • 住所:33 Moo 12, Tambon Nong Kwai, Amphoe Hang Dong, Chang Wat Chiang Mai 50230
  • 営業時間:11:00〜22:00
  • 電話:+66 53 999 000
  • HP:http://www.chiangmainightsafari.com/
  • 入場料:大人800THB、子ども400THB(1THB=約3円)

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

おすすめ

タイ・チェンマイの有名な観光地の一つ、チェンマイ動物園に行ってみた!

チェンマイの市街地から一番近い滝(HUAYKEAW WATERFALL)へ行ってみよう

チェンマイでベジタリアン料理が食べられるおすすめのレストラン4選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る