海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ニューヨーク生活をスマートに楽しむためのアプリ8選

  • 公開日:
  • 更新日:
スマホ

ニューヨーク生活を始めると、日本に住んでいた時のようにスムーズに行かないことがたくさん出てきます。

特にニューヨークは複雑なシステムが多く、観光客や移住してきたばかりの外国人は、知らずに損をしていることが多いのが事実です。そんな時に頼りになるのが、優秀なアプリ。

忙しく動きまわるニューヨーカー達は自分に合ったアプリを使いこなし、スマートに時間やお金の節約をしながらニューヨーク生活を楽しんでいます。今回はそんなニューヨーカー達の使うスマートアプリ8選をご紹介したいと思います。

NYに住むなら必須の目的地ナビゲーションアプリ「City mapper」

City mapper

ニューヨークで生活を始めると一番の悩みの種になるのが、地下鉄、バスの突然の路線変更や遅延です。私もニューヨークに来た当初は、通勤が一番のストレスでした。

いつもより早く出たとしても、なかなか着く時間が読めないのがニューヨークの地下鉄です。タクシーをつかまえるのでさえも一苦労します。

そこで友人から教えてもらったのが「City mapper」でした。このアプリを利用してからは、大幅にストレスが軽減されました。

なんと「City mapper」は2013年にニューヨーク都市交通局によるアプリコンテスト「NYC MTA APP Quest」を受賞していて、複雑な地下鉄システムを持つニューヨークでも認められている優秀なアプリなんです。 

自分の通勤ルートをお気に入りに登録しておくと、その通勤ルートの路線変更や、遅延情報なども知らせてくれるので、私は朝起きて必ずチェックするようにしています。

また地下鉄だけではなく、徒歩、バス、city bike、Uberでの到着時間や、それぞれにかかる料金も表示してくれるので、自分にあったルート選択をすることができます。

特に私のお気に入りは、降りる駅付近になるとアラームで知らせてくれる機能が付いているところです。この機能のお陰で、降り過ごすことなくスムーズに乗り換えができるようになりました。

それだけではなく、どの車両に乗ると目的地に一番近い出口に出られるのかを表示してくれるので、無駄に歩き回る必要がありません。一つの駅にたくさんの出口があるニューヨークでは、この情報があるとないとでは大きな違いなんです。

他にも、オフラインで地下鉄マップやニューヨークの主なバスのマップを確認する事ができたりと、フリーのアプリにしては機能が豊富。

2011年にロンドンで生まれたこのアプリは、現在では対応都市を広げ世界で約30ヵ国以上の都市で利用する事ができます。

私はニューヨーク以外では利用したことがないのですが、ニューヨーク在住の方だけでなく海外旅行好きの方にもおすすめのアプリです。

City mapper

NYでは当たり前になっているカーシェアサービスアプリ「Uber」

Uber

2014年に日本に進出した「Uber」ですが、タクシー業界の反対や厳しい法律により、日本ではなかなか利用者は広まっていないようですね。

しかし大都市ニューヨークで「Uber」はなくてはならない必需アプリとなっているんです。イエローキャブがそこら中を走り回っているニューヨークですが、キャブは時間帯や場所によっては捕まえるのにも一苦労です。

しかし「Uber」なら、アプリ上で自分の現在地付近を走っているドライバーを呼び出すことができ、呼んでから約数分で乗車できます。支払いもあらかじめ登録しておいたクレジット情報から引き落とされ、全ての決済をアプリ上で済ませることが可能です。

なので目的地に到着したら降りるだけ。安全性が気になる方もいると思いますが、私が約2年使ってきた中ではドライバーとのトラブルもなく、カード引き落としも問題ありません。かなりの時間節約になるので、忙しいニューヨーカーには大活躍のアプリです。

Uber

コーヒー中毒なニューヨーカーは使っている、簡単カフェ探しアプリ「CUPS」

CUPS

ニューヨークといえば、道行く人のほとんどがコーヒーを手にしている程コーヒーラバーの多い都市。1ブロックに必ず1つはあると言ってもいいほど、至るところにカフェがあります。そんなコーヒー中毒の都市で人気のアプリが「CUPS」。

「CUPS」なら、自分の現在地付近にあるカフェをマップとリストで教えてくれます。またアプリ内でメニューが確認できて、支払いもアプリ内で済ませることができます。

お店に行ったら携帯画面を見せてコードを店員さんにタイプしてもらって決済終了になります。またアプリ上でオーダーすると15%オフの金額で購入できるのも嬉しいですね。

他にも「CUPS」には飲み放題プランがあります。月額90ドルのプランならベーシックなドリップコーヒーや紅茶などが飲み放題になり、月額120ドルのプランならラテやカプチーノなども含めて全ての飲み物が飲み放題になるというもの。

そこまで多くは飲まないという人のためにも、5杯、15杯から購入できるプランもあります。こちらのプランもそれぞれ普通に購入するよりも、1杯分の値段がお得になります。

2014年にサービスを開始した「CUPS」ですが、ここ数年で提携店舗を増やしニューヨークではマンハッタン、ブルックリン、クイーンズ等の主な地域の個人経営のカフェ約170店舗と提携しています。

個人経営のみと提携しているため、思いがけない場所でおいしいカフェと巡り合うチャンスもあります。

cups

Starbucksアプリ

Starbucks

日本でもお馴染みのスターバックスのアプリです。ニューヨークのどこにいても見つかるスターバックスですが、やはり大手チェーン店なだけあってどこの店舗も混雑しています。コーヒーを購入するだけで30分かかるなんてことも稀ではありません。

そこでとっても使えるのがこのアプリ。アプリに入金して携帯のみで支払いができる、というところまでは日本版のスターバックスアプリと同じです。

日本版のアプリと違うのが、なんとアプリ内で店を選んで先にドリンクやフードをオーダーする事ができるところです。つまり、スターバックスに向かう途中でオーダーしておけば、あとは列をスキップしてピックアップするだけ。

このシステムはかなりの時間の節約になるので、私は毎回オーダーして購入しています。また、アプリを通して購入する度にスター(ポイント)が貯まり、決められた数のスターを貯めるとフリーのフードかドリンクがもらえるのでとってもお得です。

starbucks

「CUPS」、「Starbucks」の2つのアプリさえあればチェーン店、個人経営店のカフェを抑えることができるので、コーヒーラバーにはおすすめのアプリです。

とっても便利なフードデリバリーアプリ「GRUBHUB」

GRUBHUB

この「GRUBHUB」はニューヨークのほとんどのレストランやデリ、カフェのメニューをアプリ内で注文できるデリバリーアプリです。

ニューヨークでは新鮮な野菜やアルコールデリバリーができるサービスが登場し、ここ最近はデリバリーサービスに力を入れています。

作る時間がないけど、やっぱりおいしいご飯を家で食べたい!そんな方には嬉しいこのアプリ。自分の近所にあるレストランやデリ、カフェからメニューを見て注文する事ができます。

また、支払い方法もapple pay、android pay、pay pal、クレジットカード、キャッシュと豊富に選べます。

注文後に、自分の注文した料理ががどれくらいで着くのかも教えてくれるのでとても安心。2時間後から4日後まで先のオーダーの予約も可能なので、ホームパーティ等にも使えます。

GRUBHUB

オフラインでも読めちゃう暇潰しアプリ「pocket」

pocket

待ち時間の暇潰しにとても重宝している「pocket」。私は英語勉強のために使い始めたのですが、とてもおもしろい記事ばかりなので、暇さえあれば読むようになり気づいたら手放せなくなっていました。

何といっても「pocket」のすごいところは、後で読みたい記事をMy listに入れておけばいつでもどこでもオフラインで読めるというところ。私は毎朝の地下鉄に乗っている時間を使ってこれでネタ集めをしています。

私の周りの友人も使っている人は多く、よくその記事について話し合うなんて事もあります。予想のできない待ち時間が多いニューヨーク、時間を有効に使い情報収集できるスマートなアプリです。

pocket

お得にスマートにブロードウェイが楽しめちゃうアプリ「TODAY TIX」

TODAY TIX

せっかくニューヨークにいるのなら、たまの休みにブロードウェイを楽しんでみたいものですよね。しかしどうしてもブロードウェイのチケットは高くて、なかなか気軽に見に行けないと思っている方が多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのがこの「TODAY TIX」 です。日にちと時間さえ合えばかなりお得なチケットが手に入るので、私はだいたい2ヶ月に1回はこのアプリをチェックして、ブロードウェイを観に行っています。

アラジン

どれくらい安くなるのかというと、人気の高いアラジンでさえも78ドルで購入できてしまう程安いんです!

 

オペラ座の怪人

オペラ座の怪人も49ドルから。

 

シカゴ

シカゴは50ドルから。

このように、人気のショーも破格でブロードウェイが観れてしまうので、このアプリはニューヨークに住む方だけでなく観光で来る方にもおすすめです。

TODAY TIX

イベントの多いNYだからこそダウンロードしておきたいイベント情報アプリ「fever」

fever

イベント、パーティーの多いニューヨークだからこそチェックしておきたいイベント情報。「fever」なら、だいたい10ドルからのイベントを見つける事ができて、チケットの購入や予約もアプリ内でできます。

ダウンロードしておくとニューヨーク生活が何十倍も楽しくなるアプリなんです。

最初のサインアップの時点で自分の興味のあるカテゴリを選んでおくことで、アプリが自分に合ったイベントを勝手にピックアップして一覧表示してくれます。イベントの種類も豊富で、面白いものばかりです。

コメディーショー

こちらはコメディーショーがたったの10ドルで観る事ができます。

 

チョコレートファクトリーのツアーとテイスティングができるイベント

こちらはチョコレートファクトリーのツアーとテイスティングができるイベントで10ドル。

私は日本からの友人が遊びに来た時に使う事が多いですが、多くのニューヨーカーがこのアプリを通してイベントに参加しているそうです。

この他にも、ルーフトップでのパーティや、ジム、ランチ、シアターなど、イベントの幅はとても広いので必ずあなたに合ったイベントが見つかるはずです。

fever

まとめ

いかがでしたか?今回ご紹介したアプリはどれもIOS、Android対応でダウンロード無料です。人それぞれニューヨークでの暮らし方は違うと思いますので、まずはいくつかダウンロードしてみて、自分に合ったアプリを見つけられるといいと思います。

何かとお金のかかるニューヨークですが、こういったスマートなアプリの使い方次第では何十倍もニューヨーク生活を楽しむことができます。

せっかく世界でも有名な大都市にいるのであれば、賢く時間とお金を節約してニューヨークライフを充実させてみてはいかがでしょうか。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. シティ
  2. リクルートエージェント
  3. 海外就職求人サイト
  4. 楽天カード
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る