海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ドイツ在住者が利用できる保険会社AOKのプレミアポイント制度とは

  • 公開日:
  • 更新日:
ドイツの公園

日本と同様に、ドイツでも国内に在住する全ての人に健康保険への加入が義務付けられています。

加入する保険会社はそれぞれが自分の居住地を管轄している保険会社の中から自由に選ぶことができます。ドイツの西部在住5年目になる私は、最大手の保険会社、AOKに加入しています。

各保険会社は、クライアントの健康維持をサポートする目的でさまざまなサービスを提供しています。AOKももちろんその例に漏れません。

この記事では、ラインラント・プファルツ州在住者が利用できるAOKの概要と、プレミアポイント制度について解説します。

ドイツ在住者の保険料と医療費について

ドイツ

ドイツで就労している人は、勤め先が保険料の半額を負担してくれ、残りの半額は自動的に月々のお給料から差し引かれます

私がドイツで就職した2014年3月の時点では、この保険料はどの保険会社に加入するかに関わらず一定額でした。その後法改正があり、今では各保険会社が異なる保険料でプランを提案し、顧客確保に尽力しています。

月々自動的に支払う保険料は少なくありません。私は扶養家族はいないので自分ひとりの分だけの支払いになりますが、毎月112ユーロがお給料から引かれています。

安くはない保険料ですが、その代わりに医療機関はほぼ全て無料で利用できます。特殊な予防接種や一部歯科の治療などは対象外になります。

私は年間6ユーロを払ってオプションをつけているので、海外滞在時の医療機関の利用もカバーされています。

私がプレミアポイント制度を知った経緯

保険会社としてはクライアントが体調を崩すとマイナスになりますから、さまざまな形で健康的な生活を送るためのサポートをしています。

例えば保険会社が開催するヨガのコースがあったり、定期的に送られてくる冊子で健康法を紹介していたりします。その一環としてプレミアポイント制度が存在します

ですが保険会社の冊子などにほとんど目を通していなかった私は、プレミアポイント制度が存在することすら知らずに何年も過ごしていました。

ネット記事でたまたま、「ドイツで健康診断を受けると保険会社から現金でボーナスがもらえる」という記述を読んで、自分の保険会社も調べてみたところ、ようやくこの制度を発見しました。

プレミアポイント制度でポイントを得るには?

調べたところ、私の居住しているラインラント・プファルツ州で加入できる保険会社の中では、「現金でボーナス」などという大胆なサービスを提供している会社はありません。

ですがAOKでも、心ばかりのボーナスを受けることが可能です。以下に手順を説明します。

1.まずオンラインでプレミアポイント制度にメンバー登録をします。

※AOKホームページ:https://rps.meine.aok.de/

AOKホームページ

2.続いてオンラインで、プレミアポイントがもらえる事柄がリストアップされたScheckheft(シェックヘフト)という書類を発注します。

この書類に記入されるのは、例えばスポーツジムの年間契約や、予防接種、各種健康診断といった、健康保持のために行う事柄全般です。

性別、年齢などによってリストアップされる健康診断の種類が異なるため、発注前に個人情報を登録する必要があります。

発注から数日後、メールで「シェックヘフトが出来上がりました」という通知が届きます。メール内のリンクから再度AOKのプレミアポイント制度のページへアクセスし、リストアップされた事柄を確認します。

そこにリストアップされている健康診断などを受けるたびに、プリントアウトしたシェックヘフトに医療機関などから承認のサインをしてもらうか、スタンプを押してもらいます。

シェックヘフトをAOKにオンラインもしくは郵送で提出すると、ポイントをもらうことができます。

もらえる特典各種

集めたポイントによって、もらえる商品は変わってきます。電動歯ブラシなどの日用品から子供のおもちゃ、ドラッグストアの商品券までさまざまなアイテムが提供されています。

ただし、健康診断やジム通いで集められるポイントはごくわずか。私の場合は1年頑張っても30ユーロ分の商品券くらいしかもらうことはできません。

AOKホームページ

※左端のメニューからプレミアポイントでもらえる商品一覧を観ることができます

私が思うメリット

「プレミア」と謳っている割にはリターンが小さいような気はしますが、私が思うこの制度のメリットはまた別のところにあります。

それは、シェックヘフトを毎年もらうことによって、何の健康診断や予防接種が保険でカバーされているのかが一目瞭然でわかることです。

各種がん検診などは例えば「35歳以上の女性は無料」、「2年に1回無料」など、決まりがありますよね。それらを一つひとつ自力で調べなくても、AOKのシェックヘフトを見れば「今年はこの健診を受けられるのか」とわかります

ドイツ語で医療関係の情報を検索するのはけっこう骨の折れる作業なので、私にとってはとても有難い側面です。

まとめ

ドイツ

プレミアポイント制度のおかげで、自分の健康を見直す良い機会を与えてもらいました。

特に悪いところもない間は、ついつい健康診断などは面倒くさくて避けてしまいがちです。海外で生活をしていて、語学に自信がない場合はなおのこと。

ですがこれを機に、受けられる診断は全て受けて、より健康に気を付けながら生活したいと思うようになりました。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ドイツで仕事に挑戦、海外就職してみよう!ドイツ就職のあれこれ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Azuceninaライター

投稿者プロフィール

オペラ歌手・メッゾソプラノ 2013年よりドイツ・トリーア市在住 イタリア、フランス、ドイツを中心に活動中

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る