海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

台湾の病院はこんなにも便利!私が台湾でかかった病院をご紹介します

  • 公開日:
林口の長庚病院

「病気になったらどうしよう」は、日本人が台湾で生活するにあたり最も気になることの一つでしょう。国が変われば制度が変わります。それは病院のシステムなども例外ではありません。

私はもともとワーキングホリデービザを利用して台湾へ来ましたが、ビザの期間中にも現在の労働ビザに切り替えてからも、体調が悪くなり病院へかかったことがあります。

その経験から今回は、台湾で病院にかかるにはどのような手続きを踏む必要があるのかをご紹介いたします。

台湾の健康保険証について

台湾の健康保険証

台湾で就業許可が降りると、台湾の居留証を得ることができるとともに、勤務先の企業から台湾の全民健康保險(日本でいうところの国民健康保険)への加入を申請してもらうことができます。

申請後2週間程度で健保卡(健康保険カード)が届き、それを持って病院へ行けば台湾人と同じ基準で台湾の医療制度を利用することができます。健康保険制度の利用料金については給与に応じて納付金額が異なりますので、下記のサイトでご確認をいただければと思います。(衛生福利部中央健康保險署の全民健康保険ハンドブック)。

日本で病院にかかるときは月初に健康保険証を提示すれば良いですが、台湾で病院にかかる場合は毎回必ず健保卡を持っていかなければなりません。

なぜかというと台湾の病院には診察券の制度がなく、この健保卡の中に病院を利用した履歴がすべて記録されるからです。持っていくのを忘れてしまうと、いくら過去に同じ病院を利用した記録があっても保険の適用外になってしまうので気をつけてください。

一定期間内に健康保険証を持っていけば差額を返金してもらうことができますが、病気が治ったのに病院へ行くのはちょっと面倒です。

風邪をひいたときには耳鼻咽喉科の診療所へ

診療所

季節の変わり目には風邪をひきやすいと言いますが、私も一時期毎週のように風邪をひいていた期間がありました。しかし、ちょっと風邪をひいたからといっておいそれと仕事を休むわけにはいきません。

そういうわけで私は少しでも喉の痛みを感じたら、速やかに近所の耳鼻咽喉科へ行って、喉に薬を塗布してもらっていました。どうして市販の風邪薬を買わずに病院へ直行していたかというと、台湾の診療所の治療費はとても安いからです。

私がよくかかっている耳鼻咽喉科は、診察内容にもよるとは思いますが、風邪の症状程度なら1回の診察料が健康保険を利用して150元(540円程度)です。

この150元の中には薬代も含まれています。診療所で診察を受けたあとに処方箋を持って近くの薬局へ行くと、保険証の提示のみで3日分程度の薬を処方してもらえます。薬局では健保卡を見せるのみで、お金を払う必要はありません。

病院での受診はとても簡単で、直接診療所を訪れて健保卡を提示し、受付を済ませて診察料を払えば、順番待ちのあと医師の診断を受けることができます。

市販の風邪薬を買って服用するのもいいかもしれませんが、同程度の料金を払うならやはり医師に見てもらう方が良いでしょう。

病院でやってもらう消毒と薬の塗布はやはり効き目抜群。職業柄喉を大切にしなければならないということもあるので、風邪をひいた時にはさっさと病院へ行くようにしています。

台湾で歯医者さんにかかるには

歯医者

私は台湾で2度ほど歯医者にかかったことがあります。虫歯治療で歯に詰め物をしてもらった、神経を抜いた、両方の経験がありますが、治療費が安くとても驚きました。

診療費のことを中国語で「掛號費」というのですが、その掛號費が1回の治療につき100元(360円程度)だったからです。

治療した歯は一本のみで、最初は詰め物をしてもらい、それでも痛みが収まらなかったので最終的に神経を抜いてもらった、という流れでした。

神経を抜いたときの治療の内容としては、歯を削り神経を抜いてから詰め物をしてもらいました。全部で3回に分けて治療しましたが、すべての治療が終わってから治療費として100元をお支払いしたのみでした。

もちろん麻酔をかけたからというのもありますが、治療中も治療後も痛くて耐えられないというようなことはなく、かなりスムーズに完了しました。日本に在住している台湾人の方が「日本の歯の治療はなんでこんなに高いのか。

次に帰国したときに歯医者に行くことにする」と言っていたのを聞いたことがありますが、いざ台湾で歯医者さんに通ってみるとまったく頷ける話です。

治療も上手だし親切だし、その上こんなに治療費が安いわけですから。

大きな病院へかかりたい場合は

病院

台湾では街なかにある個人開業の病院や比較的規模の小さい病院を診所(診療所)と呼びますが、それに対して規模が大きいものを醫院(病院)と呼びます。

日本でいうところの総合病院のようなもので、一つの病院の中に様々な診療科があり、設備も充実しているのが特徴です。私が訪れたことがある大きな病院は長庚醫院という病院で、居留証を取得するための健康診断を受けたときに利用しました。

病院にもよりますが、長庚醫院で居留証の健康診断を受ける場合は事前に予約をする必要がありました。

運が良ければ長庚醫院の健康診断実施日に直接訪れて診断を受けることができますが、受診者が多い時には健康診断実施日に訪れても人数オーバーで受け入れてもらえないためです。

また他の診療科にかかる場合にも、当日訪れて診察を受けられることはほぼありません。お医者さんのスケジュールに合わせて予約を取る必要があります。

基本情報

  • 名称:林口長庚紀念医院
  • 住所:桃園市龜山區復興街5號
  • アクセス:MRT長庚醫院駅
  • 営業時間:8:30~11:30、13:30~16:30、17:30~20:00
  • 公式サイト:https://www.cgmh.org.tw/index.htm

台湾で健康診断を受けたい場合

健康診断

日本の企業に勤務していると、労働安全衛生法の定めるところにより1年に1度健康診断が実施されます。

台湾にも同じような形で健康診断の実施を規定する法律(労働者健康保護規則)があるのですが、健康診断実施の頻度としては日本企業より低く、40歳以下の労働者については5年に1度の健康診断が義務付けられているのみです。

しかし、やはり1年に1度は自分の体の健康状態を知っておきたい ……。そう思った時には、直接病院へ行って健康診断を受けましょう。

私が健康診断を受けたことがあるのは輔仁大學付属の大学病院で、予約の必要もなく直接行って受けることができました。

気になる病気の項目ごとに細かく分けて検診を受けることもできますが、私はなるべく多くの検査をまとめて受けたかったので、血液、尿を始めとする体の異常に関する項目を4400元(15,850円程度)で受けることができる検診を選択しました。この金額で全部で30項目の検査を行ってもらえます。

検査項目としては血液、尿とX線で、検査を受けてから検診結果をもらえるまでが3営業日。中国語もしくは英語になりますが、もちろん医師による所見も聞かせてもらうことができます。

ちょっと高額ではありますが、健康だという安心感を得るために思い切って受けても損はないと思います。

基本情報

  • 名称:輔大診所
  • 住所:新北市新莊區中正路510號
  • アクセス:MRT輔大駅 営業時間:9:00〜12:00、14:30〜17:30、18:30〜21:30(土曜は午前のみ、日曜定休)
  • 公式サイト:http://test.clinic.azraelen.net/index.php

ワーホリビザ期間中に病院にかかったときのこと

病院

上記は概ね健康保険証を取得してから病院にかかった時の状況と料金をご紹介していますが、実はワーホリ期間中で健康保険証を手に入れていなかった時分にも一度病院にかかったことがありました。

その時の症状としては胃の痛みと気持ち悪さで、胃薬を飲んでもなかなか良くならなかったというのが病院を訪れた経緯でした。

当時私は輔仁大學の言語センターで中国語を勉強していたので、輔仁大學の付属病院を訪れて医師に診断をしてもらいました。

上記のような不調が出た場合には、台湾では家庭醫學科での診察を勧められます。

日本ではあまり聞かない名前ですが、体に何か不調があるときに気軽に相談することができる、日本でいうところの近所のクリニックのようなものを想像していただくと近いかと思います。その時の診察料は600元(2,160円程度)。

この他に別途薬代を支払いました(こちらの詳細な金額は忘れてしまいましたが、そんなに驚くほど高額ではありませんでした)。健康保険を利用した場合より高額であることは確かですが、決して支払いができないという金額ではないので、大分安心した記憶があります。

健康保険証がないからといって我慢せずに、調子が悪かったら速やかに病院へ行ってしまった方が良いでしょう。

まとめ

病院

以上が私が台湾で経験した医療に関する事柄です。ワーキングホリデー時に受けた診察の項目にも書きましたが、保険適用外でも決して払えない金額の治療費を請求されることはなかったので、そういう面からも台湾は安心して住める国だと思います。

健康保険適用時の医療費など安すぎて、もっと医療費を支払い医療従事者に貢献してもいいと思えるくらいです。

知り合いに数人、医療に従事している方がいるのですが、その方々いわく、台湾の健康保険制度は便利過ぎて医師にとっては悩みの種にもなるそうです。

治療費が安価であるため、時に病院を利用する必要がない人までもが病院に来るからとのことでした。

また台湾の安価で質のいい医療制度を利用するため、何らかの方法で一時的に台湾の健康保険の加入資格を得る人もいるというニュースを聞いたこともあります。

便利だからといって安直に利用しすぎず、必要な時に必要なだけ病院を利用しよう、と思っています。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【台湾転職サイト】未経験からでも台湾就職を狙える転職エージェントまとめ

台湾で働くには?台湾で就職・転職したい日本人向けの仕事と求人の探し方

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. リクルートエージェント
  2. 楽天カード
  3. 海外就職求人サイト
  4. 旅行バッグ
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る