海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

タイのバンコクで働く私が実感している、バンコク5つの魅力

  • 公開日:
バンコク

世界から人気の観光地として有名なタイ。海外からの観光客数は世界ランキングのトップ10入りしたそうです。また、観光目的ではなく仕事をする国としてタイを選択する人もいます。その一人である私は、タイで働き始めて3年以上が経ちました。

私が暮らし働いているタイの首都であるバンコクは、実にさまざまな人種が集まっている国際都市です。そこで今回は、実際にバンコクで働く私から、タイやバンコクの魅力を5つ伝えさせていただきたいと思います。

タイ語をマスターする!トリリンガルのチャンス

トゥクトゥク

海外就職で仕事の進め方に戸惑ったというのはよく聞く話ですよね。タイではそれともうひとつ、言語がストレスになる方が多いようです。

タイでは、現地企業はもちろん日系・外資系企業でもタイ語メインの職場が一般的です。

英語を理解し話せるタイ人は、私が思うに3割ほどだと思います。ということで、日本人がタイで働く場合は日本語、英語、そしてタイ語、3つの言語が必要になります。

タイ語は苦手という方には最初はストレスかもしれません。でも、毎日タイ語をトレーニングできる!日本国内の職場ではなかなか経験できないことです。

自分の可能性を広げ、トリリンガルになるチャンス!これは、タイで働くひとつの魅力だと思います。

ゆとりある暮らしを満喫できる〜理由1.家賃が安い!

タイは衣食住にかかる費用が全般的に安く、そして安いだけでなくクオリティも高い!日本で暮らすよりも余裕を持ち、ゆとりを感じて生活できる。これも、私がタイに惹かれるポイントです。

まずは住居。タイではコンドミニアム、アパートが主になります。首都バンコクであれば日本円で35,000円ほどで満足できる部屋が見つかります。例えば、駅から徒歩10分、約30平米、家具付のワンルームといった部屋がよりどりみどり!

もちろん、一等地にあるような物件であれば日本並み、もしくは日本以上の家賃となります。そういった場所を選ばなければ、一般的には家賃は安い!といえるでしょう。

ゆとりある暮らしを満喫できる〜理由2.食費も安い!

屋台の食べ物

次に食事。外食でも1食150円程度、安くておいしいタイ料理にいやされる毎日です。ぜいたくをしなければ食費も安くおさえることができます。

たまには日本食を食べたいという時、バンコクには日本の食材や食品を扱う高級スーパーも数多くあり安心です。でもやっぱり、日本や海外のものは輸入品なので非常に高いです。外食でも、日本食やタイ食以外をチョイスすると1食1,000円ほど。

でも、日頃がぜいたくなしの節約生活であれば、たまにはそんな日があってもいいですよね。

ゆとりある暮らしを満喫できる〜理由3.そして衣類も安い!

モール

安いといえば衣類も。Tシャツ1枚約350円ほどでクオリティに問題がないものが購入できます。東南アジアの国なので冬がなく、冬服を購入する必要がないのもコストダウンのポイントですね。

デザインもすてきなものばかり、低価格でも思いっきりファッションを楽しんでいます

ストレス管理には旅行!タイ国内はもちろん海外旅行が気軽!

バンコク

日頃のストレス管理には、やっぱり休日の旅行!日本では旅費やお休みの関係でなかなか行くことができませんでした。

バンコクには2つの空港、大きいバスターミナルは3つ、アクセスがよく交通費が全般的に安いのです。長距離バスや飛行機の値段も日本と比べるとずいぶん安く、ホテルも非常にリーズナブルです。

山が好きな人、海が好きな人、温泉が好きな人、それぞれ楽しめる場所がタイにはあります。

また、近隣国に旅行しやすいのも魅力の1つです。マレーシア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、カンボジアなど週末2日間でもゆったり訪れることができます。日本からは少し遠い、インド、スリランカ、ネパールなども気軽に足を伸ばせます。

まとめ

バンコクでは、日本人はまだまだ少数派です。日本人に囲まれて働き暮らす生活とはまったく違ったものになります。

もちろん海外で働くことは簡単なことではありませんが、得るものも数多く存在するものだと実感しています。自己成長につながる経験ばかりの毎日。

ただし、ストレス管理は自分を大事にする重要なポイントです。仕事をしていく自分を支える日常生活、仕事とプライベートのバランスをとりやすいのもここバンコクの魅力だと思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【タイ求人】未経験からでもタイ就職を狙える転職サイトまとめ

タイで働くには?日本人がバンコクの日系企業・外資系企業に就職する方法

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る