海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

アイルランドへの持ち物は?日本から持っていくと便利なモノ・アイテム

  • 公開日:
  • 更新日:

アイルランドに住むとなると、今現在日常的に使っているものが実際現地で手に入るのか非常に不安ですよね。とはいえ渡航の際の預け荷物には限界があり、何を持って行って何をアイルランドで調達すべきかが非常に悩ましいところです。

実際私も色々調べた上で準備をし、アイルランドに渡ったのですが、実際生活していると「わざわざ持ってくる必要なかった」「あれ持ってくればよかった」というものがいろいろと出てきます。

手ぶらできても何でも揃うアイルランドではありますが、そんな中でも手に入りにくいものをカテゴリ別にご紹介します。女性目線ですので一部男性の方には必要のないところもございますがご了承ください。

衣類

衣類

ヒートテック

日本みたいな極寒の時期は無いものの、秋〜冬の期間が長いアイルランド。でもこっちの人は比較的薄着でなのでヒートテックは重宝してます。

特にタイツ!正直トップスは似たようなものがアイルランドでも売ってますが、タイツはまだ見たことがありません。

ワイドパンツ

なぜかこっちで売っているパンツは全部ピチピチのスキニータイプのものばかり。個人的に大好きなワイドパンツはほとんど見当たりません。確かにみんなピチピチのボトムスを着用しているのでこっちでは需要がないのでしょう。

ポケッタブルパーカー/ジャケット

パーカー付きや防水のジャケットはこっちでも売ってます。ですが安価で軽いのはやはり日本で売られているもの(特にユニクロ様)です。

持ち運びに便利なポケッタブルタイプのものはアウトドアショップぐらいでしか見たことがないので1着持ってきておくと便利です。

食品

マーケット

だしの素

コンソメなどの洋風スープはスーパーで売っているのですが、煮干しやアゴなどの和風出汁を使いたくなります。粉末がパックになっているものだったらかさばらないので、お料理する方はぜひお持ちください。

調味料

ほとんどの調味料はアジアンマーケットに行けば揃います。ですが、万能調味料を持ってきておくと簡単にこちらでも懐かしい味が楽しめるので、手荷物に余裕がある方はぜひお持ちください。

「めんつゆ」「焼肉のたれ」は何でも日本の味にしてくれる魔法の品です。

麦茶

緑茶や玄米茶はこちらでも売ってますが、麦茶のパックはなかなか見かけません。友人から手土産でもらって飲んだときはあまりの懐かしさに感動しました。夏には必須です!

インスタント食品

味噌汁、ラーメン、カレーあたりが一番恋しくなります。作ろうと思えば作れるんだけど作っても満足できる味にはなかなかならない。そんな時に救ってくれるのがインスタント食品です。

今日常的に食べているものがあればいくつか持ってき行きましょう。お茶漬けやふりかけも最高です。

医薬品

薬

風邪薬

こっちの薬は基本総合薬です。鼻水用、熱用、喉の痛み用など、個人的に症状の出やすいところをご存知であれば、事前にいくつか持参されることをおすすめします。

私もこちらに来たばかりの時、気候のせいか花粉のせいかはわからないのですが喉をやられ、声が出なくなってしまいました。そうなってしまうと薬局に行っても声が出ないから説明もできないんです。

どうにか身振り手振りでシロップみたいな薬を買いましたが、ぜひ皆様は常備薬だけでもお持ちください

痒みを伴う皮膚炎の塗り薬

土地や気候が変わると悩まされるのが肌荒れです。痒みが伴うことも多くて我慢できずにポリポリしてしまい、さらに肌を傷つけてしまう日々。飲み薬が主流のアイルランドでは、塗り薬は割高

しかもスースーしないので痒みが治まらない…肌が敏感な方は、ボディクリームだけでなく肌用の医薬品もいくつか持ってくることをおすすめします。通常肌の痒みがある方はムヒやラナケインなどの痒み止めがあると役立ちます。

目薬

こちらは乾燥していることと晴れた日の日差しが強いことで目の疲労も日本以上です。当然目薬は薬局で販売しているのですですが、こちらもまた、スースーとした清涼感のあるものがない!

目に刺激を与えて「クーーッ! !」という瞬間が好きな私は何を買っても物足りない思いです。

化粧品

化粧品

整髪ワックス/ムース

こちらの水は硬水なので、どんなにトリートメントを丁寧に行ってもどうしても乾燥して広がってしまいます。どうにかして落ち着かせたい!!と思って探したのですがなかなか見つからないのがボリュームダウン用の整髪料

スタイルキープ用のスプレーや染髪剤ムースは大量にあるのですが、ボリュームダウン用がなかなか見つかりません。ちなみに男性用はワックスがありました。(それもホールドタイプ)

こちらの美容師さん曰く、西洋の女性はもともと髪の毛のボリュームがないことを悩まれる方が多く、ボリュームアップの為に整髪料を使うことが多いみたいなのです。なのでボリュームダウン用の整髪剤は需要が少ないんですね。

通常そのような整髪剤をお使いの方は持参必須です。

化粧落とし

一般的に販売されているのはシートかリキッドウォーターといった拭き取り式です。肌への負担も大きいので、普段ジェルやオイルで落とされている方は、今お使いのものをお持ちいただくことをおすすめします。

あと、重宝するのは「メイクも落とせる洗顔フォーム」。今欲しい!

コンタクトケア用品

こちらは普通に販売されているんです。が、値段が3倍くらいします。余裕があればお持ちください。

日用品

日用品

カイロ

今のところアイルランドで見たことないです。ですが、これからの季節一番役立つもの!昼間は暖かくても夜に気温が下がったり、雨が降り出すと一気に寒くなります。そんな時に常備しておくと非常に便利です。

コロコロ(掃除用)

こちらの家はキッチンやバストイレ以外は全部カーペットのことが多く、基本掃除は掃除機です。でも、ちょっとした食べクズや髪の毛など気になりますよね。

粘着シート付きのいわゆるコロコロは、こちらでは衣類用のハンディタイプしかなく、床用やT字型がありません。空港近くのIKEAにはあるらしいのですが、なかなか出会わないのでこまめに掃除したい方は是非。

私はシェアハウスに住んでいて、時間によっては掃除機をかけづらいので今すごく欲しいです。

ティッシュ

もちろんこっちにもティッシュは売ってます。が硬い!鼻噛んだら痛い…。日本のふわふわティッシュが恋しいです。

西洋人以上に日本人はティッシュを日常使いするみたいなので、こちらにいらっしゃる際に緩衝材代わりにスーツケースの隙間にポケットティッシュをたくさん詰めておくと便利ですよ。

飲食店でもおしぼりなど出てこないので、衛生的にも常備しておいて損はありません。

ファブリーズ(衣類・布用除菌スプレー)

夏が過ぎると晴天が続く日は少なくなり、布団を干したりこまめに分厚い衣類を洗濯できなくなリます。でも日常的に使っている家具や衣類の清潔はできるだけ保ちたい。

そんな時の除菌剤はこちらではほとんど見かけません

私も夏の間はこまめに洗濯したり干したりできたので気にならなかったのですが、曇り空が多い季節になってくると、通常の洗濯物も乾きにくいですし、洗えないものも多く、手軽にメンテナンスできるものがあればいいなあと思っているところです。

マスク

日本では風邪じゃなくても常備している方が多いと思いますが、こちらでは売ってませんし、誰もしてません。街中でしていると完全に不審者に思われるでしょう。

ですが、やはり風邪予防や乾燥防止のには役立つアイテムです。私は室内や飛行機の中など人目にあまりつかない場所で使ってます。

まとめ

正直、手ぶらで来ても生活用品はこちらで見繕うことができますので住むのには困りません。ですが、やはり空気も水も文化も違う国。自分の体や感覚と合わないところが出てくるもの事実です。

慣れるまでは体調を崩したりする方も多く、それで海外生活が嫌になってしまう方も少なくありません。

日本から常用品を持ってくることで、文化の違いのギャップを埋め、心地よく生活できる環境を作る事ができますので、日々が心地よく楽しいものになりますよ!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

ゆか

投稿者プロフィール

英語が大の苦手で自分が海外に住む日がくるとは思ってもみなかった学生時代。十数年の社会人生活を経て、人生も半ばに差し掛かった今、吸い寄せられるように海を渡りました。ただ今アイルランドのダブリンでゼロから英語を勉強してます。
音楽・映画・舞台などのエンタメ狂であるとともに大のNature Loverでもある、好奇心でできた熟女です。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る