Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

フィリピン生活で知っておきたい、フィリピン人特有のジェスチャーの基本

あごで道を教える

国ごとにさまざまなジェスチャーがあります。もちろんそれはフィリピンにもあり、一風変わった印象を受けるものがあります。

日本ではあまりの馴染みのないものもありますが、フィリピン流のジェスチャーさえ知っていれば、あなたはもうフィリピン人の仲間入りです。

今回はそんなフィリピン人の特有のジェスチャーをご紹介します。

口をとんがらせて方角を教える

あごで道を教える

目的地にもう少しなはずなのになかなかたどり着けない。そんなときは遠慮せずに近くにいるフィリピン人に聞いてみましょう。フィリピン人は基本的に親切です。特に外国人に対するWelcomeの心はとても温かいです。

でも、期待するような丁寧な回答はではなく、方角を指指すだけ、いや、口をとんがらせて方角を示してくれるでしょう。フィリピンでは、あっちだよ、そっちだよ、と方角を示すとき、指で指し示すほかに、口をとんがらせて方角を示してくれることを多くあります。

日本人にとっては馬鹿にされているのか?と思ってしまう行動ですが、これはフィリピンでは普通ですので、怒らないでくださいね!

口笛で「プシーっ」と人を呼ぶ

フィリピンの郵便局になどで、局員のおじさんが「プシーッ、プシーッ」と口笛で何かを呼んでいるような光景を見かけます。これは犬を呼んでいるのではなく、実は人を呼んでいるのです。

これはフィリピンでは普通のことなのです。名前の分からない人を呼ぶときや、親しい人にも名前で呼ばないときに、この「プシーッ」と口笛のような音を立てて呼びます。

フィリピン生活に慣れても、口笛で呼ばれることに不快な感覚を覚える日本人も多いようですが、決して相手を馬鹿にしているのではないです。

表情で話す

フィリピン人は表情が豊かで、会話中もさまざまな表情を使ってコミュニケーションを進めます。代表的な2つの表情をご紹介します。

眉毛でYES

眉毛で伝える

何か質問をしたとき、また相手を食事などに誘ったとき、あなたの問いに、「そうだよ」「OKだよ」と言う代わりに、こんな表情だけを返されることも多くあります。

片方の眉毛を上下にグイグイ動かして少し微笑みます。これはYesやOKなどの許可や肯定を表情を使って返事をします。言葉を使わなくても、これだけでコミュニケーションができます。

驚きや、知らないということを伝える表情

表情で伝える

「エーッ,本当なの?」や「えーっ、知らないよ」など、知らなかったことを聞き驚きと同時に知らないということを伝える表情もあります。

目を大きく開けて、口元をへの字に曲げます。言葉を使わずに、知らされた内容に驚いていることを伝えられます。

挨拶は「ご飯食べた?」

日本では「こんにちは」の挨拶に続いて、どんな話題を話しますか?そのときの天気や季節の話から始めて、会話が続いていくと思います。ではフィリピンではどうでしょうか?

ここでは、「こんにちは」の後、通常天気や季節の話題はほとんど話しません。その代わりに「ご飯食べた?」と相手に聞きます。

「食べたよ」と言うと次の話題に。「まだ食べてないよ」と言うと、もし相手のうちにお邪魔しているのなら「じゃあ、まずご飯食べなさい」と、食事の準備をしもてなしてくれるでしょう。

出かけ先ならば、「じゃあ、まずはどこかへ食べに行こうよ」となるでしょう。フィリピンではみんなでご飯を食べること、みんながおなかを満たしていることがよいとされるため、この挨拶があります。

「こんにちは。もう食べた?」もしおなかがすいていたら遠慮なく「まだです」と言って、ご馳走になりましょう。

まとめ

日本ではあまり馴染みのない表情ジェスチャーや習慣があり、最初は戸惑うことがあることでしょう。フィリピン人はこのように顔の表情を豊かにコミュニケーションをすることが多いです。

フィリピン生活に慣れてきたら、試しにやってみてくださいね!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

英語を使って仕事をしよう!フィリピンで海外就職(準備編)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る