Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

これが基本!フィリピン人と距離を縮める簡単フィリピン語(初級)

フィリピン語

フィリピンは、フィリピン語と並び英語が公用語の国なので、片言でも英語ができれば日常生活に困ることはないでしょう。

外国人に対しては、タクシードライバーもストリートベンダーも英語を話してくれますが、やはりフィリピン人同士ではフィリピン語で話します。

「何を言ってるかよく分からないけど、なんだか楽しそう!私もフィリピン語で話したいな!」と思うかもしれませんね!

正しいフィリピン語はガイドブックなどで勉強するとして、今回は「とっさのフィリピン語」」と題して、フィリピンの人々がとっさに口にする簡単な言葉をご紹介します。

英語で話しても、とっさのフィリピン語を加えればフィリピン人に大ウケ!かもしれません。

ポ!(Po)もっとも便利でそして大切な単語

フィリピン語

フィリピンに半年でも住めば、この「Po」は口癖のように出てくるはずです。それほど、フィリピン人との会話の中には多く出てきます。

Poは、日本語の「~です。~ます。」に当たる丁寧な言い方をするときに使います。文章にPoが使われていたら、丁寧さを表現しているのだなと理解できます。

フィリピン語だけでなく、まったくの英会話にもしばしばPoが出てきます。

たとえば、Hello po!  Good morning po! Yes po. などです。

私たちでも簡単に丁寧な言い方で話ができますね。Poをつけるだけで、「フィリピン語ができるの?どれくらいフィリピンに住んでいるの?」とまで言う人もいます。

相手の名前を呼ばず、敬称を使う

相手の名前が分からないとき、または名前知っていても敬称で相手を呼んだり返事をしたりします。

レストランや街中で名前の知らない相手に「ちょっとすみませんが……」と呼びかけたいとします。Excuse meでももちろん通じますが、フィリピンに来たならば現地の人と同じような言い方で話したいですよね!

  • Kuya(クヤ) 若い男性を呼ぶとき。女性が男性を呼ぶとき。
  • Boss(ボス)または、サー!(Sir!) 年上、または役職が高そうな男性を呼ぶとき。
  • Miss(ミス) 若い女性、または若いであろう女性を呼ぶとき。
  • Ate(アテ) 男性が年上の女性を呼ぶとき。

厳密に決まっているわけではありません。自分の立場から相手がどう映るかで、どの言葉で呼びかけるか瞬時に決めます。

女性がタクシー運転手や男性店員を呼ぶときは、大体Kuya!と呼びますし、女性には見た目にかかわらずAte!を使います。男の同僚は、飲み屋へ行くとAte〜と甘えるように店員のお姉ちゃんたちを呼びます。

あなたが会社で役職ある立場で働くことになったらこう呼ばれる

男性ならば、

  • Sir (あなたの名前) と敬称をつけて呼ばれるでしょう。
  • Yes, sir.  と元気よく返事をしてくれます。

女性ならば、

  • Maam (あまたの名前) と呼ばれるでしょう。
  • Yes, maam. と答えてくれます。

フィリピンでは通常ファーストネームやニックネームで呼びます。上司であってもファーストネームやニックネームにこれら敬称をつけて呼びます。苗字で相手を呼ぶことは日常ではほとんどありません。

まとめ

フィリピン語の発音はカンタン!カタカナで書いたとおりに発音すれば通じます。これを知っていれば、フィリピン人との距離感が縮まるとは必須です。フィリピンに来たら使ってみてくださいね!

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る