海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

欧州留学経験者は誰もが耳にする「エラスムス」って結局何?

  • 公開日:
ヨーロッパ

ヨーロッパへ留学したことのある人であれば、ほぼ誰もが「エラスムス」という言葉を聞いたことがあると思います。そして多くの人が「エラスムスって何?」と疑問に思うでしょう。

なんとなく前後の会話で意味は理解したままで、「えーと、結局何だったんだっけ?」と詳細を知らない方が大半なのかもしれません。

ここでは実際にエラスムスに選ばれた私の経験をもとに、どのようなものなのか説明したいと思います。

エラスムスの概要

銅像

エラスムスとは

エラスムスとは、エラスムス計画(The European Community Action Scheme for the Mobility of University Students : ERASMUS)のこと。簡潔に言うとヨーロッパの留学制度の1つです。

大学間で協定を結び、欧州連合(EU)圏内の学生の移動を活発にすることが目的だと言われています。大学にもよりますが、エラスムスをしないと卒業できない学校もあります。

日本では留学というと、「私費留学」「交換留学」「国費留学」といった制度がメジャーですが、ヨーロッパではエラスムスが最もよく使われます。そのため、「エラスムスをする=留学する」という意味で使われることもあります。

多様化するエラスムス

ヨーロッパ

日本人も利用可能な制度

では、「なぜEU間の留学制度であるエラスムスを日本人の私が使えたのか?」ということになるでしょう。実際に私はヨーロッパの大学ではなく、日本の大学に所属しています。

もちろん、正規学生としてEU域内の大学に所属している日本人もエラスムス制度を利用できます

ここ数年でエラスムスは多様化しておりEU域外にも広がってきています。EU域外の学生が参加できるエラスムス制度をエラスムス・プラス(Erasmus+)といい、この制度を利用して私はヨーロッパに留学しました。

またエラスムスには留学以外にもさまざまな種類があります。インターンシップ、教員や国際交流のスタッフの移動も含まれます。インターンシップは大学で自分の母語を教える人からラボで働く人まで、あらゆる人と出会いました。

期間も人によって全く異なります。私の場合は半年間でしたが、1年の人もいれば数週間の人もいます。期間は自分で選ぶのではなく、募集要項に書かれています

学費無料・奨学金あり

どこに行くかや何をするかによって金額は変わりますが、基本的に奨学金が給付されます。いろいろな人に話を聞いたところ、留学よりもインターンシップの方が多く奨学金を受け取れることが多いようです。ちなみに上限はありますが、EU域外からの参加であれば航空券代も出ます。

学費も払わなくてよいので、金銭面で留学が難しい人にとっても非常に魅力的な制度だと言えるでしょう。奨学金の金額もEU域外の学生の方が圧倒的に多いです。同じ大学でエラスムスをしていたフランス人の友達よりも、自分が3倍の額を受け取っていると知ったときには驚きました。

私の場合は往復航空券は実質負担1万円ほどで買えました。物価の安い街に留学したため、家賃や食費、遊ぶお金を出してもまだ余るくらいの奨学金を受け取っていました。

エラスムスに選ばれるまで

飛行機

では、エラスムスとして留学するまでの選考や手順について説明します。

自国・留学先の審査の受け方

私は通っている日本の大学のポータルサイトでエラスムスが募集されているのを見つけました。まずは学内の選考があります。これは大学によって選考方法は変わりますが、基本的には書類や面接での選考だと思います。

その後、協定先の大学による選考があります。英語で書いた志望動機、Euro cvvと呼ばれるEU域内共通の形式の履歴書、個人情報の書類を提出します。提出はすべて協定大学のホームページを通して行いました。時差があるので締切には注意しましょう

ネット申請とビザの準備の注意点

履歴書はインターネット上で制作でき、PDFとしてダウンロード可能です。TOEICなど資格があればその証書をPDFで添付できるので、きちんと保管しておくといいでしょう。必要不可欠ではありませんが、英語圏以外の場合、その国の言語の資格があればアピール・ポイントになると思います

その後、合格していれば協定大学からメールでお知らせが届きます。日本人が90日以上ヨーロッパに滞在する場合は学生ビザが必要となるので、急いで準備に取り掛かりましょう。

基本的にエラスムス締結大学は同時に多くの学生を受け入れるので、ビザのための書類は大学から出してもらえることが多いです。

エラスムスのルールについて

教科書

必ず必要な習得単位数は

まず、単位は25~30ECTS取得しなければなりません。ECTSとはヨーロッパ共通の単位で、エラスムス制度のために作られました。

ではいったいどれくらい授業があるのかというと、私の場合は週4時間の授業を5つでした。講義系か実技系かで5ECTSか6ECTSか変わるようです。1つの授業につき週4時間というのはどこも同じですが、私の留学した大学では1コマ2時間でした。

大学によっては3時間と1時間に分かれるなどさまざまです。

これに加え、私の大学では現地語の授業も選択可能です。後述しますが、英語でのサポートがあるとはいえ、やはり普段のコミュニケーションなどを考えると現地語を知っている方が楽ですよね。語学の授業は授業料を払わないといけませんが、エラスムスの学生だけは半額以下ととてもお得でした。

もし単位を落としてしまったら

単位取得ということは、もちろんテストやレポート課題が必須です。もし単位を落とした場合は、再試験を留学先か本来の大学で受けられます。ただ日本はまだあまりエラスムスがメジャーでないため、留学先の授業の再試験に対応していることは少ないでしょう。

1つ落としたくらいで卒業に関係ない、という方もいるかもしれません。その場合はそれでも大丈夫です。しかし大学のホームページには「単位を落とし過ぎると(具体的に何単位とは書いてありませんでした)、奨学金の返還を求めることもあります」と書かれていました。

このように週20時間の授業と語学の授業がある上、日本語ではない環境。日本にいるときより勉強しないと、すぐに単位を落とすことになりかねません。実際私は、平日はほぼ毎日図書館で勉強していました。

エラスムスのメリット

夕日

ここまでエラスムスの厳しさについて書いてきましたが、もちろん得られるものもすごく多いです。私が半年間の留学を通じて何を得たのか説明します。

とにかくたくさんの人に出会えます。私のエラスムス初日はオリエンテーションから始まりましたが、同じ大学で同じ学期の留学生がなんと200~300人もいるのです。国もさまざまで、欧米からアジア、中東や中南米と本当に世界中の人と知り合えます

さらに現地の大学生ボランティアによるエラスムスのイベントが定期的に開かれます。お酒を飲むパーティーからスポーツ大会、社会貢献活動まで本当に幅広いです。このイベントはエラスムスであれば誰でも参加できるので、学生だけでなくインターン生とも知り合いました。

私はそこで知り合った人と仲良くなり、週末にはホームパーティーをしたり旅行をしたりと、忙しい留学生活の中で楽しい思い出もたくさん作ることができました。

語学留学にあらず

教科書

自分の専攻分野の視野を深める

私が最も声を大にして伝えたいことは、「エラスムスでの留学は語学留学ではない」ということです。

エラスムスでの留学は「自分が勉強していることを外国で学び、同時にその学問が自国とどう違うのかを知る。外国での生活を通して文化を知る」ことが目的だと言えるでしょう。これらを知ることで、将来外国に出ることのハードルが下がります。

このようにして、欧州連合(EU)圏内・圏外の人々の交流や移動を活発にするという本来の目的にたどりつくのです。

すなわち自国で法学を勉強している人は法学を、経済の人は経済を選択します。もちろん学問を変えることもできますが、たいていの学生が留学先での取得単位を本来の大学で交換して卒業に役立てています

英語のサポート体制もあり

ヨーロッパの大学はエラスムスの受け入れに慣れているところが多く、そのような大学では英語圏でなくとも英語でのサポートがしっかりしています。授業で使われる教材が英語だったり、テストやプレゼンテーションは英語でよかったりします。

だからこそ、「○○語は話せないから」と尻込みせずにどんどん挑戦してほしいです。特に日本では「留学=文系」というイメージが強いですが、エラスムスは理系学生にもチャンスだと私は考えます。特にエンジニアはヨーロッパでは待遇が良いので、この制度を利用して将来にも役立てられるでしょう。

まとめ

エラスムスを終えてみて、海外に住むハードルが以前よりもずっと下がりました。厳しい授業を乗り越えたこと、新しい文化を経験できたこと、素晴らしい友人ができたことなど、さまざまな要因があります。

しかし何よりも、コミュニケーション能力がついたことが一番大きいと思います。この留学で3言語を習得したことに加え、外国語でも自分の意見を堂々と言えるようになったのは大きな財産です。

厳しい中で得られるものも多いエラスムス。ぜひこれを見て参加してみようと思う人が増えたらと思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外留学のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. グッドポイント診断
  2. シティ
  3. 楽天カード
  4. 旅行バッグ
  5. リクルートエージェント
ページ上部へ戻る