海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

あなたに合ったオーストラリアのビザはどれ?代表的な5種類のビザ

  • 公開日:
オーストラリア

オーストラリアには色々な種類のビザがあります。観光にも語学学校で勉強をするのにも就労のときも、滞在するときは必ずビザが目的に合わせて必要です。

ビザの残り期間が原因で母国に帰ったり、国外へ出たり、不法に滞在する移民も少なくありません。簡単に取得できるビザもありますが、中には難しい条件があったり、取得までに長い時間がかかるビザもあります。

今回はこの記事で、オーストラリアの代表的な5つのビザについて記述します。今後の参考になると幸いです。※1豪ドル=約74.82円(2019年1月)

観光ビザ

パスポート

オーストラリアで観光ビザはETAS(イータス)(ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEMの略)と呼ばれる電子ビザのことを表します。

3ヶ月以内の滞在であれば手続きをすれば、簡単にこのビザが取得できます。こちらがオーストラリアに入国するための許可証のようなものです。申請して1週間以内には発行されます。

このビザの申請をすると、申請者の基本情報(名前、生年月日、パスポートナンバー)がオーストラリアの移民局に送信されて、許可が出れば登録が行われ、オーストラリアに入国することができます。

1度取得してから1年間有効です。ETASはオーストラリア移民局のサイトから申請すれば無料で行えます。ただし、その際にシステム利用手数料が20ドルかかります。

学生ビザ

学生

学生ビザは、オーストラリアの教育機関で3ヶ月以上勉強をするときに申請するビザです。オーストラリアが指定する教育機関のコースを週25時間以上受講する必要があります。

学生ビザは、教育機関で80%以上の出席率を保ち続けないといけません。また、コースの開始日より3〜4ヶ月前にビザの申請が必要です。ビザ発給には申請してから約1ヶ月かかります

申請の時に約575ドルかかります。支払い時にクレジットカードが必要です。移民局のサイトからアカウント登録をして申請します。

学生ビザ申請に必要なもの

  • パスポート
  • 入学許可証
  • 海外留学健康保険加入
  • クレジットカード

学生ビザの延長をするときは同じ手続きが必要になります。

ワーキングホリデービザ

ビーチ

ワーキングホリデーというのは、若者に就労の機会を得るための休暇を与え、滞在費を賄うために働くことを認める制度です。年齢制限があり、ビザ申請時に18歳以上30歳以下である必要があります。

このビザを取得すると、オーストラリアに1年間滞在することができます。ビザが許可されるのにかかる日数はおよそ2〜3日です。申請したその日のうちに許可されることもあります。

申請時に約450ドルかかります。申請時に必要なのはパスポートとクレジットカードです。

ワーホリビザで最大3年間滞在できる?

ワーキングホリデーで、指定されたファームで88日以上従事して申請するとセカンドビザが取得できます。

さらにセカンドビザで、指定されたファームで半年以上従事するとサードビザが取得できます。(2019年7月1日より施行予定)

パートナービザ

パートナー

パートナービザとは、オーストラリアで永住権もしくは市民権を持つパートナーがおり、その人と永続的な関係(同棲、結婚など)を結び、長期的に住む予定のある人に与えられるビザです。

最近はビザ目当ての結婚が増加しており、ビザ取得が年々厳しくなってきています。パートナービザはいくつか種類があり、パートナーとの関係性や、オーストラリア国内からの申請か、国外からであるかによって、申請するビザが変わってきます。

事実婚状態で申請をすることになると、Subclass820という種類のパートナービザを申請する必要があります。費用は約7160ドルです。

個人差がありますが、ビザを取得するまでに2年程度かかることがあります。

就労ビザ

ビジネス

就労ビザがあると、オーストラリアで働くことができます。長期で働きたいとなると、長期就労ビザ(Subclass457)の取得が必要です。企業がスポンサーになりビザが発行されます。

このビザがあると、将来的に永住をしたい場合に有効です。最大4年間滞在できます。英語力と、オーストラリアで必要としている技術、スポンサーとなる企業に貢献できる専門技術が必要です。

オーストラリアでは現在移民に対して厳しくなってきており、就労ビザの取得は難しくなっています。現地の教育機関(大学、大学院、TAFEと呼ばれる職業訓練校)を卒業して、就職してスポンサーを見つけるのが早い道のりです。

まとめ

オーストラリアには様々な種類のビザがあります。どれも申請が必要であり、正しく申請できていないと却下されてしまいます。

将来的に永住権に繋がる可能性のあるビザもありますが、近頃は移民が敬遠されていることにより、ビザの取得が前ほどスムーズではなくなってきました

しかし正しい手順を踏んで、ビザを取得している人は多く存在します。もしオーストラリアに何らかの理由で住みたいのであれば、これらのビザ取得に挑戦してみましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

オーストラリアで働くには?日本人がオーストラリアで日系・外資系企業に就職する方法

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 旅行バッグ
  2. グッドポイント診断
  3. 楽天カード
  4. 海外就職求人サイト
  5. リクルートエージェント
ページ上部へ戻る