海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

アイルランドの物価は安い?高い?旅行にはいくらくらい必要?

  • 公開日:
アイルランド

アジア旅行に比べるとはるかにお金のかかるヨーロッパ旅行。アイルランドはヨーロッパの中でも物価が高いので、旅行にはある程度お金が必要になります。実際生活してみると安く抑えられる部分もあるのですが、旅行となると話は別です。

今回はアイルランドの物価の具体例を挙げながら、旅行にいくらくらい必要かを紹介します。

※1ユーロ=約123円(2019年5月)

アイルランドの物価とレート

アイルランド

アイルランドは欧州連合(EU)加盟国なので、通貨はユーロになります。2019年5月現在は1ユーロ=約123円で、近年は120~130円で落ち着いています。

買い物したらVATは還元しよう!

アイルランドのほとんどの商品にはVAT(付加価値税)が加算されています。日本の消費税のようなもので、税率は約23%です。

ただし、旅行者ならVATは還元されます。30ユーロ(約3,690円)以上の買い物をした場合は、各ショップのレジで「Tax free, please」と自分で申請しましょう。

お土産店ならお店側から教えてくれることもありますが、普通のお店では自分から言わないと何もしてもらえないこともあります。旅行者だと証明できるように、パスポートは持参してくださいね。

VATの注意点

食料品はVATが加算されていないので、スーパーマーケットでの買い物では申請できません。

VATの還元方法は他の国と同じですので、空港の税関で記入済みの書類を提出しましょう。

アイルランドの物価はどれくらい?日本と比較してみよう

ワイン

VATが加算されているからか、アイルランドで買い物をすると日本より高いと感じることがあるかもしれません。しかし、スーパーマーケットの食料品は、日本より安いような気がします。

ペットボトルの水

  • ボルヴィックなどの有名メーカー(500ミリリットル):定価約1〜1.5ユーロ(約123〜185円)

日本も同じですが、コンビニで買うよりスーパーマーケットで買う方がお得なことが多いですよね。

アイルランドも小さなコンビニのような店は定価ですので、大きなスーパーマーケットで買う方がお得です。自社ブランド(PB商品)だと50セント(約62円)くらいで買えます。

缶ビール

  • ギネスビール(500ミリリットル):約2ユーロ(約246円)
  • ハイネケン(500ミリリットル):約2ユーロ(約246円)
  • アサヒビール(620ミリリットル):約3.5ユーロ(約431円)

缶ビールは日本より安いです。さすがビール大国です。

ちなみに、アイルランドには発泡酒はありません。最近はクラフトビールが大流行でスーパーマーケットにもたくさんの種類がありますが、既存のメーカーより少し高めです。

マクドナルド

  • ビッグマック単品:3.8ユーロ(約467円)
  • ビッグマック・バリューセットMサイズ:6.35ユーロ(約781円)

アイルランドは外食が高いので、ファストフードでもやはり高く感じます。

アイルランドの物価:食事

アイルランド

旅行中はほぼ毎回外食になりますが、アイルランドは外食が高めです。ランチは比較的お値打ちなので、ランチにしっかり食べてディナーは軽めに済ますなどの工夫をすると食費が抑えられるでしょう。

中華系やピザなどは、ランチとディナーの値段の変化があまりないので、ディナーだとお得感があります。

地元のレストラン

  • ランチのメイン:10〜15ユーロ(約1,230〜1,845円) 
  • ディナーのメイン:15~20ユーロ(約1,845〜2,460円)

前菜やデザート、飲み物を頼むとさらに高くなります。

ディナーは2コース(約20ユーロ)や3コース(約30ユーロ)のセット、アーリーバードメニュー(Early bird menu)と言って、午後5~7時の間はお値打ちのセットメニューを用意しているレストランもあります。

お店の外にメニューが出ていれば、しっかり見て参考にしてみるといいでしょう。

ディナーの場合は、5〜10%ほどのチップも払った方がスマートです。必ず払わなければいけないわけではありませんが、雰囲気のいい高めのレストランでは払った方がいいでしょう。

日本食レストラン

ラーメン

  • ラーメン:11〜15ユーロ(約1,353〜1,845円) 
  • 弁当セット:15〜20ユーロ(約1,845〜2,460円)

私は家族4人で春休みにダブリン旅行へ行き、ランチに気になっていたラーメン店に行ってきましたが、4人で38ユーロ(約4,674円)でした。ちなみに、子供たち2人は子供サイズのラーメンです。

やっぱりアイルランドでの日本食は、どうしても高めです。

カフェやパブ

  • スープ&サンドイッチセット:5~6ユーロ(約615〜738円)
  • コーヒー:約3ユーロ(約369円)
  • パイントビール:約5ユーロ(約615円)
  • チップス(フライドポテト):約3ユーロ(約369円)

アイルランドの物価:交通

バス

アイルランドでは、電車よりも断然バスに乗る機会が多いと思います。ダブリン市内はもちろん、他の都市への移動もバスの方が便利で本数も多くあります。

電車

  • ダート(ダブリン近郊電車):2.7ユーロ〜(約332円〜)

バス

  • ダブリン・バス:2.15ユーロ〜(約264円~)
  • 高速バス ダブリン〜ゴールウェイ間:約20ユーロ(約2,460円) 

リープカード

バスや電車を多く利用する予定なら、観光客用の「リープカード」を買った方がお得です。日本のスイカのようなICカード乗車券で、現金で払うよりも20%ほど安くなります。

1日/3日/7日用のカードが購入できますが、買える場所が限られています。ダブリン空港か、ダブリン市内のビジターセンターやイーソンズという書店などで、事前に計画して購入が必要です。残念ながら、高速バスには利用できません。

タクシー

  • 初乗り:4.5ユーロ〜(約554円〜)

ちょっとした移動にはタクシーを使うこともあるかもしれませんね。アイルランドのタクシーは、観光客だからと多くお金を取られることもまずありませんので安心です。

アイルランドの物価:ホテル

ホテル

ここでは、首都ダブリン市内の値段を紹介します。地方都市はもう少し安めです。

  • ホステル:15〜30ユーロ(約1,845〜3,690円)
  • 手頃な価格帯のホテル(シングルルーム):70〜100ユーロ(約8,610〜12,300円)(B&Bを含む)
  • 星付きホテル(シングルルーム):120ユーロ〜(約14,760円〜)

2019年6月の宿泊状況を調べたので、繁忙期の値段に近いです。冬場などの閑散期は少し安めになります。

家族でホテルに泊まる場合は人数での料金でなく室料なので、数が多いほど日本より安いですが、シングルルームやダブルルームはそんなに安くありません。

アイルランドの物価:娯楽

アイルランド

  • ブック・オブ・ケルズ(トリニティ・カレッジ・ダブリン図書館):11〜14ユーロ(約1,353〜1,722円)
  • ギネス・ストアハウス:18.5ユーロ(約2,276円)~
  • ダブリン動物園:17.5ユーロ(約2,153円)
  • ダブリン城:8ユーロ(約984円)
  • モハーの断崖:8ユーロ(約984円)
  • カイルモア修道院:14ユーロ(約1,722円)
  • 映画:約9.5ユーロ(約1,169円)

すべて大人の入場料です。オンライン予約や団体・家族なら割引がある場合が多いので、事前にチェックするといいでしょう。しかし、全体的にアイルランドの観光施設の入場料は高めです。

博物館や美樹館は無料の施設もあるので、バランスよく観光プランを考えると少し出費が抑えられます。

たばこを吸う人は要注意!

娯楽というより嗜好品ですが、アイルランドはたばこがとても高いです。約13ユーロと、日本円に換算すると1,600円近くします。たばこを吸う人は免税店でまとめ買いするなどして、アイルランドでは買わなくてもいいように工夫してくださいね。

また、レストランやパブ内はどこも禁煙ですので、気をつけてください。

アイルランドへ旅行するならいくら両替すべきか?

お金

アイルランドの通貨はユーロなので、日本の銀行や郵便局でも両替できます。もちろん現地についてからも空港や銀行で両替できますが、私の経験上レートはどちらの国でも大きな違いがないと感じました。

10日滞在するなら、15万円は必要

ホステルに泊まるのであれば、1日に使うお金は15,000円でやりくりできます。ホテルに泊まるとちょっと厳しいかもしれません。

アイルランド国内を移動したり観光施設に多く行くと、バス代や入場料でもう少しお金がかかるかもしれませんし、お土産の量や高めのレストランへ行くなど贅沢をしたいと思うとさらに予算が必要です。

逆に、キッチンのあるホステルやアパートに滞在して自炊を増やすと、食費がかなり抑えられます。

※この価格に飛行機代は含まれていないので、飛行機代と海外旅行保険を考えると10万円はさらに必要です。

現金は少なめで、クレジットカードを利用しよう!

両替は手数料が難点で、通常5〜10%は取られます。アイルランドは日本よりもカード社会ですので、滞在費の全てを現金にするのではなく、現地でクレジットカードを使った方がお得です。

クレジットカードの手数料は、クレジット会社によりますが平均1.5%ほどです。両替するより断然安いので、ホテル代や買い物、レストランはほとんどクレジットカードで大丈夫でしょう。

ちょっとした買い物やレストランでのチップ、バスやタクシーは現金が必要なので、5万円くらいは両替をした方が安心だと思います。

まとめ

アイルランドは生活するうえでは日本と大きな差はありませんが、旅行となると物価が高く感じます。観光施設の入場料やレストランが日本より高いためです。

有名な絶景スポットも車が必要な場所が多いので、レンタカーやバスツアーに参加したりと交通費もかかります。

しかし、せっかくの旅行ならケチケチしたくないですよね!抑えられるところは抑えつつ、おいしいお酒や食べ物、絶景をぜひ楽しんでくださいね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

kyma

投稿者プロフィール

アイルランド/ゴールウェイ在住。ゴールウェイにて留学経験後、
アイルランドへ移住。
アイルランドにて日本食屋台やアニメフェスティバルでお仕事をする。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 楽天カード
  2. 海外就職求人サイト
  3. リクルートエージェント
  4. グッドポイント診断
  5. 旅行バッグ
ページ上部へ戻る