海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

韓国旅行の必需品!韓国で必要な変圧器と変換プラグはこれだ!

  • 公開日:
  • 更新日:
変圧器

海外に行く際、言葉や食事など様々なことが日本と違うので、あらかじめある程度は調べて準備しておく必要がありますよね。そのうちの一つが電化製品の問題だと思います。

電池で動くタイプのものはいいですが、コンセントをさして電源をとるタイプの製品は渡航先でも日本と同様に使えるのかを知っておかなければなりません。

今日は韓国で日本の電化製品を使用する方法をレポートします。韓国に行く前の持ち物チェックにぜひお役立てください。

韓国の電圧

電線

「電圧」とは読んで字のごとく、電気の圧力、つまり「電気を押し出す力」のことです。単位はボルトで、書くときは「V」で表示されます。

ところでこの電圧、世界共通でどの国でも日本と同じ100Vだといいのですが、国によってまちまちです。それで、海外旅行をする際には渡航先の電圧が何Vなのかをあらかじめ調べておかなければなりません

たとえば日本の電圧は100Vですが、韓国は220Vです(一部のホテルなどでは110Vのところもあるようです)。

電化製品の場合、プラグの周辺に対応している電圧が表示されているので、何ボルトに対応しているか確認してみましょう。

韓国のコンセントプラグの形状

プラグ

韓国のコンセントプラグのピンは日本のように平たくなく、円筒形のピンが水平に2本ついています。

日本のような平たいタイプを「Aタイプ」といいますが、韓国のような円筒形のピンタイプには「SEタイプ」と「Cタイプ」の2種類があります。一見同じなのですが、ピンの太さに若干の違いがあり、「SEタイプ」は直径が4.5ミリ、「Cタイプ」は直径が4ミリです。

とても些細な違いですが、それを知らないまま電気屋さんで韓国対応の変圧器を買って行った私は、このピンタイプが違っていたせいでちょっと不便な思いをしました。

ピンタイプが違ったら……

韓国は少しだけ太い「SEタイプ」なのですが、私の買っていった変圧器のプラグタイプがそれより細い「Cタイプ」だったため、実際使ってみたらしっかりはまらずにぶかぶかなのです。

接触がよくないので、電気の伝わりも悪く、その変圧器をオーディオ機器につないで音楽を聴いていると、ひじがちょっと当たっただけでも電源が切れたりしていました。

プラグ

ですが、万が一間違って買ってしまった場合でも心配はいりません。少しぶかぶかでも使えないことはないし、上の写真のような「SEタイプ」と「Cタイプ」の付け替え用のプラグを買って、変圧器のプラグの先にさして使えば問題ありません。

韓国で変圧器は必要?

変圧器

変圧器とは、文字通り電圧を変えるための機器です。

日本は100V、韓国は220Vと電圧が違います。日本国内でのみ使用することを想定して作られているような電化製品(たとえばCDラジカセやDVDプレーヤーなど)は、通常100Vの規格で作られているため、220Vの韓国ではそのまま使うことができません。

そんな100V専用の電化製品を電圧の違う外国でも使用できるようにするのが変圧器です。

私は電気屋さんで買いましたが、オンラインでもたくさんの変圧器を販売していますし、前もって買うのを忘れてしまった場合は空港でも購入することができます。値段はだいたい2,500円以上です。

韓国で注意すべき電化製品

変圧器

たいていの日本の電化製品は、変圧器を介してコンセントにつなぐことで外国でも使用することができますが、一部、変圧器を介しても使用できないものがあります。

その代表的なものがドライヤーです。ドライヤーのほかに、衣類用のアイロンなども要注意です。基本的に熱を発生させる電化製品は消費ワット数が高く、変圧器の規格をオーバーしてしまうため変圧器が使えない、と考えて間違いありません。

消費ワットって何?

ワットというのは「W」で表記され、「その電化製品がどれほどの電力を消費するか」を表す単位です。どんな電化製品にも「消費電力何W」と書いてありますが、ときには「W」の代わりに「VA」と表記されている場合もあります。

変圧器

上の写真は変圧器の裏を撮ったものですが、中央より少し下あたりに「100VA MAX」とあります。これは「100VA」つまり「100W」までの電化製品しか使えません、という意味です。

それを超えるワット数の電化製品は使えないので、日本から持ってくる電化製品のスペックを確認して、変圧器が使える最大ワット数より低いかどうかを確かめてください。

海外電圧対応ドライヤー

なお、ドライヤーに関しては、海外旅行用に対応電圧を幅広く設計されているものも電気屋さんやオンライン、空港などで売っているので、別に購入されるといいと思います。値段は1,600円から4,000円くらいです。

韓国で使える変換プラグ

プラグ

変換プラグというのは、コンセントの先のピンの部分だけを渡航先のコンセントタイプに変換するものです。つまり、日本の平たい2本のピンを、韓国の丸い2本のピンに変えるものです。

プラグの先にさして使うだけなので、コンパクトで軽く、値段も変圧器に比べるととっても安いです。シンプルなものならダイソーでも手に入ります。

USBポートがついていたり、海外どこの国にでも対応しているようなものだと値段が少し高くなるので、価格帯は100円から2,000円くらいです。

どんなときに使うの?

この変換プラグを使うのはいつか、というと、220Vにも対応している電化製品を使うときです。

コンセント

上の写真は日本で買ったデジタルカメラの充電器です。中央あたりに「定格入力 AC 100V-240V」とありますが、これは「100Vから240Vまで対応しています」という意味で、100Vの日本ではもちろん、220Vの韓国でも変圧器を使わずに使用することができます。

でも日本と韓国ではコンセントプラグの形が違いますよね。ここで必要なのが変換プラグです。

コンセント

使い方は簡単、コンセントプラグの先に「変換プラグ」をさすだけです。

渡航先でもよく使うもの

実はスマホやデジカメ、ノートパソコン、電気カミソリなど、よく海外旅行に持っていく電化製品の充電器はだいたい100Vから240Vくらいの電圧に対応するように作られています。

これらの製品を韓国で使う場合は、電力規格を確認したうえで220Vにも対応していれば、プラグの先に変換プラグをさして、そのまま壁のコンセント穴にさして使うことができます。

逆もまたしかり

逆に言うと、韓国で買った電化製品も100Vに対応しているものであれば変換プラグ1つ持っていくだけで、日本でも使用することができます。

チャージャー

写真は韓国のスマホ充電器です。ご覧のように100Vの電圧にも対応しているので、私は日本に帰る際Aタイプ(日本のように平たいピンが2本あるプラグタイプ)の変換プラグを持っていって充電します。

まとめ

韓国で日本の電化製品を使いたいときは、まずその製品の規格を確認しましょう。220Vに対応していれば、変換プラグをさせば韓国でもそのまま使用できます

100Vにしか対応していないものなら消費ワット数を確認します。変圧器の最大ワット数以上なら使えませんが、それ以下であれば変圧器を介して使用できます

渡航前の持ち物チェックで持っていく電化製品の規格を確認して、変換プラグや変圧器などが必要であれば前もって購入しましょう。しっかり準備をして、快適な韓国旅行を楽しんでください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【韓国求人】韓国就職したい日本人向けの求人サイトまとめ!韓国での働き方や暮らしの関連情報も

韓国で働くには?日本人の韓国就職・転職まとめ(職種、職業、給与、求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る