海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

韓国で格安スマホを買うなら、安さと信頼の郵便局代行で

  • 公開日:
ウェブサイト

「スマートフォン(スマホ)」の登場でいつでも連絡を取り合うことのできる私たち現代人にとって、海外に来て何よりも困るのは通信手段ではないでしょうか。

2、3日観光に来ている場合はしばらくの不便も我慢できますが、海外に長期滞在の方は現地でスマホを購入する必要が出てくることもあるかと思います。

今日は韓国でスマホを買う予定の方にぜひ教えたい、安くて信頼できる郵便局の「알뜰폰(アルトゥルポン)」をご紹介します。

※1,000ウォン=約100円(2019年11月現在)

韓国の3大通信社(キャリア)

携帯キャリア

韓国にはKT、LG U+(エルジー・ユープラス)、SKテレコムの3つの大手キャリアがあります。それぞれに特色あるサービスを持っていて、どこの会社が特にいいということはありません。携帯を作りたいときは、自分のニーズに合わせて一番いいと思えるところで契約します。

上の写真はKTの公式代理店です。KTの中には、以下のように「olleh G(オーレ・ジー)」という看板を出しているところもあります。両方とも同じ、KTの公式代理店です。

携帯ショップ

この3社の公式代理店で契約をするメリットは、なんといっても大手なので安心・信頼できることです。また、全国どこにでも代理店がある上に、日本人の多く住むソウルなど大都市では至る所に店舗があるので、何かあればいつでも訪問して問題解決できます。

さらに契約時に、スマホケースや液晶保護フィルム、充電器などのプレゼントもしばしば。そして、開通時に古いスマホの中に入っているアドレス帳や写真などのデータを新しい方にその場で移してくれるので、データの移動を自分でする手間が省けます。

また、店舗に在庫のある機種の場合は、訪問時契約と同時にそれを受け取ることができます。

携帯ショップ

上の写真はLG U+(エルジー・ユープラス)の店舗ですが、看板は「U+ SQUARE(ユープラス・スクエア)」となっています。

携帯ショップ

こちらがSKテレコムの代理店です。看板には「T WORLD」と表示されています。

新規加入するときも機種変更をするときも、お店を訪問すれば親切に料金プランの設計を手伝ってくれます。

反対にデメリットとして挙げられるのは、料金プランがすべて高めであることです。安いプランで9,900ウォン台のものなどもありますが、無料通話や無料データがまったく提供されないことなどを考えると、あまり実用的ではありません。

알뜰폰(アルトゥルポン)とは

携帯ショップ

この3大通信キャリアのデメリットを補ってくれるのが、日本の格安スマホに当たる「알뜰폰(アルトゥルポン)」です。

通信網を持っていない会社(MVNO)が、この3社の通信網を借りて販売しているモバイル・サービスで、MVNOによって3社すべてと提携しているところもあれば、1社だけと提携しているところもあります。購入するには、携帯ショップと呼ばれる携帯電話販売代理店に行きます。

普通大手3社でスマホを開通すると2年間の「縛り期間」が発生し、基本料金の割引を受けられる一方、その期間内に解約すると、違約金といってその間受けていた割引分を返納する義務が生じます。ところが格安スマホはほとんどの場合、そのような「縛り」がありません

郵便局が販売する格安スマホ

スマートフォン

格安スマホ事業を展開している会社はいくつもありますが、規模は大手3社のように大きくないので、格安スマホを販売する直営の店舗はありません。すべて携帯電話販売代理店を通して、あるいはオンラインでの販売となります。

そのような代理店の一つが、郵便局です。郵便局のすべてで格安スマホを販売しているわけではなく、やっていないところもあるので、訪問前に格安スマホを扱っている郵便局をホームページで確認してください。

格安スマホ販売郵便局を探すなら:

https://www.epost.go.kr//comm/alddl/alddl06k001.jsp

加入方法

スマートフォン

私は、5年前初めて郵便局の格安スマホに加入しました。個人経営の携帯代理店よりも気持ち的に入りやすかったためです。

そのときのスマホがもう古くて不便になってきたので買い替えることにしましたが、今回もまた郵便局の格安スマホを利用しました。

それではここからは加入方法をご紹介します。

まずホームページで確認

まずは郵便局のホームページで、どんな機種や料金プランがあるのかを確認します。郵便局は代行販売をしているだけで、携帯の専門店ではありません。

販売しているスマホのメリット、デメリットを専門家のように詳しく説明できるわけではないので、スペックを知りたい人や、いくつかの機種を比較したい人はあらかじめホームページで、販売中のものをみておくことをおすすめします。

料金プランにもさまざまなものがあります。似たようなサービスでもMVNOによって料金が違うことがあるので、ひと月の料金だけでなく、そこに含まれるサービス内容をしっかり確認する必要があります。

また、オンラインでのみ加入が可能な料金プランもあるので、よく考えて決めたい方には郵便局訪問前のホームページ確認は必須です。

郵便局格安スマホ販売ページ:

https://www.epost.go.kr/comm.alddl.noticeList.comm

ホームページで加入申請

法定公認認定書がある場合はオンライン上で契約まですることができますが、それがない場合はオンライン上での契約はできません。ホームページで加入申請をしたうえで、身分証明のために実際に郵便局に訪問する必要があります。

ただ、オンライン上で加入申請だけしておけば郵便局での受け付けがスムーズになるので、事前にオンライン申請して交付される受付番号を控えておくことをおすすめします。

郵便局訪問

郵便局

法定公認認定書のない場合は身分証明のために郵便局を訪問します。オンライン申請なしに最初から郵便局を訪問して、その場で加入申請することも可能です。その場合は選べる料金プランが限定され、郵便局に置いてある料金プラン表を見ながら選ぶことになります。

大手3社の代理店や携帯代理店に行くと、「この機種はこのプランに加入したら割引が受けられて、いくらになりますので、そうするとひと月の料金がいくらで……」とややこしい説明をされますが、郵便局の場合はそういう営業は一切ありません。

なので、ひとりで料金表を見ながら落ち着いて考えることができます。デバイス代はデバイス代、毎月の料金プランとは別個に考えます。そのため料金体系がわかりやすいのもうれしいところです。

加入

カタログ

カタログ

デバイスを決めて、料金プランを選んだら窓口の担当者に伝えます。すると加入申請書を渡されるので、蛍光ペンでチェックされた記入欄に必要事項を記入します。

書類

書類

申請書には名前や住所、機種変更する前の電話番号や、支払い方法などを記入して、サインをします。申請書を作成し、身分証明書を提示したら、これで受け付け完了です。

私は普段夫との通話をのぞいてはあまり電話もしないし、家にいる時間が長いためデータもWi-Fiを使用すればいいので、無料通話180分、無料メール30件、無料データLTE500メガバイトでひと月8,800ウォンのプランに加入しました。

今回私が申請したのは今使っている番号をそのまま継続して使う、「番号移動」です。そのため電話番号はそのままです。

また、日本でいうメールアドレスというものは韓国にはありません。文字による通信方法は、もともと番号を入力して行うショートメールか、LINEのようなSNSなので、キャリアがたとえ変わったとしても電話番号、メールアドレスなどの変更の心配はありません。

ハッピー・コール

申請が処理されたらハッピー・コールという確認電話が来て、ここで格安スマホ加入内容の最終確認をします。私の場合は郵便局窓口で加入申請をした帰り道、申請後15分くらいしたころに電話がきました。

ハッピー・コール通話後、業者の方でUSIMカードを挿入し、開通まですべて済ませたうえで、新しいスマホが宅配便で送られてきます。

5年前初めて私が格安スマホを買ったときは、案内に従って自分で開通したのですが、最近は手順が複雑なので開通まですべて済ませたうえで発送しているとのことでした。

そのため新しいスマホの開通と同時に、手元にあるそれまで使っていたスマホが不通になってしまいます。電話・メール・LTEすべて機能せず、Wi-Fiだけは使うことができます。新しい携帯が来るまでの間少し不便ですが、辛抱します。

受け取り

郵便

スマートフォン

スマートフォン

待ちに待った新しい機種の到着です!私の場合は加入翌日到着しました。もちろん時期や居住地域により宅配到着日に差があるので、一概にすぐ来るとはいえません。

開封したら電源を入れて、問題がないか確認します。

大手代理店でスマホを購入する場合は、サービスでケースや液晶保護フィルムをくれたりしますが、格安スマホにはそのようなサービスがありません。

新しいスマホを手にして喜んでいたのもつかの間、ケースがないため不安で持ち歩けないことに気づきました。ケースや保護フィルムはあらかじめ準備しておけばよかったと思いました。

格安スマホのデメリット

安くてお得な格安スマホですが、残念ながら、デメリットもいくつかあります。まず一番のデメリットとしてあげられるのが、業者側でUSIMカードを挿入し開通するので、開通した新しいスマホが手元に届くまでスマホが不通になることです。

次に、アドレス帳などデータの移動を自分でしなければならないことです。古いスマホからPCにデータを移して、それをまた新しいスマホに落とします。私はPCが苦手なのと、アドレス帳にもそんなに多くの番号があるわけではないので、一件ずつ手動入力しました。

最後に、これは大手キャリアで開通した場合と比較してのデメリットですが、ケースなど自分で購入しなければならないことです。

以上の3つがデメリットとしてあげられますが、これはすべて開通直後の問題です。最初だけ少し不便さを感じますが、月々の電話代は安いし、通話品質も大手キャリアとまったく変わりません

まとめ

韓国でスマホを購入する場合、KT、LG U+、SKテレコムの3大通信キャリアで契約することが多いのですが、今回は3大通信キャリアと同じサービスを、ぐっと安い価格で受けることのできる方法、格安スマホをご紹介しました。

安い一方で、しばらくの間スマホが不通になったり、ケースや保護フィルムを自分で購入しなければいけなかったりといった不便さもあります。

ですが、購入時のそういった問題さえクリアできるならば格安スマホ、つまり알뜰폰(アルトゥルポン)は実用的で、賢い選択だと思います。韓国でスマホが必要になったときはぜひ、安くてお得な알뜰폰(アルトゥルポン)を検討してみてください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【韓国求人】韓国就職したい日本人向けの求人サイトまとめ!韓国での働き方や暮らしの関連情報も

韓国で働くには?日本人の韓国就職・転職まとめ(職種、職業、給与、求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る