Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

日本語教師に挑戦!ベトナム人学習者が感じる日本語の難しさとは?

日本語学習の難しさ

2013年には、ベトナムにある中・高校のうち29校で教えられるようになった日本語。熱心に勉強しようとする学習者がいる一方で、母語であるベトナム語との違いから、困難を感じる人も少なくないようです。

今回は、ベトナム人学習者が日本語を学習する際にどのような点で難しさを感じるのか、ベトナム語と比較しながら、考えてみましょう。

日本語のここが難しい、文字の種類や数が多すぎる

日本語学習

日本語の学習をスタートする際に、まず必要になるのが、ひらがなとカタカナの暗記です。

テキストによっては、初めの方はアルファベット表記してあるものもありますが、基本的には日本語の文字を知らなければ、読めません。

ひらがなは46文字+濁音等、それに対してベトナム語は声調記号のついた文字を合わせても29文字にしかなりません。

アルファベットとも全然違うひらがなを見て、宇宙人を見るような目をした学習者が毎年続出します。

また、ベトナム人にとっては「つ」の発音は鬼門です。どうしても「ちゅ」や「す」となってしまう人が多いのです。

「や・ゆ・よ」と「じゃ・じゅ・じょ」、「ざ・ず・ぞ」の区別も難しいようです。

あいさつはコミュニケーションの基本

あいさつがコミュニケーションの基本

外国語の学習は、言葉の問題だけに終わらないと常々考え、文化的なこともできる限り伝えるようにしています。

その基本は、やはりあいさつ。

あいさつができれば、人間関係が円滑になったり、言葉が少々拙くても、心が伝わりやすいと感じます。

お辞儀をしながら、あいさつすること。お辞儀は何度くらいの角度でするの?といったことを皆で立ち上がり、練習します。

「わたしは 食べます 朝ごはんを?」

ベトナム語の文の語順は、英語と同じと考えてほぼ間違いありません。ですから、日本語の語順は、慣れるまでは難しく感じるようです。

でも、学習意欲の高いベトナム人学生のこと、果敢に日本語で話そうとしてきてくれます。その姿勢には、いつも学ばせてもらうばかりです。

やはり難しい敬語

日本人でさえも難しく感じる敬語。外国人学習者にとっても同じです。

ベトナム語でも敬語はありますが、日本語ほど複雑でなく、同じ意味の言葉が、相手や状況によって変化するのでなく、尊敬や謙譲等にあたる語を文中に挟み込む感じです。

もともと「食べます」「食べました」のような変化をしないのがベトナム語ですから、学習者にとっては目が回るよう。何度も繰り返し練習して、習熟していきます。

遠回しな表現が多い

日本人は直接的な表現を好まず、あいまいな表現を好んで使いますよね。それらの表現は日本の文化や習慣、日本人特有の考え方を反映しているものが多いのです。

そのため、その背景を理解していないと、読めるし意味は分かるけれど、どんなシチュエーションで使う言葉なのかが分からい、という事態が起こりえます。

また言葉を最後まで言わず、余韻や含みを持たせる日本人の話し方も、理解するのがなかなか難しいようです。

助詞や助動詞の使い方が難しい

ベトナム語には、助詞や助動詞の変化があまりありません。

そのため、「です・ます」は使えても、「でした・ました・でしたら・ましたら」などの変化形は覚えるのが難しいようです。

また、主語の後に続く「は」「が」の使い分けが出来るようになるにも時間がかかります。

助数詞が複雑!

ベトナム人だけでなく、日本語を学習する外国人が頭を悩ませるのが、助数詞の複雑さです。日本語の助数詞はものによって数え方が変わります。

以前日本でお会いしたベトナム人の方は、ほうれん草の数え方だけでも「把・束・株」などありすぎて困ると言っていました。

ベトナム語にも助数詞は存在しますが、日本語より複雑ではありません。すべての助数詞を「つ」や「個」で表す方も多いようです。

擬音語・擬態語が難しい

日本人が英語の擬音語を聞いて、「なぜこんな音で表すのだろう?」と感じることはよくあることです。

ベトナム人に限らず、日本語を学習する外国人の多くも、日本語の擬音語に難しさを感じるようです。

雨の降り方を表わすにも、「ざーざー」「しとしと」「ぽたぽた」などよりどりみどり。しかもそれぞれの使い分けは感覚的なので、彼らにとっては難しいようです。

でも、「どきどき」「わくわく」のように、同じ音の繰り返しの擬音語や擬態語が多いとわかってくると、使うのが楽しくなってくるそうですよ。

まとめ

まだまだ日本語熱が冷めないベトナムですが、日本語とベトナム語の違いは大きく、簡単に上手になる方法はなかなかありません。

だからこそ、あいさつ等文化的なことからアプローチしたり、絵を使ったりして楽しく学べるようにしています。日本語を教えるというよりは、日本語学習のお手伝いをする気持ちで、日々学習者と向き合っています。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

日本語を教える仕事!ベトナムで日本語教師として働いてみよう

長期滞在時におすすめベトナム・ハノイで日本語教師をやる3つのメリット

ベトナム就職する前にハノイ現地企業でインターンシップに挑戦してみる

 

ベトナムお役立ち

これで安心!ベトナムでiPhoneをお得に使う方法

海外就職でベトナムVSタイ生活費が安いのはどっちだ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
藤田朱希

藤田朱希ライター

投稿者プロフィール

小学生の時にテレビで観た映像にショックを受け、「オーストラリア人になる」ことを目指す。
大学でオーストラリア留学を果たし、20代はベトナムに。
ベトナムでは、日本語教師、現地日系企業、ベトナム料理教室の通訳、翻訳を経験。現在は、毎日畑で土をいじる時間が癒しのひとときになっている。

ページ上部へ戻る