どんな人が海外での暮らしを楽しむことができる?海外に適した人の8つの特徴

海外生活

日本ではここ数年、外国で生活してみたい、海外で働いてみたいと考える人が増加しており、外国への移住に対して興味を持っている方が増えています。

とはいえ、日本と違う文化で生活していくことは簡単なことではありません。外国で生活を送っていくには、それ相応の心構えが必要なのです。

実際に移住した後になって、「日本にいれば良かった……。」と後悔することにならないように、外国での生活に適している人たちの特徴を、8つ紹介いたします。

好奇心が旺盛な人

外国はさまざまな面で日本と大きく異なります。

たとえば、言語や文化、生活習慣などはもちろんのこと、気候や風景も日本とは全く違ったものになります。そうした未体験の物事に対してどのように接するのかが、外国での暮らしを満喫できるかどうかのターニングポイントになるのです。

外国の文化や風習を柔軟に吸収し、学んでいきたいと思っている人であれば、毎日の暮らしの中で多くの発見を目の当たりにすることができるでしょう。言葉の違いに対しても、言語を学んでいくことを楽しめる人ならば、外国人との交友関係も自然と広がっていくのです。

そういった文化の違いに気後れしてしまい、ただ戸惑うだけの生活をおくってしまうのはもったいないことです。自分の知らなかったことに対して興味を持ち、好奇心のおもむくままに行動していけば、本当の意味で世界を知ることになるのです。

どんなことでも前向きに考えられる人

物事をポジティブに考えることは、何事に対しても重要なことです。外国での暮らしにとっても、それは同じです。

外国で生活していると、日本とはあまりにも異なる生活習慣などに、少しずつ嫌な思いが強くなっていくことがあるかもしれません。日本ではまったくストレスとは感じなかった小さなことが気になって、イライラの原因になってしまうことも多いのです。

たとえば、シェアハウスに住んでいるけれどパートナーが片付けをなかなかしない。たったそれだけのことでも、嫌な気持ちがふくらんでいってしまうのです。

そうした時に、悪い部分をマイナスにとらえるだけでなく、ポジティブに考えられる人は、外国に長い期間住むことができる可能性が高いのです。

一見すると悪い面に思いがちなことでも、ポジティブに考えて跳ね返してしまう気持ちの持ち方ができる人。そういった人が、外国での暮らしに適しているのです。

恥をかくことをいとわない人

あなたは、他の人から笑われても大丈夫ですか?海外での生活は失敗の連続です。言葉の言い間違え、約束した時間や場所の勘違いなどなど、例をあげればきりがありません。

そんなとき恥をかくのを怖がってしまうと、「もう失敗するのは嫌だ、笑われるのは恥ずかしい」と思い、挑戦することをやめてしまいます。

例えば、言語の習得の一番の近道は、たくさん話してたくさん失敗することと言われています。私自身そうでしたが、人前で言い間違えるのが怖く、完璧な発音、完璧な言い回しができるようになるまで、なかなか口を開けないという時期がありました(もともと無口だという要素もありますが)。

でも、それでは言語は上達しません。

うろ覚えでもいいからとりあえず発音してみる、あとはボディーランゲージを交えて意味を伝えればいいんだと割り切ってからは、失敗が怖くなくなり、言い間違えて地元の人に笑われても一緒に笑えるようになりました。

外国では恥をかくのは絶対。逆に、どれだけ恥をかいたかが、言語の習得や生活への順応度と比例していると言っても過言ではありません。

自立心のある人

外国での暮らしの中では、自分自身の居場所というものを自ら確立することがとても大切です。

外国に移住することになれば、生活の基本を全てを一から学んで行かなければなりません。日々の生活におけるルールやマナー、そして人間関係もまっさらな状態からスタートするのです。

そういった物事をひとつひとつ学んでいくことは、日本での生活と違って、海外では簡単にいくものではないでしょう。そのため、自分自身の自立心が重要になってくるのです。

たとえその国で頼ることのできる人がいたとしても、その人に頼りきりではいけません。人に頼りっぱなしの生活では、自分自身で外国に住んでいるという感覚が得られないままになってしまいます。

そこで、どんなことにも自分自身でしっかりと責任を持ち、外国の生活であっても自分の生活は自分で作り上げていくのだという心構えが必要なのです。

柔軟性を持っている人

物事の考え方に自分なりの考えをを持つということはとても大切なことですが、その考えがあまりに凝り固まってしまうと、大きなマイナスになってしまいます。特に、外国での生活ではそれが顕著に現れてきます。

よく「日本の常識は世界の非常識」と言われるように、日本の文化は多くの場合、世界に出ると通用しません。

例を挙げると、日本でのお店とお客の関係がそれに当たります。日本では飲食店をはじめとするさまざまなお店で、「お客様は神様」という考え方で接客してくれるのが一般的ですよね。

しかし、外国ではそのようなことはありません。客はお金を出し、店はその対価として商品を出すという対等な立場なのです。外国では、日本のような過剰に客を持ち上げるような接客は行われません。

そうした客への扱いに対していちいち憤慨していたら、同じような不満をずっと抱いたまま外国での生活を送り続けることになっていしまいます。

そんな怒りを抱え込むくらいなら、ここは外国なのだから日本での常識は捨ててしまおう、と考える方がずいぶんと楽に過ごしていけるはずです。

また、多くの人種が混在している国においては、その国の常識というもの自体が存在しない場合もあります。多数の異なる文化が混ざり合っているために、ひとつの確立された常識というものが存在しないのです。

海外では、住んでいる人々がどのような考えのもとで行動しているのかを理解して、それぞれを尊重していきましょう。

こだわりが無い人

日常生活や、自分へのこだわりが少ない(無い)人も、海外での生活に向いていると言えます。基本的に、外国では日本と同じ生活を維持するのは難しいことです。

例えば調味料一つとっても、日本では種類豊富な調味料が簡単に手に入りますよね。○○専用の醤油など、細かくカテゴライズされ、「痒いところに手が届く」的な商品もたくさんあります。

でも、外国ではそれらがすべて手に入るわけではありません。この料理にはあの調味料を使わなきゃ嫌!とこだわってしまうと、外国での生活はイライラの連続です。

また、自分自身へのこだわりも強すぎてしまうと大変です。東南アジアに留学したある友人は、おしゃれが大好きでした。彼のこだわりは革靴。すべてを同じブランドで揃え、そのブランド以外は履かないという徹底ぶりです。

しかし、東南アジアは暑くて湿気が高い地域です。引越ししてすぐに雨季となり、自慢の革靴は雨にやられ、なんと靴箱の中でカビが生えてしまいました。彼はそれで心が折れ、1年滞在する予定を半年早めに切り上げて帰国してしまいました。

これは少し極端な例ですが、こだわりが強すぎると外国での生活がいかに大変かを如実に物語っています。「ここは外国なんだから、別にいいか!」とこだわりを捨てられるかが、海外での生活を楽しむポイントになります。

人との違いを誇ることができる人

よく他人から「変わっている人だ」と言われることがあるのなら、あなたは外国に住むことに向いているかもしれません。

日本は単一民族国家で、周りにいる人は日本人が大多数です。しかし、外国ではさまざまな人種が住んでいる多民族国家も数多く存在します。

そのような国では、外見や生活習慣がまるっきり違う人たちが同じ国で暮らしていることも当然になっているのです。むしろ、そうした違いを持っていることが、パーソナリティとして輝いていくのです。

「変わっている人」と言われて落ち込むのではなく、胸を張っていられる人の方が、外国での暮らしを楽しむことができる人と言えるでしょう。

変化を楽しむことができる人

外国に住むということは、それまで培ってきた日本での生活習慣を大きく変化させなければいけないということです。

外国に住んでいると日本にいる知人友人と会う機会はほとんどありませんし、食事などもその土地に合ったものにしなければなりません。

さらに、言葉を新しく覚えなければなりませんし、仕事先も自分自身で新しく探さなければなりません。このように、外国での生活には小さな変化から大きな変化まで、人生を変えるほどの転機が次々とやってきます。

そうした変化にさらされたとき、人間は精神面に負担を感じ、殻に閉じこもりやすくなってしまいます。それは人間に備わっている防衛本能によるものです。変化というものは人間にとって辛く厳しいものなのです。

しかし、その一方で良い方向に働く変化というものも確実に存在しています。

たとえば外国の田舎に住むケースでは、周囲に遊べる場所もなく、休日になるとスーパーも開いていないということもありえます。そうした環境は、それまで日本では当たり前だった利便性の高い生活環境とは、全くの別物と言えるでしょう。

しかしながら、そうした環境であるからこそ、休日には日本にいたときよりものんびりと過ごすことができたり、自然とふれあって休みを満喫できたりするのです。

変化の中に不満やストレスを一切感じないということは難しいですが、可能な限りプラスの変化を見つけていくようにしましょう。そうすれば、外国での新しい生活にも、きっと楽しさを見いだせるはずです。

まとめ

いかがでしたか?

外国への移住というと、華やかな憧れのイメージを抱く人が多いかもしれません。しかし、実際に海外で暮らしてみると、外国での生活はそんなイメージ通りのには程遠かったということになるかもしれません。

その一番の要因は、日本とは異なる生活環境だということです。日本にいるだけでは巡り会えない数々の体験がある一方、日本にいれば遭遇することのなかった悩みやトラブルなどもあることでしょう。

しかしながら、自分一人で立ち向かわなければならないそうした海外生活は、あなた自身の人間としての力を成長させることは間違いありません。ぜひ、しっかりとした準備と心構えを整えて、海外生活を楽しんでみてくださいね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る