海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ボンビーガールがマレーシアを目指す理由とは?マレーシア移住の7つの魅力を解説

  • 公開日:
  • 更新日:
マレーシア

東南アジアで最も発展が著しい国、マレーシア。日本にはない魅力がたくさんある国です。移住したい国にも選ばれる国です。最近では、テレビでマレーシア就職を達成し、豪華な生活をしているボンビーガールを見る機会も増えてきました。

では、実際にマレーシアでの暮らし、生活はどのようなものなのでしょうか?

今回はマレーシアへ移住した筆者が、マレーシアに住んでいて良かった7つの魅力について紹介します。

ここがポイント!

Q.マレーシアに移住したら生活費はいくらかかるの?

A.家族でマレーシア移住生活、1ヶ月の生活費はどれくらい?

Q.マレーシアの求人を探せるおすすめのサイトは?

A.【マレーシア求人】未経験からでもマレーシア就職を狙える転職サイトまとめ

マレーシアから近隣の国へのアクセスがいい

飛行機

マレーシアに住んで一番良かったと思うこと、それは近隣の国へのアクセスが簡単!ということです。

首都クアラルンプール空港(KLIA2)より格安航空会社エアアジアが運行しているため、週末弾丸で海外に行くこともできます。

また、近場の東南アジアの国々だけでなく、オーストラリア、サウジアラビアやオマーンまで格安で行くことができます。弾丸旅行、格安旅行ができちゃう魅力たっぷりの国です。

マレーシアでは日本食に困らない

海外で長年生活すると、やっぱり日本食が恋しくなります。

でもマレーシアなら大丈夫!マレーシアでは日本食レストランをいたるところで見つけることができます。

日系企業の進出と日本食ブームに伴って、たくさんの日本食レストランがマレーシアで事業を展開しています。

例えば、チェーン店だと「はなまるうどん」や「すき屋」等です。お手頃で味も美味しく、マレーシアに住む日本人にとってはとても有難いです。

また、大型スーパーマーケットAEONも沢山あるため、日本の食材や調味料の入手にも困ることがありません。

マレーシアで生活すると英語の勉強になる

マレーシアは1957年までイギリス領でした。そのため、イギリスの影響を多く受けています。

クアラルンプール市内ではほとんどの人が英語を話せるため、基本的にコミュニケーションは英語になります。

また、英語の語学学校もたくさんあります。生活費も安いため、格安語学留学を考えている人にとっては最高の留学先です。

国際色豊かな他民族国家。新しい文化に触れることができる

マレーシアは、人口の7割がイスラム系、2割強は中国系、1割弱はインド系という他民族国家。キリスト教徒、仏教徒、ヒンドゥー教徒イスラム教徒などが生活しています。

首都クアラルンプールには多くの外国人(主にアラブ系、西洋人、東アジア人)が住んでおり、マレーシアならではの様々な文化を持った人々に出会うことができます。

また、多民族国家であるため祝日も多く、国全体が異文化に対し寛容です。

  • 1〜2月はヒンドゥー教のタイプ―サム祭り(インド系)や旧正月(中国系)を祝います。
  • 6〜7月になるとイスラム系の人々が断食に入り、断食明けには盛大なお祝いをします(ハリラヤ)。
  • 8月は独立記念日があります。

マレーシアの祝日に関しては、「マレーシアの祝日はどうなってるの?祝日情報」の記事にて詳しく解説しています。

それぞれの州独自の祝日もあるため、イベントが目白押しです。たくさんの文化に触れることができるとても面白い国ですね。

マレーシアはビザが取りやすい

パスポート

海外で働いたことがないけど、海外就職にチャレンジしてみたいという人におすすめしたいのがマレーシア。

治安も比較的よく、温暖な気候でとても過ごしやすいため、初めて海外就職する人にとって、もってこいの国です。また経済成長が著しく、日系企業も多数進出しているマレーシアには日本人向け求人がたくさんあります。

ビザの取得が他の国に比べると比較的容易です。

マレーシアでしていた仕事を辞めて、マレーシア国内にて転職をする日本人もたくさんいます。

仕事探しのサポートも万全。マレーシア国内に日本人向けの転職エージェントが複数あり、しっかりとサポートしてくれます。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

マレーシアは日本との時差が小さい

時計

マレーシア時間は日本より1時間だけ遅れています。

インターネットが普及している現在、LINEやスカイプなどで日本と連絡がつきやすくなりました。

アメリカやイギリス等、時差が大きい国に住んでいるとなかなか連絡が取りにくく、緊急な用事を済ませるのがとても困難です。

マレーシアの場合、時差が小さいため、日本の家族や友人と連絡が取りやすくタイムリーに情報交換ができるので、とても便利です。

マレーシアは銀行の利子がいい

日本と比べると、マレーシアの銀行の利子はかなり良いです。一般的に、日本の銀行の利子は普通預金で0.001%のところが多いです。

マレーシアでは、普通預金の利子が大手Maybankで0.3%、Citibank Malaysiaで0.25%とかなり良いです。

定期預金にすると更に高利子になります。貯金をすればするほどお金がどんどん貯まっていき、なんだか得をしている気分になりますね。

まとめ

以上、マレーシアに移住して良かったと感じる7つをご紹介しました。

マレーシアでの生活にはたくさんの魅力があります。海外に暮らしてみたいなと考えている人、是非マレーシアを候補に入れてくださいね!

マレーシア移住・マレーシア転職をするには

海外移住先として人気のマレーシアは、近年海外就職でも人気の地域になってきました。今すぐの転職を考えていないとしても、気軽に求人を見ておくのがおすすめです。

「マレーシアへの転職が気になる」という人は、良い条件の求人やスカウトがないか、まずは気軽に探してみましょう!

以下のサイトは日系の大手転職サイトです。「求人」「待遇」「サポート」がしっかりとしているので、不安の多い海外転職でも安心して利用できます。登録は3分程度、利用は全て無料です。もちろん、〇〇についての「話だけ聞きたい!」という使い方も可能です。

登録したからといって必ずしも転職する必要はありません。

あなたも今しかできないマレーシア生活を楽しんでみませんか?海外就職を成功させ、人生をもっと面白くしましょう!

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

あわせて登録したい:あなたの挑戦を待っている!海外就職専門求人サイトGuanxi(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る