Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

上海(中国で)海外就職、駐在員として仕事をしながら副業とし現地採用

上海

上海で海外就職。今回ご紹介するのは、日本からの駐在員として中国で仕事をしている松前さんです。松前さんは駐在員として仕事をしながらも副業として、中国で現地採用としても働いています。

今回は松前さんの中国での仕事の様子についてご紹介します。

海外就職者プロフィール

27歳(男性)

海外の就職先:上海(中国)

給料:額面25万円(住宅補助20万円/月)

海外の勤務先:日系IT通信企業(駐在)、日系ITシステム企業(現地採用・副業)

中国での仕事探しは求人サイトを利用

初めはリクルート系の求人サイト登録をしました。

その後、その求人サイトを運営する会社にてキャリアアドバイザーと面談をし、私の条件を色々と聞いてもらいました。面談時には良い案件が無かったので、日々メールで紹介案件(web上非公開メイン)をもらい、情報収集。

その中で、条件の気に入ったものに応募し、面接後、採用されるという流れです。日系の人材紹介会社利用だったためか、日本の転職活動とほとんどかわりませんでした。

中国で仕事を探した理由

理由は2つあります。

  • 給料減少分の補充
  • 面白そうだったから

です。

給料補充

2015年の9月に大幅な円安となり、1元16円程度だったのが、20円まで値上がりしました。給料は日本円でもらっていたため、実質30%減で苦しかったので、その補充のために中国での現地採用応募しました。

中国の他の会社での仕事も「面白そうだった」

せっかく他国にいるので、自社だけでなく色々な経験が積みたかったからです。

アルバイトでもいいから色々と経験してみたかったという理由です。(ちなみに、上海にある福利厚生系の日系会社でもアルバイトの経験をしました。)

中国での仕事で驚いたこと、業務に関して意外とこまかい中国人

私の職場だけかもしれせんが、中国人でも、かなり細かい人が多いです。

私が大雑把過ぎた原因もあるかと思いますが、見積もり書(日本語)作成時に、書式について、中国人の上司や先輩から、かなり細かく指導を受けました。

例えば

  • フォントサイズを統一規格に全てあわせる
  • 半角数字と全角数字を混ぜない

などです。

日本では書式を整えるのが当たり前ではありますが、中国においては皆大雑把にやっているイメージでしたので、かなりギャップを感じました。

中国で仕事をし、一人でやっていける自信がついた

中国でまったくコネ無しの状態から、新規開拓営業で1年間で日本円にして2,000万円の利益をあげるというミッションを達成できたことです。

受注ではなくて売り上げですので、1年以内に2,000万円が口座に振り込まれる必要があります。かなり厳しい環境ではありましたが、様々な工夫をした結果1年間で目標達成できました。

初めて行った海外においてコネなしで、一人ででこのような目標を達成ができた結果は、今後どこに行ってもやっていけるという自信となりました。

海外で働くと日本人同士が異常に固まるようになるのはデメリット

中国の支社において、社員は全部で約200名いたのですが、その中で日本人は約10名です。

その10名が常に固まっており、毎日のお昼ご飯はもちろん、毎晩その10名で飲みに行く。それが半分強制のような状態でした。私としては他の中国人と関わったり別の文化を触れたりしたかったので、非常に困りました。

なるべく日本人の集まりを断っていると、日本人からけむたがれるようになり、社内の日本人の中では少し浮いた存在となりました。狭い日本人コミュニティでいかにうまくやっていくかということも大事なことの一つです。

中国での休日の過ごし方

中国で仕事が休みの日にはジョギングと、kindleによる日本語書籍の読書をしています。

ジョギング

特に上海で私が住んでいたのは川沿いであり、割と高級住宅街だったので、ジョギング用に道の整備がしっかりされています。

好きな音楽を聴きながら毎朝走ることが日々のストレス対処法です。

読書

日本の本を読みたかったので、kindleで日本語の本をダウンロードして読んでいます。

紙媒体を中国で買うと非常に割高ですし、あんまり種類もないのですが、kindle であれば種類が多いですし、かなり安く買えるので 毎月10冊以上の本は読むようにしています。

中国へ来て、本を読む量が増えました。

中国で働くにあたって考えるべきこと

実際に中国で働く方の経験はとても参考になりますね。ここからは、中国で仕事をしようと思う時に事前に考えておくべき点をいくつかご紹介します。

もちろん、これからご紹介する点は、同じ中国人でも地域や個人によって大きく異なることをご了承ください。

中国人の仕事への考え方

まず、中国人の仕事への考え方を理解しておく必要があります。日本では、コロコロ仕事を変えることはあまり歓迎されませんよね。新卒で入社した会社に定年まで留まる人もいまだに多いものです。

しかし中国では違います。

中国では、キャリアアップのためにはより多くの職種を経験している方が良いと考える人が多く、気軽に仕事を辞めて転職してしまいます。

同じプロジェクトチームのメンバーの中国人が突然辞めてしまって、穴埋めに困ったという日本人管理職の声も良く聞きます。

中国で管理職として働いている友人の話では、国慶節や春節の長期休暇の後に出社してこないので電話をかけると、「まだ実家にいていつ戻るかわかりません」と答えてくる従業員もいます。

その方の経験で一番酷かったのが、出社しないので電話をかけたところ、「やっぱり実家の周りで仕事したいので、辞めてもいいですか?」と言われたことです。毎年、長期休暇の後はドキドキするそうです。

中国全体の経済が下火になってきたためか、このような傾向は以前ほど顕著ではありませんが、日本人とは大きくかけ離れたこの感覚を理解しておくと、仕事を潤滑に進めるうえで大きな助けとなるに違いありません。

時間の感覚の違い

日本では、納期を守るのは言わずもがな。納期を少しでも過ぎてしまったら、今後の信頼関係にも影響する一大事です。

しかし中国では、納期はあくまで努力目標です。努力したけれど間に合わなかったならしょうがない、と悪びれる様子がありません。

そのため、もし納期を過ぎた場合どのように対処するか、あらかじめ対策を考えておく癖がついたという日本人が多いようです。

これらの違いを理解しておくと、必要以上にイライラすることもなくなりますし、対処法も前もって考えることができます。

まとめ

今回ご紹介したのは、中国への駐在員として現地へ行きながらも現地採用としてダブルワークした松前さんをご紹介しました。仕事は一つだけという固定観念はもしかしたら捨てた方がいいのかもしれません。

働く理由を自分で探しながら理想の職場に出会えるといいですね!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

いざ中国で就職・転職しようとしたときに使える求人サイトまとめ

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る