先入観なしで考える、フィリピン・セブが住みやすい5つの理由

フィリピン・セブ島が住みやすい理由

日本に住んでいるとアメリカやヨーロッパへの移住を夢見る人は多くいますが、フィリピンのセブ島も実はとても住みやすい場所です。治安がどうだろう?生活はできるのだろうか?

先入観でマイナスなイメージを持つ方も多くいますが、実は今とても移住するのに人気な場所です。リタイアしたアメリカ人、IT関係の日本人・韓国人を中心に外国人が増えています。

今回はなぜフィリピンのセブ島が住みやすいのか、その5つの理由をご紹介します。

単純にビザが取りやすい

ビザ

外国は入国の際に必ずビザが必要になります。どこの出身でどの国に入国するかによって条件は様々です。日本は世界的に見ても他の国に入国するのが簡単な国です。

しかし、やはり長期期間となるとどこの国でも市民権やワーキングビザ、パートナービザなどがない限り何年もそこに滞在するのは不可能。ところが、フィリピンではロングステイビザを利用すると1年はフィリピンに滞在することが出来ます。

さらに、35歳以上の人はリタイアメントビザを取得することが可能なんです。指定の口座に一定の金額を預金することでビザが発行されます。家族などにも適応されます。

決して他の国ほど高額なものではなく、日本円で200万円ほど。移住者が多いのもうなずける理由の一つです。

関連記事▷セブ滞在の方必見!ノマドワーカーが仕事で使えるカフェ5選

やっぱり物価が安い

物価

やはり、移住をするとなると気になる部分の一つが物価です。日本で稼いだお金をフィリピンで使うのであれば豪遊とまではいかないかもしれませんが、決して質素な生活になることはまずないでしょう。

現地のローカルフードなどは約100円程度で食べることができます。レストランに行っても1000円出せばおつりがきます。さらに、タクシーは初乗りが100円程度です。

しかし、お金は有限ではありません。日系企業の駐在者の場合は、駐在手当や居住地手当なども会社が用意をしてくれますが、フィリピンで現地就職すれば貯金は難しいかもしれません。

また、派手な生活をしたいのであれば、やはり物価の安いフィリピンであってもある程度収入がないと難しいのが現実です。

関連記事

公用語が英語だから住みやすい

公用語が英語

公用語が日本語の国は日本以外にはありません。そのため、海外で生活をしていくのであれば何かしらの言語をある程度勉強する必要があります。フィリピンはタガログ語が共通語でありますが、公用語は英語です。

私たち日本人は中学生の義務教育の時から英語を勉強しています。そのため、メニューを読んだり、簡単なあいさつをしたりコミュニケーションを取るのには英語を使えるフィリピンはとても住みやすい国です。

また、フィリピン人もネイティブではなく、英語を勉強してきた同じアジア人なので訛りのある英語に理解があるので会話もしやすいでしょう。

関連記事▷フィリピンセブ島でチップってどうするの?こんなときはチップが必要!

一年中気候が同じで過ごしやすい

一年中同じ気候

日本は四季を持つ島国ですが、セブ島は一年中ほとんど気候が同じ国です。そのため、冬の寒さを感じることがなく、穏やかに過ごすことが出来ます。特に寒い場所が苦手な方にはおすすめしたい場所です。

お年寄りや病気の方などは気候の変化により体調不良になりやすいです。しかし、フィリピンで生活をするとなると一年中半袖半ズボンで過ごすことができるのでそういった心配はありません。

日本食などのお店、レストランが多い

日本食のレストラン

セブ島はショッピングモールが大小様々あります。そのため、どのエリアにいても比較的買い物がしやすいでしょう。特にセブシティーの周辺には大きなショッピングモールがあり、世界中の有名ブランドが沢山集まっています。

そのため、日本のブランドの洋服を買ったり、レストランで食事を楽しむことができます。スーパーマーケットでも調味料程度なら大抵置いてあります。

さらに、最近は日系のスーパーマーケットや日本のコンビニ「ファミリーマート」や「セブンイレブン」などが出店しているため、欲しいものが手に入りやすく生活のしやすさが格段に上がりました。ホームシックにもなりにくいかもしれません。

関連記事▷セブで日本の商品って買えるの?日本の物を買いたいときはここへ行こう

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

今、学生で将来は海外で働きたいという方や、憧れの海外移住を目標に働いている方は少なくないはずです。フィリピンは発展途上国のためこれからさらに大きな変化が期待できます。

ぜひフィリピンのセブ島を候補地にしてみてはいかがでしょうか?夢の海外生活が実現できることを願っています!

おすすめ記事

  1. フィリピンでスマホを使おう!セブでの携帯SIMカードの購入場所はどこ?
  2. セブ島を拠点に出かけよう!気軽に行けるおすすめ観光地3選
  3. 自分の身は自分で守る!セブ語学留学中に起こりやすい3つのトラブル

セブお役立ち記事

  1. ここへ行けば間違いなし!セブのおすすめのフィリピン料理店5選
  2. コレは便利!フィリピン・セブへ行く前にダウンロードすべきスマホアプリ6選
  3. 日本からフィリピン・セブに持っていくべき5つのアイテム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. バリ島の物件
  2. テルメ・ウィーンの利用方法
  3. サソリ
  4. 韓国のカフェ
  5. 韓国の国際運転免許証
ページ上部へ戻る