海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外在住歴10年の海外転職のプロが監修・運営しています。

フィリピン・セブ島で働く現地採用者の1ヶ月の生活費とは。物価は本当に日本の3分の1?

  • 公開日:
  • 更新日:
セブの海

フィリピンの物価は日本の3分の1と言われています。そのため、生活費も日本の3分の1で済むと思われがちですが、なかなかそう簡単にはいかないのが現実です。日本で生活するよりも高くなる費用も少なからずあります。

それでも、フィリピンのセブ島は住むのにとても良い場所です。

このセブ島で働いて2年、給与は日本円で月約14万円と決して高くない私の実際の生活費をご紹介します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

セブ島での住居費

コンドミニアム

家賃は会社負担

私は現在、会社近くにあるコンドミニアム(日本で言うマンション)の一人部屋に住んでいます。家賃は会社負担なので、一切かかっていません。

高い光熱費

住居費で一番負担が重いのが光熱費です。特にフィリピンは電気代が高いので、月に6千円程度は電気代として支払っています

常夏の国であり夜はクーラーをつけないと蒸し暑くて寝苦しいので、クーラーは常につけた状態でいます。これが電気代の一番大きな割合を占めています。

私は料理を一切しないためガス代等はほぼゼロですが、料理好きな同僚女性はガス代が月約6千円だと言っていました。少し高めですが、毎晩外で食べると1ヶ月で6千円以上かかるので自炊の方が安上がりです。

セブ島での食費(外食費)

ラーメン

私は1日2食が基本スタイルです。朝は何も食べずに出社し、昼と夜の2食とも外で食べます。

お昼は特別なことがない限りは会社でフィリピン料理を食べるので1食300円程度なのですが、お客様が来たときや友人と食事をするときには日本料理店や中華料理店に行きます。すると1食で3千円程度かかってしまいます。

1ヶ月の食費は月によってだいぶ異なります。先月は友人が日本から遊びに来ていたので約4万円とかなり使っていましたが、先々月は1万5千円程度でした。

セブ島でのインターネット・携帯電話料金

ネットは個人契約

今住んでいる部屋には元々インターネット回線が引かれていなかったので、自分でルーターを購入しネットを使用しています。このルーター費が月々約8千円かかっています。

フィリピンのルーターは約3千円から購入できますが、金額に応じて速度が変化するので、同僚も月額8千円程度のルーターを使用している人が多いです。それでも日本の速いWiFiに比べると機能は劣りますが。

スマホ使用料も固定月額

携帯電話についても月々で固定費用がかかっています。

現在、私はiphoneを2台使用しています。1台は電話用でフィリピンで購入したSIMカードを入れて使用、月々約3千円の契約です。もう1台はWiFi環境での使用のみで固定費はかかっていません。

また携帯に加えて、持ち運びができるWiFiルーターも月々約3千円のものを持っています。

セブ島での交通費

住んでいる部屋は会社から近いのですが、歩くと15分程度かかるので、いつも現地のバイクタクシーを利用して出勤しています。また、帰りもバイクタクシーを使っています。

往復で100ペソ(約250円)なので月に6千円かかっています。今、自分で計算してみて結構使っているなと初めて気づきました。

出勤と帰宅に使う交通費の他にも、私はバイクや車を持っていないため移動は常にタクシーです。フィリピンのタクシーは初乗りが40ペソ(約100円)、私用では週に4回ほど乗り月に約3千円使っています。

※1ペソ=約2.5円(2018年2月)

セブ島での日用品代・雑費

生活雑貨などの購入に使うのは月5千円程度。頻繁に買うものはシャンプー、リンスなどお風呂関連アイテムとお菓子などの嗜好品です。

これら日用品に関しては、あまり値段を気にせず欲しいときに欲しいものを買っています。物価が安いので、それでも7千円を超える月はこれまでのところありません

セブ島での交際費

私はあまり外に遊びに行ってお金を浪費するタイプではありません。しかし、交際費が月に3万円程度とかなり大きくなっています。

これは、同僚のフィリピン人にごちそうする機会がたくさんあるからです。いや、むしろおごらされています。

冒頭で述べたように、私の給与は日本円で月約14万円ですが、それでもフィリピン人の給与は私よりも低い水準です。彼らも給与水準の違いを知っているので、食事に行った際は一番年下でも私がしっかりおごらされるのです。

食事は楽しいので良いのですが、なかなかの痛手ではありますね。

セブ島で働く私の1ヶ月の生活費は?

では、ここまで見てきた1ヶ月の出費を合計してみます。

  • 家賃:会社負担
  • 光熱費:約6,000円
  • 食費(外食費):約20,000円
  • インターネット(ルーター)代:約8,000円
  • 携帯電話料金:約3,000円
  • 持ち運び用WiFiルーター:約3,000円
  • 交通費:約9,000円
  • 日用品代・雑費:約5,000円
  • 交際費:約30,000円

合計:約84,000円

やはり交際費がかなりかかっていますが、ここを抑えればもっと少ない予算で生活することが可能です。

なお、貯金は月5万円ほどできています

まとめ~給料は安くても出費は少ない

フィリピンのみならず、海外で就職すると家賃や食費の補助があるなど福利厚生が手厚いことが多いです。フィリピンで働いた場合、給与は先進国に比べて見劣りするかもしれませんが、その分、生活費がぐんと安くなります。

私も普段はお金をあまり気にすることなく生活していますが、それでも5万円程度の貯金ができています。貯金ができることがフィリピンやセブ島で働くことの一つの大きな魅力でもあります。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

フィリピンで働くには? フィリピンで就職・転職したい日本人向けの仕事と求人の探し方

【フィリピン求人】未経験からでもフィリピンを狙える転職サイトまとめ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る