海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

セブ島でリゾートを楽しむために確認する気候や服装

  • 公開日:
  • 更新日:
アイランドホッピング

セブ島はビーチリゾートであり、毎年多くの観光客が訪れています。最近はセブ島で結婚式を挙げる人もおり、世界でも人気のリゾート地の1つです。最近は語学留学で日本人や韓国人が滞在しており、休日にマリンスポーツをすることもあります。

この記事ではセブ島の天気、服装、持ち物、ベストシーズン、台風の5つについて記述します。快晴な天気の下でセブ島を満喫しましょう。

セブ島の天気

セブ島

セブ島の気温

セブ島の気温は、1年を通して30℃前後です。夏の気温なのでもちろん暑いですが、日本のように35~40℃の猛暑になることはまずないので、まだ過ごしやすいのではないでしょうか。

セブ島の季節

日本には四季はありますが、セブ島には四季はなく、大きく雨季と乾季に分かれています。地域による気温の変化はあります。

セブ島には雨季と乾季があります。大体6月〜11月が雨季、12月〜5月が乾季です。

雨季

雨季雨季になると頻繁にスコール(雨)が降ります。1日のどこかで降り出し、約1時間でおさまります。

乾季

9月〜11月の間には台風が来ることが多いので、スコールも激しくなりがちです。乾季になると基本的に天気の良い日が続き、気温は高めになります。1年で1番暑いのは5月で平均気温が約30℃、1番涼しいのは1月で約27℃です。

セブ島のベストシーズン(1月,2月,3月,4月)

セブ島

ベストシーズン

旅行で来るならスコールが降らず、天気の良い乾季がいいでしょう。なかでも1月〜4月は雨が降りにくく、気温が高く、海を楽しむことができ、ベストシーズンといえます。

この時期に現地のフィリピン人はセブ島の有名な海や島へ遊びに行きます。旅行客や留学生も多いです。この時期は旅行シーズンなので、旅行客が増えます。

安いシーズン

もし少しでも安くセブ島に行きたいのであれば、5月半ば〜7月上旬がおすすめです。ピークシーズン(ゴールデンウィークやお盆)は観光客は多く、航空券は高くなります。

ゴールデンウィーク明けから観光客は減り始め、夏休みに入る前でしたら安く航空券を買うことができるでしょう。8月になると、皆さん夏休みで旅行に来る機会があるかもしれません。

8月も実は狙い目

セブの8月は雨季であるため、雨が降りやすいですが、そのおかげで涼しくなります。雨季と言っても意外と天気が良いことが多いです。日本より快適な夏が過ごせるかもしれないですね。

ピークシーズン

セブ島の観光客のピークが3月〜4月になります。その後落ち着いてきて、乾季になってくるので5月以降も渡航には良いタイミングです。良い天候の中で海でのアクティビティを楽しむことができます。

セブ島での服装

女性

セブ島は年中暑いので、半袖で大丈夫です。分厚い洋服は必要ありません。

男性の服装

男性は半袖半ズボンで過ごせます。タンクトップでも良いです。ただし、タンクトップや短いパンツなどのカジュアルすぎたり、肌の露出が多い格好だと、高級な場所やクラブには入れないことがあります。

ですので行く予定のある人は、肌が隠れる長袖や、長いパンツ、ジャケットなど肌の露出をしていない洋服も用意しましょう。汗をかきやすいので、着替えを多く準備した方が良いです。

女性の服装

女性は半袖Tシャツ、夏用のワンピースを着ると夏らしさを味わいながら過ごせるでしょう。お店の中にいくと冷房が効いているので、カーディガンなど羽織れるものがあると良いです。

足元はサンダルが良いです。ヒールだと道に人が多かったり、砂場だったりするのでおすすめしません。

ただし、サンダルだと高級な場所やホテル内のレストランへ行こうとすると、ドレスコードに引っかかり入れないことがあるので、ヒールやカジュアル過ぎないシューズがあると良いです。

セブ島のホテルに部屋着はないことが多いので、もし必要であれば持参しましょう。海に入ったり、汗をかくので下着は多めに用意しておきましょう。

セブ島は台風は大丈夫?

雷

日本でニュースを見ていると、フィリピンに台風が直撃したと報道されていることがありますが、大丈夫なのでしょうか?

台風が発生しやすい時期(9月,10月,11月)

台風が発生しやすいのが9月〜11月です。地域によって台風発生の差はあります。フィリピンの首都マニラやルソンという地域は台風が発生しやすいです。

セブ島は頻繁ではありませんが、台風が発生することはあります。比較的発生しにくい場所ではあります。大規模な台風にあって避難した経験があるフィリピン人は比較的少ないように見受けられます。

もし台風と旅行の時期が重なってしまったら、室内にいるようにして、現地の天気予報を確認しましょう。

セブ島での持ち物

持ち物

傘や雨がっぱ

雨季は、突然スコールが降ることがあるので、傘や雨がっぱがあると良いです。雨が突然降ってくることがあるので、おりたたみ傘は非常に重宝しました。

日焼け止め

紫外線が強いので日焼け止めは必要です。私は雨と紫外線に備えて、おりたたみ傘と日本の日焼け止めを持参しました。日差しが強かったので、日焼け止めをこまめに塗り、肌荒れを防ぎました。

サングラス、手袋

日本人ならではですが、紫外線を防ぐ日傘、サングラス、手袋があると肌を守ることができます。

通気性に優れた服

汗をかくので、洋服などの素材は通気性に優れたものが良いです(綿、麻など)。着替えを多めに持っていくと水にぬれたり汗をかいたときに洋服を変えることができます。

水着

ホテルにプールがあったり、海で泳ぐ機会があると思うので、水着は日本から持参しましょう。現地でも売っていますが、サイズが合わなかったり、デザインが日本人向けでないものもあるので、最低1枚は日本の水着を用意することをおすすめします。

まとめ

ビーチリゾートが多いセブ島での旅行を楽しむために天気は重要です。事前に調べて把握しておく必要があります。天気に合わせて私たちの服装、持ち物を変えるなど、準備しておきましょう。

日本で必要なものを準備していなかった場合でも、現地にショッピングモールはあり世界共通のブランドもあるので、ここで買うこともできます。旅行のために気温や時期、降水量など調べておくと、旅行の計画を立てるときに参考になりますよ。

この記事が今後セブ島へ旅行に行く人の参考になれば幸いです。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

フィリピン就職・転職しよう!フィリピンの現地採用の給料や日本人向けの求人について

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る