準備が大切!海外渡航する前にやっておきたい5つのこと

海外渡航前の準備

海外にしばらく拠点を移す上で(海外就職・留学・ワーホリなど)、海外旅行とは違い、航空券を取り、海外保険に入って、荷造りして「さぁ出発!」とはならないんです。面倒ですが、あとあと困るなんてことがないように日本でやっておくべきことがあります。

今回は、カナダにワーホリで1年間滞在した私が、渡航前にやっていて助かったことをご紹介します。

歯医者で治療する

これは、場合により、一番早く取り掛からなければならないことかもしれませんね。皆さんも海外への長期滞在において、海外保険に加入されると思います。

カナダの場合では、まず海外保険に加入していなければ、ワーホリ等のビザが下りないため、海外旅行保険の加入は必須です。

しかし、その海外保険のプランにもよるのですが、だいたいのプランには歯の治療は含まれていない、また含まれていない方が断然お得というものが多いです。

実は海外での歯の治療はものすごく治療費がかかるんです。現地の方でも一度の診察で1万円はかかることもあるそうなので、日本で保険が効くうちに治療を受けておきましょう。

持病の薬を大量に入手する

常備薬

やはり、アレルギーなどの持病をお持ちの方が現地で安心して暮らすために欠かせないのが常備薬ですよね。市販のもので済むのならば直前に購入しても構いませんが、処方せんが必要なものは、計画的に入手しなくてはなりません。

特に、お医者さんによっては、一度に大量の薬を処方してくれないことも多いので、なるべく数ヶ月前からお医者さんと相談し、少し多めにお薬を処方していただき、貯めていかれるのがいいでしょう。

住民票の手続き

海外への長期滞在の際に、日本の住民票を抜くか抜かないかは、役所に尋ねたり、ネットなどで調べて検討してください。

簡単に言うと、住民票を抜くことで、その期間の国民年金を支払う義務がなくなる、住民税を支払う必要がなくなるといった、日本にいれば払わなければならないお金が免除されるということです。

一方で、もしも現地で住民票を提示しなければならない際に困る、帰国後に健康保険に再度加入しなければならない等、デメリットもあります。

そのあたりを考慮の上で、もし住民票を抜くと決めた際の手続きはお忘れなく。

重要書類を家族用と自分用に分け、場所を特定しておく

重要書類

どれだけ準備万端で旅立っても、海外生活にトラブルは付き物です。

海外保険のプラン名、連絡先、自分の登録ナンバー等は、必ず日本での保管用と自分の携帯用に分けてお持ちください。

海外プランの冊子などは、自分で携帯しなくても、ネットで確認できる場合もありますが、ご自身が登録した証明としての情報がなければ、保険会社としても対応に困るため、しっかり把握しておくことをおすすめします。

また、もし往復券で航空券を購入されている場合は、そのEチケット、海外送金のための銀行の情報やカード情報についての書類など、紛失時に必ず困るという書類は家族に頼れるように、必ず自分用と家族用を用意し、海外から連絡しても家族がスムーズに対応できるように、情報共有をしっかりしていきましょう。

携帯電話の処理

これは比較的すぐできると思いますが、もし海外でも使えるようにSIMフリーの携帯電話を安く購入するなど考えていらっしゃる方は、事前に行動するのがベターでしょう。

携帯電話を解約する、海外プランに加入するなど、いろいろな選択肢がありますので、出発前にちゃんと手続きを済ませておきましょう。

予防接種

自分の渡航する地域にもよりますが、もしもその地域で予防接種が必要ならば、薬により、期間をおいて数回に分けて受けなければないものもあるため、あらかじめ情報を取得し、適切な処置を受ける必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

海外生活に想いを馳せ、面倒で後回しにしがちなことですが、海外での自分の身を守るためにも必要なことばかりです。

海外に渡航するということは、ご家族の助けを借りることも重要ですが、日本にいるうちに、自分でできることは自分でやることが、海外での自立した生活につながるのです。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

海外へ行く前にやるべき3つの準備!病気や怪我に備えよう

海外に3ヶ月以上滞在予定の人は大使館への在留届の提出が義務です

辛くなる前に…海外での異文化生活で生じるストレスへの5つの対処法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
naho

nahoライター

投稿者プロフィール

同志社大学を卒業後、「人生の中で、旅行じゃなくて海外に住んでみたい!」という衝動から、就活を横目に、カナダに渡航。
ワーキングホリデーを使い、カナダを西から東へと転々とするのち、運良く拾われたロッキー山脈の麓のホテル内で働くことに。アート、音楽、社会心理、旅行には目がない。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. 中国移住のきっかけ
  2. 勉強
  3. マニラの市場(マーケット)
  4. アジア就職
  5. インドの言語
ページ上部へ戻る