オーストラリアのシドニーで海外就職、日系企業でも雰囲気がやっぱり外国企業

シドニー

シドニー(オーストラリア)で日系企業で海外就職した話についてのご紹介。シドニーも日本人に人気の海外就職先。多くの日本人がシドニーで仕事をしています。

現地での仕事の雰囲気、仕事ぶり、休日の過ごし方などどのようなものなのでしょうか。

今回はオーストラリアで就職した牧田さんの海外就職についてご紹介します。

オーストラリアでの海外求人との出会い

シドニーにある日本人対象の日本語新聞(駐在者や長期滞在者、永住者の情報集めのよりどころ)の求人欄より仕事を探しました。そこで、気になる求人広告に連絡し、面接を受け、採用の連絡を待つなど日本でのやり方と同じです。

今回の面接では履歴書は日本語で面接官も日本人でした。

ただ、日本では大学新卒者の就職を望む人気企業上位の会社だったにかかわらず、一回の面接で合格をもらい、驚きながらの海外就職となりました。

海外の方が、日本で人気のある企業に就職しやすいのかもしれません。

オーストラリアで海外就職をした理由

できれば完全にオーストラリアの会社に就職したく、小麦粉や豆などを扱う商社の面接に行きましたが、経験はさておきそれ以前の英語力の不足を感じました。

当然のように結果は不採用になり、まずは英語を使って仕事をする経験を積むことだと痛感したのです。

また、生活費として貯金が消えてなくなって行く状況があまりに恐ろしく、不安でした。とにかく何でもいいから仕事を探さなければと必死でした。

とにかくシドニーで仕事をしたかったので、オーストラリア企業ではなく日系企業の現地法人に入社したのです。

オーストラリアで働いて感じたギャップは日系企業で上司も日本人、でも日本の会社らしくないこと

オーストラリアの現地法人では、一般的な日本の会社のように、仕事に対し責任を持ってまじめに取り組む、またはまじめを装うことが見られず、皆がリラックスして仕事に取り組んでます。

また、お互いのミスをオープンにし、笑い合う感じがあるのです。そのため仕事の精度は下がり、効率も悪いように感じています。

日本人である上司も日本のやり方で進めていくだけのリーダーシップがないばかりか、オーストラリア人のくったくない笑いやのんびりした仕事の進め方を曖昧な笑いで眺めるしかないといった情けない態度。

日本で仕事経験を積み、オーストラリアで仕事をすると、そのギャップに驚かされます。

海外就職のメリットは労働者天国と言われるオーストラリアで気持ちよく働ける

残業させると給料は何割増し、休日出勤は給料の何倍としっかり決められた法律のもと、日系企業は特にオーストラリアのルールをないがしろにはできず、定時内で仕事が終われるだけの仕事量しか与えられていません。

仕事内容的にも非常に楽で、正直これでいいのかなと思うほど。仕事で疲れすぎることなく、また定時で帰れるので仕事の後の予定も立てやすいですし、プライベートに力を注ぐ余力は常にあります。

オーストラリアで仕事をすると、日系企業の場合、日本人と現地人との仕事量の差がある

日本の会社とのやりとりや、会社からのサービス対象者が日本人である場合は、日本語ができる日本人にしか仕事はふられません。

反面その国の国民だからこそできるほどの仕事は、管理的な仕事や会社としての対外的な仕事でないと存在しません。

会社側にしてみれば、英語がある程度できる日本人の方がより使いやすいという結果にもなり、仕事量の偏りが生じます。

また、日本人永住者にとっては、心は半分その国の国民なのでこういった差はよけいに耐え難いようで、ストレスを抱えている人が多くいます。

オーストラリアでの休日の過ごし方

日本人のいない場所に行き、オーストラリア人のするように過ごしています。例えばベアトップが当たり前の海岸で思い切って水着の上をとって寝転んでみたり。

小さい胸をはずかしそうにさらし、外国人ということで興味も持たれたのでしょう、じーっとみられることもあり、かえってストレスになりました。なので、おすすめはしません。

また、シドニーには広くて素晴らしい公園が多いので、よく散歩をしています。ただしひとりでいるとナンパに遭います。

それも日本人は年齢より若く見られるとの噂通り、かなり年下の子からでした。私は25歳なのに、その男の子は明らかに高校生。シェアメイトの友達には大笑いされました。

まとめ

いかがでしたか?

今回はシドニー(オーストラリア)での海外就職についてご紹介しました。海外で働く場合、多くの人が日系企業の現地法人に就職するという方法をとります。

しかし、日系企業とはいえ、働いているのは現地の人がメイン、会社の雰囲気も日本の雰囲気とは少し違います。

日系企業の方が仕事がしやすいと感じる人も多くいます。海外就職を目指す人はまずは海外の日系企業で仕事をしてみて、その後現地の企業に転職するという方法もありかもしれませんね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

オーストラリアでの仕事の探し方マニュアル。足で探す仕事探しを実践してみよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. カナダへ持っていかなくても良いもの
  2. ベトナム挨拶は大事!シンチャオ
  3. 30歳からのバンコク移住
  4. 海外就職時の福利厚生
  5. 外国人就業証
ページ上部へ戻る