海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

英語の勉強法とは?オーストラリア滞在者が実践

  • 公開日:
  • 更新日:
英語のカタログ

海外生活で必要な英語力。そもそもどうやって英語を勉強したらいいのか、どこをゴールに勉強したらいいのか、私も試行錯誤しながらもがいてきました。目標は人それぞれなので一概には言えませんが、英語の勉強には終わりはありません。

今回は私が渡航前から続けていることや、オーストラリアに来て自分と周りとを比べて感じたこと、実際に教えてもらった学習方法などをご紹介します。

StudyではなくTraining

夜景がきれいなメルボルンの夜

※オフィス街の夜景がきれいなメルボルンの夜

私は今まで旅行やホームステイプログラムで海外へ行ったことはありますが、どれも短期間だったので「生活力をつける」ところまでは行きませんでした。

ワーキングホリデーに限らず英語圏で長期間生活をするということは、普段の買い物、病院、銀行、トラブルの解決など全てを英語でこなすということになります。

メルボルンに来てから色々な日本人と会いましたが、気づいたことが一つ。海外でうまく生活している人というのは、英語力というより「コミュニケーション能力」が高い人だという事です。

完璧な英語でなくても、発音がよくなくても、コミュニケーション能力が高い人は周りと対等に会話をすることができ、結果=英語が話せるという印象に繋がります。

これは、英会話力とメンタル力の両方を鍛えるトレーニングだと私は思っています。

せっかく海外で生活をしているのだから当然英語を上達させたいですが、普通に生活しているだけではなかなかすぐに改善しません。コミュニケーション能力を上げるトレーニングが必要です。

そもそも英語が話せないのではなく、ネタがない

メルボルンに来て最初の1カ月目は、語学学校に通っていました。毎朝教室に入るとクラスメイトや先生が「Good morning, How are you today?」と聞いてくれます。

ですが問題はその後です。その後に自分から出る言葉が、ほぼ毎日天気の話題しか出てこないのです。他国出身のクラスメイト達はその後も会話が弾んでいました。

メルボルンだから「今日も真夏なのに朝は寒かったね~」といった、天気しか共通の会話がないと思っていたのですが、それ以前にそもそも私には周りとコミュニケーションをするための話題=「ネタ」が何もない事に気が付きました。

ですがコレ、すぐに改善しようと思ってもできません。なぜなら日本にいるときから話題を探す習慣がなかったからです。恥ずかしい話ですが、私は本を読むことが嫌いで新聞もあまり読まず、世の中のことを知らなすぎました。

他国のクラスメイトはみんな母国の人口を知っていましたが、私は日本の人口を正確に知らなかったのです。

私はビジネス英語を専攻していたので、世の中のニュースについて頻繁にディスカッションする機会がありましたが、英語力だけでなく人を惹きつけるような話題や知識を並行してインプットしていかないと、様々な人種が集まるこの国では楽しんで生きていけないと思った瞬間でした。

オーストラリアに来て実践していること

積極的にアウトプット

オーストラリア生活の醍醐味、それは毎日無料で英会話ができることです!オーストラリア人はとてもフレンドリーなので、こちらが文法的に間違った英語を話しても、言いたい単語がうまくでてこなくても、嫌な顔ひとつせずに聞いてくれます。

なので例えば仕事で接客中、常連のお客さんに帰り際「そのバッグかわいいですね!」と一言話してみたり、レストランに行ったときに今日のおすすめを聞いてみたり、図書館や郵便局などで色々質問をしてみたり、小さなことでも英語をどんどんアウトプットするようにしています。

アルバイト先のスタッフは全員英語のネイティブ達なので、彼らと業務上のコミュニケーションを繰り返すうちに、自分が話すスピードも速くなりました。間違いを恥ずかしがらずに自分の言いたいことをはっきり伝えることが大切です。

ネットサーフィンついでに興味のあるコラム記事を読む

先ほどもお話したように、私は日本にいるときから英語はもちろん、日本語も「読むこと」が嫌いでした。ついつい空いた時間はだらだらとネットサーフィンをしてばかり。

そんなときにハウスメイトに教えてもらったのが「Guardian」というWebサイト(https://www.theguardian.com/au)です。

オーストラリアや世界のニュースだけでなく、恋愛やライフスタイル、旅行などのコラム記事も多く、自分の興味のある話を読むことが出来ます。

コラムニストの意見に対し寄せられるコメントも読むと、「こうやって意見を伝える言い回しがあるんだ」と、話の内容だけでなく様々な角度から勉強になります

私は電車の中や就寝前に1日1記事読むことを続けています。長めの文章が多いので途中で断念することもありますが、「面倒くさがらずに読む」というトレーニングにもなっています。

まずは辞書を引かずに読み通し、そのあとで声に出して音読をしたり気になる単語を簡単に調べています。(全部の単語を調べるときりがないので、数個だけですが、そのほうが印象深く記憶に残ります)

私が今目標としている英語力(コミュニケーション能力)は、仲良くなった人たちと食事やお酒を楽しみながら、興味のある話題に対して自分の意見をユーモアを交えて伝えることです!

女子力アップにも!?恋愛映画

私の今住んでいる家にはNetflixがあり、時間のある時には家で映画をよく観るようになりました。

そこで私の好きな恋愛映画やコメディ映画を英語字幕付きで楽しみながら、日常的に使えるフレーズや発音を勉強しています。

最近観たのは「Alex and Eve」というシドニーが舞台の恋愛コメディーで、オーストラリアならではの他民族同士の結婚がテーマの、キャストも内容も素敵な話です!

「自分もこんな恋愛がしたいな~」「中学で習ったこんなシンプルな英語でネイティブの会話が成り立つんだ、私も使ってみよう!」と夢を膨らませつつ楽しみながら学ぶことができますよ!

日本にいるときから続けていた英語の勉強

「英語は出発前から学習して、なるべく英語力を上げてから海外へ行ったほうがいい」とよく言われます。確かにそうです。その方が慣れない海外生活での負担が減るからです。

ですが、いざ勉強を始めても急に伸びるわけではありません。私も英語を独学で勉強してきたのであくまで自分の体験として書いていますが、日本にいながら生活の一部に英語環境を取り入れてしまうのが良いです。

具体的に私が数年間実践していることが3つあります。

英語ラジオの聞き流し

まず無料アプリで英語ラジオの聞き流しです。おすすめはイギリスのBBC Radioのアプリ。ニュースだけでなく音楽チャートやスポーツなど多くのチャンネルから気分で選んで聴いています。

その日のトピックニュースは一日に数回流れるので、繰り返し聴くうちにリスニング力が強化されました

今のレベルを知るためにTOEICを受けてみる

初めにお伝えしますが、TOEICは日本では語学の資格として人気ですが、海外ではあまり重要視されていません。なぜならスピーキング力を図れないからです。(TOEIC SWは例外)

日本でも外資系を中心にTOEICのスコアではなく、どれだけ英語でのコミュニケーション能力があるかを問う企業も増えています。

ですが、今の自分の英語力を知るためにTOEICを受ける価値はあると思います。私も1年~2年に一度は受けています。その時に思い出す機会がやって来るのが、高校までの英文法です。

初めに「海外生活で必要なのはコミュニケーション能力でありStudyではなくTraining」だと書いたので、矛盾して聞こえてしまいますが、資格に関してだけは「コツコツ勉強」です。

英文法の苦手意識がなくなるとTOEICだけでなく、大学入学や永住権取得のカギとなるIELTSや、ケンブリッジ英検の学習も飲み込みが早くなると、語学学校の先生も言っていました。

日本にいながら英語をアウトプットする機会を作る

私は今まで約10ヵ国ほど旅行で訪れましたが、行った先々で最低一人は知り合いを作るように努力し、帰国後もMessengerやSkypeで話すなど日常的に英語環境を作っていました。

また、独り言のように英語をブツブツと呟くのもおすすめです。(歩きながらでは少し怪しいですが、自分の部屋でなら問題ありません)

例えば私の場合、映画でかっこいいと思ったセリフや、仕事中の英語対応がうまくできず、相手に正しく伝えたかったこと、結婚式の友人代表スピーチを英語でこう言えたら素敵、など。誰も聞いないので、どんどん呟きましょう!

お祭りのボランティアに参加したこともあります。東京浅草の灯篭流しという、とても大きな行事のボランティアで、来場した多くの外国人に英語で灯篭の説明をしながら販売もし、日本文化を紹介する素晴らしい経験をしました。

日本でも英語を話すチャンスはある

また、レアジョブ英会話などを使えば月に6,000円前後の格安料金で毎日英語を話すことができます。 

英語を話す相手が英語のネイティブスピーカーでなくてもいいのです。共通言語としての英語でコミュニケーションをとるチャンスは、日本でもたくさんあります。

まとめ

継続は力なりといいますが、英語力アップの為には、自分が日々楽しんで続けられることを見つけるのが一番いいです。コミュニケーション能力が上がると、海外生活も充実します!

英語を話す機会は現地に行ってからたくさんありますが、日本にいるうちから英語を話す「クセ」をつけておきましょう。せっかくの海外生活でも、あいさつ程度の会話だけの日々ではもったいないですよ!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る