カナダで仕事!バンフよりもさらに僻地のホテルで働いてわかった4つのこと

カナダ

私は、カナダのロッキー山脈の麓、観光地バンフからも離れた、スキーリゾートにあるホテル内で働いていました。そこは、まさに山奥。

スーパーがないので、スーパーのある街まで約40分も車を走らせなければならない、周りに住めるような住宅地がないので、従業員のほとんどがホテルの寮で生活といった、ある意味隔離された世界に住んでいました。

こんな風に言うと、不便で、つまらなそうと思われるかもしれませんが、カナダのことをもっと知りたかった私にとっては、最適の場所でした。

今回はカナダの奥地(バンフよりもさらに奥)でのお仕事についてご紹介します。

カナダ人は仕事も楽しむ

カナダでの仕事

従業員とは、ホテルと寮を行き来する生活の中で、まさに公私共に生活を共にするといっても過言ではありません。

カナダの国民性としてなのか公私をきっぱり分ける雰囲気ではないので、皆、仕事中もふざけあいながら和気あいあいとしており、一緒に休憩を取り、仕事終わりもそのまま一緒の家に帰り、またワイワイしていました。

仕事中にも、休みシフトの友達が、職場に顔を出して、「調子どう?」といった具合。

狭いコミュニティーなので、個々の情報も筒抜けなのですが、なぜか男女問題などドロドロとした雰囲気にならなかったのが不思議。そういったことは干渉しないという暗黙のルールみたいなものがありました。

思った以上にいろんな人と知り合える

毎日職場でも家でも同じ顔ぶればかりで退屈、と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

特に、リゾート地などにあるホテルは、世界各国からワーホリやワークビザを使い期限付きで働く方も多いのに加え、カナディアン達も、日本の夏に海の家で働くといった感じで、大学生など、遊ぶための出稼ぎに来る方が多く、毎週毎週新しい人が来ては去っていくという状況でした。

その分新しく入った人もすぐに馴染め、自分次第で多くの人と短いながらも密な関係を築くことができます。その分、毎週別れがあるのも寂しくはありますが……

地方のホテルならでは!レクリエーションの充実

カナダの職場のレクリエーション

地方のホテルならではの取り組みなのかもしれませんが、社員が退屈しないよう、ホテル全体が何かしらのレクリエーションを設けてくれています。

私が働いていたホテルでは、オリエンテーションにハイキング、年始には豪華なニューイヤーパーティー、ハウスキーピングチームの謎の運動会などがありました。

私の友人も近くのホテルに勤めていましたが、彼女の最初の業務は、ハロウィーンのパンプキンを彫ること。

しかもこれらが業務時間として換算されていることや、パーティーにおいてはホテルの負担となっているから驚きです。

年間のイベントが楽しめる

職場の年間イベント

やはりホテルということで、宿泊客を楽しませるようとイベント事は欠かせません。

クリスマスに向けて、ホテル全体にクリスマスツリーなどが飾り付けられていく過程や特設のスケート場が作られていく様子を間近で見る事ができ、またニューイヤーでは、ホテルが打ち上げ花火を挙げ、それを宿泊客に紛れて眺めるなど、従業員全体がイベントに向けて盛り上がっていくワクワク感を味わうことができました。

もちろん実際、そのイベントの真っ最中は、繁忙期ということで大変忙しいのですが、時期をづらして、ホテルがレクリーエーションを催してくれたり、時給を上げてくれるため、不満は全くありません。

まとめ

いかがでしたか?

バンクーバーやトロントは住むにも働くにも大変便利ですが、多くのカナディアンや他国の方と密接に関わる事が難しいと私は感じました。

日本にいる頃は、カナダ=ロッキー山脈という「まさにここがカナダだ!」というイメージはあまりなかったのですが、ロッキー山脈の麓でこうして働くことで、ようやく「カナダにいる!」という実感が湧きました。

もちろん不便なこともたくさんあります。公私を分けられないというストレスもあるかもしれませんが、世界中から集まった人たちがせっかくある一箇所に集まり、公私を共にしているのです。

そこで色んな人と密に関わり合う機会は滅多にありません。この際、カナダへ飛び込んでみるのもアリですよね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

カナダのパブで見つけた魅力!カナダ人に惹き込まれる5つのこと

カルチャーショック!カナダでの接客で悟ったこと

日本から持っていかなくても大丈夫!カナダでも手にはいる必需品5選

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
naho

nahoライター

投稿者プロフィール

同志社大学を卒業後、「人生の中で、旅行じゃなくて海外に住んでみたい!」という衝動から、就活を横目に、カナダに渡航。
ワーキングホリデーを使い、カナダを西から東へと転々とするのち、運良く拾われたロッキー山脈の麓のホテル内で働くことに。アート、音楽、社会心理、旅行には目がない。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. 大連の賃貸物件の家賃
  2. シンガポールで働く
  3. メコンデルタを馬車で移動
  4. タイ人の特徴
  5. ネパールの教育
ページ上部へ戻る