海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

カナダで日本語を教えたい!日本語教師として働くという選択肢

  • 公開日:
  • 更新日:
日本語の教科書

カナダに住みたい、日本以外の国で働きたい……そんな夢を持っている日本人にとって、生活のために必要なのは、仕事です。

日本人という事実を生かした職種として、真っ先に頭に浮かぶのはやはり、日本食レストランのスタッフか、日本語教師ではないでしょうか。

筆者はカナダに住んで15年以上になりますが、実は両方の職を経験しました。今回はその中で、今も続けている私の日本語教師業とその背景について、ご紹介してみたいと思います!

日本語教師を目指したきっかけ

レストラン

日本語を外国人に教えたいと初めて思ったのは、私が20の時です。大学で勉強するかたわら、留学資金をためる目的で3つほどアルバイトを掛け持ちし、分刻みのスケジュールで働いていました。

そのアルバイト先のひとつだったイタリアンレストランで、ある男性と出会いました。東芝のアメリカ工場で働いていた彼は、出張で3週間ほど東京へ来ていた時に私が働いていたレストランにたまたま立ち寄ります。

日本語が全く分からないので助けてほしいと、ウエイトレスの私に話しかけてきたのがきっかけで、それ以降来店の際には毎回おしゃべりするようになりました。

そこは東京は東京でも西のはずれだったので、英語が通じる食べ物屋さんが近くにはあまりなく、その男性は毎日のように食事に来るようになりました。

あと2日で出張が終わる、という週末に、一緒に美術館へ行きました。その日は、いつもレストランでしていた、接客の合間をぬった会話とは違い、1日ゆっくりと話しながら歩き回ることができました。

その時に、「せっかくだから帰る前に日本語を色々覚えたい」というリクエストがありました。

留学を夢見て英語を勉強していた私は和訳の知識は多少あったので、お安い御用と引き受けたものの、直訳だけでは説明できないことが意外に多いことにびっくり!1日終わるころには、頭を使い過ぎてぐったりでした。

それまでは、勉強したい、知識をつけたいと自分のために新しい情報を取り込むことに忙しかった私ですが、

逆の立場で教える側に立つというのがどういうものかを体験した1日を終えて、自分の中にある知識を人のために引き出すということに、魅了されている自分に気が付きました。これが、日本語教師を目指すようになったきっかけです。

日本語教師の資格を取る

テキスト

資格を取るためにできること

日本語教師として働きたいと思い描くようになってからは、その資格をいかにして取るか、具体的に考えるようになりました。

一般に、日本語教師と銘打って仕事をするにあたって必要とされるのは

  • 日本語教師養成講座420時間コースを受講、修了している
  • 日本語教育能力検定試験に合格している

のどちらかです。

結果的に私は、日本語教師養成学校に通い、420時間の講座を取ることにしました。受講費用はかかりますが、一年に一度しかない日本語教育能力検定試験に挑むよりも確実ですし、何より実践的な知識が身に付くと思ったからです。

ちなみに日本語教育能力検定試験の情報は、こちらに(https://日本語教師になる方法.com/)わかりやすくまとめられています。こちらの記事によると、合格率は20%台前半。決して簡単な試験ではないことが分かります

私が選んだ学校

2006年の4月から、新宿にあるアークアカデミーという学校に半年間通いました。授業は大学の講義のような感じで、自分のスケジュールに合わせてとれる量を調節できます。2年かけて資格を取る人もいれば、私のように半年で終える人もいます。

またこの学校は日本語学校も併設されていて、日本語を勉強している外国人学生もたくさん通っています。

そのため実際に外国人学習者を相手にした実習や、個人レベルでの触れ合いを体験できるのが、私がこの学校を選んだ理由でした。

学校では、上の写真にあるテキストを使いました。文法や文字、語彙など言語のエレメンツに当たる部分はもちろんのこと、学習者の心理に関することや、背景に当たる社会文化的なことに関する部分も、しっかり勉強します。

基本情報

  • 名称:アークアカデミー新宿校
  • 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-11-3 平田ビル1号館2階
  • アクセス:新宿駅西口徒歩3分
  • 営業時間:月~金 10:00~17:00(休日:土日祝日)
  • 電話番号:03-5348-7671
  • 公式サイト:https://yousei.arc-academy.net/

教育実習も充実

自己学習だけではカバーできないのが、現場で学ぶ、教育実習です。アークアカデミーは個別指導のためのプログラムも充実していました。

教育実習ではこんなことがありました。マンツーマン指導の実習で、私はタイ人の男の子を担当しました。休日に何をするかについて作文してもらい、添削するというプログラムです。

その時に、タイで実際に見た映画の半券を私にくれたのです。プリントされていたタイ語はもちろん読めませんでしたが、嬉しくてしばらく大事にとっていたのを覚えています。

教壇の上からの視線だけではない、学習者目線での授業について学べたことは、私にとって大きな財産となりました。

また私が通っていた時はなかったのですが、今ではWeb講座も選択できるようになっているようで、本当に便利になったなと思います。アークアカデミーは、日本語教師を目指している人たちへ、卒業生として自信をもっておすすめできる学校です。

いざ!カナダ人に日本語を教える

カナダ

2006年秋に、学校を卒業して私はカナダへ越してきました。2007年の1月からこちらの大学に通いつつ、日本語を教え始めます。

私が選んだスタイル

最初は個人指導のみで教えることにしました。個人の能力に合わせて授業をプランし進めていけるのが、マンツーマン指導のいいところです。

複数を1度に教えるグループレッスンは、人数が増える分同じ時間でもらえる金額は大きくなりますが、最初は個人指導で要領をつかみたいとこちらを選びました。

また個人指導の場合は、お互いのスケジュールを見て都合のいい時にレッスンができます。日にちの都合がつかないので受けられない、という生徒は大分少なくなります。

生徒の探し方

最初の1年は、大学に掲示板があるので、そこにチラシを作って掲載しました。あとは上の写真のような、街の大通りにある広告塔や喫茶店など、たくさんの人が注目する場所に同じチラシをペタペタと貼って回りました。

一番最初の生徒は、ナイジェリア人の女の子でした。日本のアニメを字幕なしで見たい!という夢をかなえるために勉強が始まります。

1年くらいしてから、オンラインのフリーマーケットサイトで語学関係のチューターとして広告を出せるということを知り、それ以降はこのサイトを利用しました。

Kijiji(https://www.kijiji.ca/)と言うこのサイトは、誰でも無料で商品を売り買いしたり、サービスを紹介したりすることができます。サスカトゥーンでは中古品を売りたいときなどによく使われる、とても便利な存在です。

教材と教え方の工夫

基本的には、スリーエーネットワークが出版している「みんなの日本語」という教科書を使って指導しています。この教科書は、アークアカデミーで指導方法を勉強していた時に使っていたもので、内容もよく読み込んでいるし、使いやすいので愛用しています。

ただ、生徒の中には「ひらがなカタカナは覚えたくない。会話だけ勉強したい」という人や「JLPT(日本語能力検定試験)を受けるための勉強がしたい」という人もいます。

そういった要望があるときには、その子独自のレッスンをプランニングします。このあたりは、教師としての能力が問われるところです。

生徒の中には、スポンジのように何でも吸収できる人もいるのですが、1つのことを覚えるのにずいぶん時間がかかってしまう人もやっぱりいます。

一人ひとり効果がある教え方は違うため、興味をいかに持続させて苦痛にならない勉強をさせるか、四苦八苦しながらその人に合ったレッスンを心がけています。

こんな生徒を教えてきました

勉強する男性

生徒たちは年代も目的も、本当に様々です。下は小学生から上は40代まで指導した経験があります。

日本のアニメが好きで、いつか行ってみたいと思っている人。大学の派遣プログラムで横浜に行くことになったので、少しでも日本語を勉強してから行きたいという人。

昔日本に住んでいた経験があって、もう一度日本語を勉強したいと思っている人。ワーキングホリデーで日本へ行きたいという目標に向かっている人。

日本語を学ぶ動機や目指すゴールは違っていても、日本という国や文化が好きで憧れている気持ちは同じです。彼らの背中を押してあげられるのは、とても嬉しいことです。

授業形態の移り変わり

3年くらいして慣れてきた頃には、グループレッスンも始めました。この頃は一番生徒が多くて、18人でした。単純に1人1時間の計算でも、週に18時間=1日2-3時間は、日本語を教えていました。

当時は0歳と2歳の子供たちがいたので、レッスンに合わせてお昼寝の時間を調整したり、合間を縫って外遊びさせたりと、色々大変だったのを覚えています。

レッスンも、2週間に1回だったり、1回90分だったり、生徒のスケジュールに合わせて臨機応変に対応していました。

ここ3年ほどは、同じメンバーを教えています。子供の数が増えて、自宅での指導が限界になってきたので、今現在うちに来る生徒は2人だけです。他の生徒は喫茶店で会うか、生徒の家でのレッスンとなっています。

生徒の1人は、ギターを教えているミュージシャンで、彼とのレッスンは少し特別なんです。最初の2年は私が日本語を教えるだけだったのですが、ここ数か月はお金の代わりに、彼からギターのレッスンを受けています!こんな形でサービスを交換し合うのも、楽しいですよ

学校で日本語を教える場合は?

カナダの公園

個人でチューターとして指導するのではなく、学校で教壇に立って教えたいという人へ向けて、以下はこの街の学校で教える場合について必要な資格などを紹介します。

日本語学校で働く

サスカトゥーンには、日本語学校が1校あります。規模は大きくないのですが、創立42年と歴史があり、夏には街の日本人会と共同で運動会を開催したりもしています。

学校と言っても建物はなく、週末に校舎を開放している公立学校を使っています

今年の生徒は30人弱。そのほとんどがカナダ人学生です。1976年の設立からしばらくは、駐在家庭や仕事の関係でこの町に住んでいる日本人家族のための日本語の補習校という形で機能していたそうです。

校長先生に確認したところ、この日本語学校の先生として働きたい場合は、特に資格がなくても大丈夫ということです。ワーキングホリデーでカナダに来た人はもちろん、学生のボランティアも大歓迎。経験を積んでみたいと思っている人には、最適な職場です!

基本情報

市内の高校で教える

ここサスカトゥーンは日本のいくつかの街と姉妹都市関係にあり、毎年交換留学プログラムで何十人もの生徒が行き来しています。その関係もあり、市内の公立高校のうち3校では、日本語を履修することができます。

日本語は3レベルで、全て終える頃には、初級の文法・語彙はひと通り学べるようになっているとのことです。私は一時期、先生に頼まれてここでボランティアをしていたこともあります。

高校で教えるためには、教職免許が必要です。日本の学校で取ったものでも、こちらの大学の教育学部を卒業して取ったものでも、どちらでもよいそうです。

2018年現在、たった1人の日本人の先生が3つの高校を回って教えています。急な病気の時などに代理の先生もいない状況のため、需要は確実にあるようです

大学で教える

2014年からは、市内の州立サスカチュワン大学でも日本語の講義が始まりました。知人である北海道出身の先生が、講師をしています。

大学では、2段階レベルの日本語クラスに加えて、映画などを使いカルチャー的な部分を中心に学ぶクラスが用意されています。これらのクラスは毎年履修希望が殺到するほどの大人気です。

若者の間で、日本とその言語に対する関心が高いことが伺えます

大学での授業は高校のそれと比べると、同じ初級レベルのクラスでも内容が濃く、深いところまで学べるようです。プレゼンテーションが多く、読み書きの能力に加えてコミュニケーション力を養うことが期待されていると言えます。

まとめ

サスカトゥーンは小さいですが、日本語を習いたいと思っているカナダ人は結構見つけやすいと思います。学校でたくさんの学生を教えるもよし、チューターとして家庭教師スタイルでの指導もやりがいがあります。

海外で日本語教師になることを夢見ている方へおすすめできる、素敵な街です。寒い冬の対策だけは忘れずに、カイロをたくさん持参して、ぜひいらしてくださいね!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【カナダ求人】未経験からでもカナダ就職を狙える転職エージェントまとめ

カナダで就職・転職するには?カナダで働くために日本人が押さえておきたい11のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 海外就職求人サイト
  2. リクルートエージェント
  3. 旅行バッグ
  4. 楽天カード
  5. シティ
ページ上部へ戻る