海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

タイで日本食生活!バンコクのスーパーで和食用食材を探せ

  • 公開日:
  • 更新日:
マックスバリュー

タイで暮らしていると、ふだん食べる食事は当然のことながらタイ料理が多くなります。

わたしは基本、タイ料理は大好きです。辛いのは全く問題ありませんし、パクチーもバンバン入れます。とはいいながら、毎日、毎食というのはさすがに飽きます。タイ料理は炒め物、揚物など油を使う料理がほとんどで、けっこうもたれます。

また、ハーブ類や調味料を多用するので、素材本来の味より味付けが勝ります。あっさりが身上の日本料理が恋しくなってしまうわけです。

タイでは日本料理がブームで、多くの日本食レストランは連日タイ人の客でにぎわっています。大衆店なら日本と較べたらずっと低価格ですが、それでもタイ料理の食堂と較べれば1食あたり4倍以上です。

やはり家で好きなものを作り、たっぷり食べた方がお得。そして、そうなると必要なのが日本食用の食材・調味料です。

今回はタイで日本食材を購入できる場所をご紹介します。

タイで入手困難な和食用食材はこれ!

野菜

ほとんどの食材はタイで普通に売られているもので賄えますが、なかには見つけるのが難しいものもあります。

野菜だと、サトイモ、山芋、カブ、ゴボウ、長ネギ、ホウレンソウ、ナス、キュウリ、ミョウガなどは普通の市場やスーパーマーケットにはありません。ナスやキュウリ、ネギはタイの品種のものがあるのですが、日本と同じものは普通の店では見つかりません。

もちろん、野菜の漬物もタイ式のものしかありません。お好み焼きに欠かせない紅生姜、カレーに添えたい福神漬けなども、なんとか調達したくなります。ノリやワカメなどの海藻類もあまり見かけません。

加工品のかまぼこ、麩、こんにゃく、そばやうどんなども見つけにくい食材です。(タイには中国系の人が多いため、豆腐や干しシイタケなど、中華料理に使われる食材はふつうに売られています。)

さらに、出汁の素、醤油、味噌、料理酒、味醂、トンカツソースやお好み焼きソース、麵つゆなどの和食に欠かせない調味料・ソース類も入手が困難です。

タイのスーパーマーケットは、双璧といわれる「Big C」と「Tesco Lotus」、さらには「Tops」や量販店「Macro」などがメジャーどころです。

これらのうち、Macroはどの支店も大規模店舗で、品ぞろえが非常に充実しており、一般の商品と混じって長芋や日本と同じ長ネギ、キュウリなどが売られていることがあります。しかし、求める和食用食材を全て入手できるとは限りません。

でもまだ諦めてはいけません。和食用食材を豊富にそろえている店があるのです。

「伊勢丹」食品売り場

伊勢丹はいわずと知れた日本発のデパートです。BTSチットロム駅の近くにバンコク店があります。5階には食品売り場があり、和食用食材が豊富に揃えられています

タイで生産されている日本品種の野菜が多く集められており、調味料など日本からの輸入品も多彩です。

ただ、デパートだけあって値段は高めです。例えば長芋はフルサイズが1本1,000バーツ(約3,000円)程の価格です。

日本人向けの老舗スーパー「フジスーパー」

フジスーパー

フジスーパーは駐在員妻御用達の日本人向けスーパーマーケットです。日本人が多く住むスクンビット通り地区に4店舗を構えています。

日本のスーパーとほとんど変わらない感覚で利用できます。客層は大部分が日本人の奥さんたちや、日本人駐在員宅の家政婦とおぼしきタイ人女性です。

和食用食材はほとんど揃っていますが、野菜類は時期によってないものもあります。

フジスーパー

日本からの輸入品は当然輸送料が上乗せされているので、その分高価です。インスタントラーメンなどは日本の約3倍の価格です。

日本系スーパー「マックスバリュー」

マックスバリュー

イオン系列の日本系スーパー、「MAX VALU」にもある程度の和食用食材が揃っています。伊勢丹やフジスーパーほど本格的ではないものの、日本品種の野菜や日本から輸入した調味料などが売られています。刺身や寿司なども、まずまず許せる範囲内の味です。

MAX VALUは「Big C」、「Tesco Lotus」、「Tops」に次ぐ4番手のスーパーマーケットで、バンコクにはあちこちに店があります。伊勢丹やフジスーパーは遠いという人でも、近所にあるMAX VALUで一般的な和食食材を入手できます。

このほか、欧米人向けの「ヴィラマーケット」でも日本製の調味料などが売られています。店舗数は多くありません。

食品宅配サービス

日本人家庭や日本料理店に食品・調味料・酒類を宅配するサービスもかなり人気があるようです。食品は冷凍食品やレトルト食品など、長期保存できるものが主体です

まとめ

揚物や炒め物が多いタイ料理と較べると、日本食はカロリーが控えめです。ビタミン類も日本食の方が勝っています。日本人の平均寿命の長さは、日本食のヘルシーさによるところも大きいはずです。

醤油や味噌、出汁といった基本的な調味料を揃えておけば、手近にある材料でおいしい日本食を作れます。ものぐさな男性でも、たまには手作りの日本食を試してみてはどうでしょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【タイ求人】未経験からでもタイ就職を狙える転職サイトまとめ

タイで働くには?日本人がバンコクの日系企業・外資系企業に就職する方法

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
ラバート左門

ラバート左門ライター

投稿者プロフィール

嫁、娘、ネコ4匹とともにバンコク在住。タイの話題を現地からお届けします。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る