海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

台湾人と結婚して感じた家族の関係性・家族行事

  • 公開日:
  • 更新日:
台湾

台湾、そして中華文化というと、家族とのつながりが深く、家族同士の距離感が非常に近いというイメージはありませんか?

台湾人の夫と結婚した私ですが、結婚前はやっぱり「台湾人と結婚したら家族行事が盛りだくさんで、結構大変なのかなぁ~」と心配していました。

ところが、意外や意外、わたしの家族は珍しいことに、家族行事の少ないレアな(?)家族だったのです。とは言っても、台湾では家族間のつながりが深い、家族行事が頻繁に行われる家庭が主流。

今回は、台湾人と結婚してみて知った家族との関わり方、友人のケースなどをご紹介します。

頻繁に実家に帰るお嫁さん

台湾

最近はそうでもないかもしれませんが、日本では一般的に、結婚したあと頻繁に実家に帰るということはあまりありませんよね。

ここ台湾では、頻繁に実家に帰っているお嫁さんが大部分だと感じます。

私のある友人のお姉さんは、結婚後、子供を実家に預けるという理由もありますが、なんと毎日実家に顔を出しているとのこと。

別の友人(義両親と同居中)も、毎週末義理の姉が泊まりにきているよと言っていました。

家族とのつながりを非常に大事に考えている人が多いので、実家に頻繁に帰ろうと、泊まってこようと、だれも何も文句を言わないようです。

私もすっかり台湾式を見習い、割と頻繁に日本の実家に帰省していますが、夫にも義両親にも何かツッコまれたことはありません。しかしながら、日本ではまた考え方が違いますよね。

実の両親には「旦那さん放っておいて大丈夫なの?」なんて、頻繁に帰省するために、夫婦間を心配されてしまっています。

これから台湾人と結婚して台湾に住むという方、日本が恋しくなったらどうしよう…と心配されているかもしれませんが、機会さえあるのならば、いつでも帰省しちゃって大丈夫ですよ!

旦那さんも「家族に会いに行くんだね」と、きっと寛大に見守ってくれるはずです。

台湾家庭の家族行事

台湾行事

家族行事

台湾で一番重点をおかれている家族行事と言えば、なんといっても旧正月の「春節」です。

私の家族の場合は、旧正月のうちの一日、親戚一同が集まり、食事会が開かれますが、絶対参加してね!!と義両親からプレッシャーをかけられることもなく、もし来れたら食べに来たら?というスタンスです。

が、これはレアケースで、外国人妻だろうと旧正月はみんなで集まる!という家庭のほうが多いかもしれません。

旧正月以外にも、8月8日の「父の日」、5月の「母の日」、中華圏のお月見「中秋節」などは家族行事として一緒に食事をするところが多く、家族同士の仲がさらに親密な場合は、家族一人一人の誕生日を皆で一緒に祝ったりすることもあるそうです。

もしも今、台湾人の彼と付き合っているという方がいれば、今のうちから家族間のつながりはどのようなものか、確認してみるといいかもしれませんね。

未だに長男主義!?が色濃く残る台湾

台湾

今でこそ「女の子が欲しい」という台湾人夫婦も増えてきましたが、昔からの考え方で「将来、世話を見てくれるであろう男の子がほしい」という方もまだまだいます。

私の主人も、やっぱりそこは台湾男子なのか「将来は親の面倒を見なければいけない。僕が見ないとだれが見るんだ!」と、とても責任感の強いセリフをよく言っています。

義両親にも、「これは台湾の占い的に女の子が生まれるからやめたほうがいいよ」「早く子供を産んだら、将来自分たちの面倒を見てくれるから楽だよ」という、直接的には言われませんが“男の子を生んで将来の面倒を見てもらうのが一番!”というアドバイス?をいただいています。

なんだかすでにプレッシャーを感じているのですが、、、ちなみに!台湾は中国大陸と違い一人っ子政策はありませんのでご安心して下さい!(中国での一人っ子政策は2015年に廃止されました)

私の祖父が「もしも双子ができたらどうするの…?」と悲しそうな顔で聞いてきたので書いておきますね。

まとめ

中華圏に嫁ぐとなると、避けては通れない家族との親密なお付き合い。

一般的には、やはり田舎に行けば行くほど、こういった家族同士のお付き合いはさらに深まっていくようですが、台北などの都市部では徐々に核家族化も進んでおり、一概にはこういうものとは言えない状況なのかもしれません。

将来は彼と結婚したい!という台湾人のボーイフレンドがいらっしゃる方は、今のうちから、それとなく家族間の関わりがどのようなものか聞いてみてもいいのではないでしょうか。

むしろ、今の段階から彼の両親と仲良くなり、実の娘のように接してもらえるような、温かい関係を築くのも素敵だと思いますよ。

台湾人は本当に“家族”を大切にするので、日本であまり家族行事がなかった方は親密さにびっくりするかもしれませんが、私はそれでも、やっぱり“家族っていいな”と感じさせられました。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【台湾求人】未経験からでも台湾就職を狙える転職サイトまとめ

台湾で働くには?台湾で就職・転職したい日本人向けの仕事と求人の探し方

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
MAKO

MAKOライター

投稿者プロフィール

台湾在住のフリーランスライターです。
趣味は映画鑑賞、読書、食べ歩き、観光地巡り等。
旅行で訪れた台湾に魅せられて、語学留学、その後ワーキングホリデーでも渡台。
台湾人の夫と遠距離恋愛を経て国際結婚しました。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る