海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

プーケットで働く!タイで仕事をしていて困ること6選

  • 公開日:
  • 更新日:
ストレス

どこの国いても仕事をしていると、大なり小なりトラブルや問題は起こるものですね。トラブルや問題が起こらないにこしたことはないのですが、やはり、避けられない事もあるでしょう。

今回は、タイのプーケットでも仕事をしていて困ったことやちょっとしたトラブルについてご紹介します。

会社の設備編

急な停電

電気

とにかく停電は日本よりかなり多い頻度であります。また、事前に停電についての連絡がなく突発的な場合がほとんどです。

仕事中に急に電気が止まってしまうので、インターネットも接続できない、パソコンを使用していてセーブをしていないとデータが消えてしまう、社内システムもダウンし、お客様からの問い合わせに対応できない等、大きな支障がでて、本当に困りものでした。

私の働いていた会社は以前はジェネレータがなく、ようやく2年ほど前に設置されました。

その後は今までのようなことはなくなりましたが、個人経営の会社などはなかなかジェネレータをつけることはないとは思います。停電は日常生活はもちろんですが仕事上でも本当に困ります。

また、予告なく断水になることもあるのです。電気がないのも仕事ができなくて困りますが、水がないのも本当に困ります。こんな時に、「日本ってなんて素晴らしい国なんだろう」としみじみと感じてしまいますね。

インターネット接続不良

インターネット

停電でもないのにインターネットの接続不良が起こることがあります。

5分程度で通常に戻る場合もあるのですが、しばらくの間、つながったりつながらなかったり……と、これも仕事が進まず、非常にイライラしてストレスがたまってしまうこともしばしばです。

タイ人編

仕事

タイ人スタッフの返事、回答が遅い

タイ人の方と仕事をしていて、質問や確認して欲しいことなどを依頼することがよくあります。しかし、返事が遅かったり、回答や返事をもらえないことがあります。

仕事なので、そのままにはできませんから催促をすると、今やってる、または、忘れてたという返事がきます。

タイ人の方も他に仕事があるかと思いますので、仕方がない部分もあるのですが、やはり仕事が進まないのは困ります。また、お客様からの問い合わせの場合お客様をお待たせすることになります。

何回も催促するのはこっちにしても面倒だし、あまり気持ちのいいものではありません。

確認不足

私が働いていた会社のタイ人の方の中には、確認が不十分でお客様への連絡メールを送り忘れていて、お客様からお叱りを受けたこともあります。

タイ人の方全員がそうとは限らないのですが、物事を未然に防ぐという意識は薄いようです。

例えば、間違いや問題のあった件に対して、念のために間違いがないか後日に再確認をするということはありません。

こちらが気にかけて「あの件は大丈夫?再確認した?」と聞くと「えっ?もう一回聞くの?」という返事が返ってきます。そして、しぶしぶ確認したら再度、同じような間違いを起こすということもありました。
何か問題が起これば、その問題に対しての対応、処理はしますが、事前に再度確認をしておくという事は苦手なようです。

また、電話で取引先などに質問や確認依頼をする際にも5つ確認事項があればそのうち2つ聞き忘れて、再度電話をかけるという事も少なくないようです。

メモを取るということはあまり習慣にないようで、何回か上記のような聞き忘れがあったので、「確認事項をメモした方がいいかもね}というと、「あっ、そうね。そうする」と、いう返事。

そのときはメモしていましたが、次の時にはメモを取るのを忘れていました。

コミュニケーション

仕事

言葉の違いによる勘違いや聞き間違いによって起こるトラブルや問題もあります。

タイ人スタッフとはタイ語で話すようにしていましたが、やはり私はタイ語のネイティブではないので、うまく伝えられない場合ももちろんあります。

外国人との仕事に慣れているスタッフや勘のいい方は私がすべてを言わずとも「じゃ、○○だから△△したらいいね」など理解して提案をしてくれたりします。

そうでない場合は説明に時間がかかり、説明し終わっても本当に相手がわかってくれているのかが不安になります。

そして、少々不安なので「私の言ったことはわかりましたか?」と聞くと「大丈夫、わかったよ。ok ok」と言うので「大丈夫なのか」と、少し安心していたのですが、やはりあの時の不安は的中し、予約が違っていたり、時間を間違えていたりしていたことがありました。

自己を肯定する国民

仕事

タイ人の方々は、どうも間違いを指摘すると逆切れをしたり、「あの時、あなたがこう言ったからこうした」などの自分は悪くないという主張をする、素直に自分の間違いを認めない傾向にある方が多いように感じます。

言い方、話し方によっては動いてくれますので、こちら側のやり方次第です。

まとめ

これからプーケットで働いてみたいと考えている方の中には、これを読んでもしかしたら、考えが変わってしまうかもしれませんね。

でも、だんだんと慣れてきますので大丈夫ですよ。そして、不思議なことにもしかしたら自分のこれまでの仕事に対する考え方が間違っていたのかもしれないという感覚さえ起きてしまいます。

これが「マイペンライ(大丈夫、問題ない)」の国、タイの魔法かもしれません。このタイの魔法にかかるか、かからないかは自分次第なんでしょうね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

初めてのバンコク就職のすすめ、タイで現地採用として就職してみよう

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る