海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

タイのプーケットで日本人が必要とされる職種とは?

  • 公開日:
  • 更新日:
プーケット

タイのリゾート地プーケットには、年間を通していろいろな国からの観光客が訪れます。もちろん日本人も日本の連休を中心に多くなります。

日本人の観光客の場合、日本語での対応を求められることが多いので、さまざまな場面で日本人のスタッフが必要となっています。ここでは、プーケットで日本人が必要とされている職種をご紹介したいと思います。

※1タイバーツ=約3.48円 (2019年5月)

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

旅行会社の日本人対応スタッフ

オフィス

最も引く手あまたな職業

プーケットで観光客が最も必要とするのは、旅行会社の日本人スタッフではないかと思います。

プーケットにはさまざまなツアーやアクティビティーがありますが、どのツアーもタイに本社がある会社の主催となり、ガイドは英語や中国語がメインです。ですので、日本人スタッフがいると安心ですよね。

ツアーを予約するには現地の旅行会社で直接お願いすることも可能ですが、滞在日数もあまり長く取れない日本人の観光客はだいたいのスケジュールを決めてからいらっしゃいます。

ですので、インターネットなどで日本人スタッフと日本語でやり取りしてツアーを決めることが多いようです。

英語とタイ語は社内連絡で必要

行程の予約時間外でもツアー参加中のトラブルなど、ガイドと送迎以外の日本人のお客様の対応は全て日本人スタッフが行います(タイでは外国人がツアーガイドや送迎などのタクシー業をすることは禁じられています)。

プーケットで日本人向けのツアーを開催しているのは、タイ人経営と日本人経営の旅行会社です。

タイ人経営の会社ですと、英語やタイ語などでスタッフとコミュニケーションを取らなくてはならないので、業務をする上で困らない程度の語学力が必要となります。

日本人経営の会社でもタイ人スタッフは必ずいますので、日常会話程度の英語かタイ語ができたほうがいいでしょう。資格や学歴などは特に重視されません。

お給料の相場は15,000バーツから20,000バーツほどです。

ホテルのゲストリレーション

ホテル

日本人以外の対応も求められる

ホテルのゲストリレーション(日本でいうコンシェルジュのような役割です)もプーケットで人気の職種です。大型のリゾートホテルや、日本の旅行会社とツアー提携しているホテルには、だいたい日本人のゲストリレーションが勤務しています。

ホテルの仕事は、日本人のお客様がいればその対応がメインとなります。しかし、ホテルには日本人以外の国のお客様もおり、特に日本人が少ない時期はそちらの対応もすることになります。

ですので、ゲストリレーションとして働く場合は日本語以外にも英語が必須となっています。

ステップアップで昇給の可能性も

資格などはなくても就職は可能かと思いますが、観光専門学校のホテル学科などを卒業していれば、就職に有利かと思います。

お給料の相場は20,000バーツから30,000バーツほどです。ホテルの場合、ステップアップしていくと60,000バーツから80,000バーツほどまで昇給も見込めます。

ダイビングショップ

ダイビング

ダイバーでなくても募集することも

プーケットは海に囲まれたリゾートアイランドですので、マリンスポーツのアクティビティーも豊富にラインナップされています。特に人気なのはダイビングです。

ダイビングショップでは、お客様に安全にダイビングツアーに参加してもらわなければなりません。基本的にはダイビングのプロライセンスを持っていることが就職の条件ですが、まれに事務や受付などの内勤を募集していることもあります。

プロライセンスを持っていなくても、取得を目指してショップで研修生として学びながら働くことも可能です。

ダイビングの公用語は英語

お客様は日本人だけというお店が多いですが、ダイビングツアーに利用するボートにはさまざまな国籍の人が乗り合わせるため、公用語は英語です。

ボートのキャプテンはタイ人ですし、ボートのリーダーもタイ人か欧米人となるため、タイ語と英語が必要です。

お給料はお店によってかなり変わってくるのですが、最低でも15,000から20,000バーツの基本給が見込めるでしょう。

ダイビングの仕事は、担当するお客様の数でお給料がプラスされることもあるので、忙しい時期は40,000バーツから60,000バーツになることもあります。

スパの受付やコース説明スタッフ

タオル

スパは日本人の女性にも人気のアクティビティーです。さまざまなコースが用意されているため、コースの説明や受付を担当する日本人スタッフがいるスパも多くなってきています。

旅行会社と同様で、対応するのはほとんどが日本人のお客さんだけですが、タイ人スタッフとのコミュニケーションのために日常会話程度のタイ語と英語が必要です。

お給料の相場は20,000バーツ前後です。

<番外編>こんな職業も

ウェディング

ウエディングコーディネーター

リゾート地でウエディング写真を撮る人や結婚式をする人が増えています。現地での式場やカメラマン、ヘアメイクの手配などをするウエディングコーディネート会社にも日本人スタッフが多くなりました。

基本的には未経験者でもOKですが、日本での経験があると有利です。

日本食レストランのスタッフ

最近のタイでの日本ブームも手伝って、プーケットに住む日本人やタイ人向けの日本食レストランが増えています。日本人がオーナーとなって営業していたり、日本人のマネジャーなどを採用しているお店もあります。

病院の通訳

比較的規模の大きい総合病院やデンタルクリニックには日本人スタッフが駐在しており、海外旅行保険の手続きや診察の際の通訳を担当します。ただし、この職業は専門用語を駆使する高い語学力が必要です。

不動産仲介のスタッフ

日本人在住者や長期滞在者向けにコンドミニアムや家を仲介する会社もあり、日本語で対応するスタッフを募集しているところもあります。現地まで車で移動することがほとんどですので、車かバイクの運転免許証が必要です。

まとめ

観光地のプーケットでは、やはり観光客向けのサービス業の募集が多いです。

旅行前からお客様とメールでやり取りしたり、現地でも電話や直接お会いしてお話しすることが仕事の中心となる職業がほとんどなので、人と接することが好きな人にはぴったりの場所だと思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【タイ求人】未経験からでもタイ就職を狙える転職サイトまとめ

タイで働くには?日本人がバンコクの日系企業・外資系企業に就職する方法

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

achan

投稿者プロフィール

タイ・プーケットピピ島にてダイビングショップ勤務や日本人部門マーケティングマネージャー、旅行会社経営など。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る