海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ドイツは英語だけでは難しい?日本とベルリンでドイツ語を学ぶ方法

  • 公開日:
  • 更新日:
ドイツ

時々ヨーロッパでは英語を話すことが出来れば暮らすことが出来る、というようなことを思っている人はいませんか?

もちろんイギリスは母国語が英語なので暮らすことができるかと思いますが、ドイツの首都ベルリンでも果たしてそうなのでしょうか?

結論を言えば英語だけでも暮らしてはいけます。しかし英語だけでは苦労する場面も結構多いです。

例えば役所などの手続きや不動産の契約など、ドイツ語が出来ないことで困ってしまう局面も結構あるのです。

英語はもちろん話せると便利ですが、現地の言葉を習得すれば生活はもっと楽になり、そして楽しくなるでしょう。

ここでは日本とベルリンでドイツ語を習得するいくつかの方法をご紹介します。

ベルリンにおける言語事情

人々

ベルリンは多民族が集まるインターナショナルな街です。それゆえに1つの街の中で様々な文化が入り交じっていている興味深い街でもあります。

冒頭でも説明しましたが、ベルリンで英語を話す人は結構多く、街を歩いていたりカフェで聞こえてくる言葉もドイツ語に次いで多いのは英語です。

またドイツの方と話すとき、こちらがドイツ語を喋れないと分かると「英語に切り替えようか?」と聞かれます。

つまりドイツの方も(年配の方は除きますが)ドイツ語と英語の2か国語を使います。

そのため、英語を話すことができればドイツの方ともコミュニケーション出来るし、ドイツの方だけでなく他の国々の方とも話すことができるのでやはり英語は便利です。

ただ英語だけしか使えないといくつか困ることがあります。その中の一つが、ビザ関連の手続きです。

ビザについては海外で暮らそうと思っている方はもちろん、現地で暮らしている人にとっても常に気になる存在。

ビザには学生用や就労用、フリーランス用と種類が多数あって、取得するために必要な物は様々ですが、共通して言えるのはある程度ドイツ語が話すことができなければいけないということ

ビザの発行をする外国人局の方は、取得する人がある程度ドイツ語が話せるかどうかもチェックしているようです。

英語で説明しようとすると受け付けてくれない人がいたという話も聞きます。

とはいってもドイツ語は日本人にとって馴染みがなく、まったく喋ることが出来ない人が大半だと思います。なので当然流暢に喋れるようになるには時間がかかります。

しかし簡単な挨拶や自己紹介くらいは、少しドイツ語を学べばできるようになります。

例え文法や発音が間違っていても、ドイツ語で話そうとする意思が向こうに伝われば、外国局の担当の方にも良い印象を与えるでしょう。

日本でドイツ語を学ぶ方法

勉強

ドイツ語を学ぶ方法はいくつかありますが、ドイツで暮らそうと考えているのであれば、まずは日本である程度ドイツ語を学ぶことをおすすめします。

何故かと言えば、教えてくれる先生の言葉が日本語だからです。ベルリンにはドイツ語を学ぶための語学学校がたくさんあります。

なのでベルリンに来て語学学校に通ってもドイツ語を学べますが、先生の説明やテキストはもちろんドイツ語(もしくは英語)です。

文法の説明がドイツ語(仮に英語であっても)だと、疑問点が分からないままになり、知りたくてもドイツ語が話せないため質問できない状態に陥ってしまいます。

そのため1からドイツ語を学ぶのであれば、日本である程度学ぶことをおすすめします。日本でドイツ語を学ぶ方法はたくさんありますが、いくつかの代表的な方法をご紹介します。

ドイツ語の学校

日本国内でドイツ語を学ぶために一番手っ取り早いのは、ドイツ語を教えてくれる学校に通うこと。

大きな語学学校にはドイツ語コースもありますし、小さな規模であってもドイツ語を教えてくれるスクールはあります。

学校によって様々ですが、グループレッスンだけでなく個人レッスンを受けることができるところもあるので、自分のペースで、かつ少しでも早く上達したい方は個人レッスンを選ぶのが良いでしょう。

他の人を気にせずに好きなだけ質問もできます。また短期間で集中して教えるカリキュラムを組んだ学校もあります。

なので余裕があれば通常のレッスンも受けながら、集中して学べるコースにも通うと上達が早くなるかもしれません

スカイプをつかったドイツ語会話

最近は学校まで足を伸ばさなくてもWifi環境があれば無料でスカイプでの通話ができる便利な時代です。そんなスカイプを使ってドイツを教えてくれる方もいます。

なので近くにドイツ語を教えてくれる学校が無い方や、普段の仕事が忙しく学校に通う時間が無い方に取ってはありがたい存在ではないでしょうか。

ただスカイプでの授業は学校で学ぶよりもスムーズに会話することができなかったり、もどかしさを感じることもあります。

また語学学校のように知り合いや友達も出来づらいため、人のネットワークの広がりに欠ける面もあります。

しかし有効的な学習手段なので、ドイツ語を学ぼうと考えている方は1度チェックされてみてはいかがでしょうか?

ラジオで習得する

ラジオ

ドイツ語の学校やスカイプの授業を受けなくても、ドイツ語を勉強する手段はあります。それはラジオによる勉強。

皆さんはNHKが放送している「まいにちドイツ語」の存在を知っているでしょうか?ドイツ語に興味のある方ならご存知かもしれませんね。

この「まいにちドイツ語」は長いスパンをかけて少しずつラジオを聞きながら勉強を積み重ねて行くのですが、これが結構ドイツ語を学ぶのに有効的です。

ドイツ語を上手く喋られる日本の方もおすすめされていたくらいです。

このラジオで学ぶ方法のメリットは費用がとても安いこと。学校やスカイプで学ぶより費用は格安です。またタイトル通り、毎日少しずつ勉強出来るのがポイントです。

1日の中で毎日少しの時間でもドイツ語を聞いたり話したりすることが、ドイツ語に限らず様々な語学で上達するための一番の近道ではないかと考えます。

ドイツ語を話せるタンデムパートナーを捜す

日本でもドイツの方や、オーストリアやスイスの方などドイツ語を話される方が暮らされてます。

そんな方と日本語を教える代わりに、ドイツ語を学ぶタンデムパートナーを作ることが出来れば、ドイツ語が飛躍的に上達するでしょう。

ネイティブの言葉を教えてもらう代わりに、日本語や日本の文化を教えることで、改めて日本の文化を知るきっかけにもなりますよ。

ただし日本ではドイツ語でのタンデムパートナーを見つけるのはなかなか難しいかもしれません。圧倒的に数が少ないためです。

もしも語学学校に通われているのなら、学校を通してタンデムパートナーを紹介してもらうことが出来るかもしれないので、1度相談されるのが良いでしょう

ベルリンでドイツ語を学ぶ方法

授業

語学を勉強して海外に行かれたことのある方なら分かるかもしれませんが、日本である程度のドイツ語を学んでも、それが実際の場所で通じるかどうかはまた別の話になります。

言葉というのは地域によって変化するものです。日本でも新しい言葉が生まれるように、ドイツ語も少しずつ変化していきます。

でももちろん、日本で学んだことは多いに役立ちます。基本的なベースは共通です。

先述したようにベルリンには他のヨーロッパの国々の人や中東、アジア、アフリカなど様々な国の人が暮らしているので様々な言語に対応するドイツ語の語学教室があります。

また日本では見つけるのが難しかったタンデムパートナーもベルリンでは比較的楽に探すことができます。ベルリンでドイツ語を学ぶいくつかの方法をご紹介します。

語学学校に通う

先述したようにベルリンにはたくさんの語学学校があります。

学校によって価格やスケジュールはまちまちですが、共通しているのは日本で学ぶよりも学費が安いこと。1ヵ月で200ユーロもしない学校もあります。

語学学校の良い所は、ドイツ語を学びに来ている他の国々の方と知り合えることでしょう。そうやって友達を作り、人とのネットワークを広げることが海外生活においてとても重要です。

同じ目的を持っているので一緒にドイツ語を学んだり、ドイツの文化に触れ合って仲良くなって友達が増えれば、さらに生活が楽しくなるでしょう。

タンデムパートナーを探す

授業

これは前の項でも紹介しましたが、タンデムパートナーを探すならベルリンの方が断然楽です。

ドイツには日本に興味を持っている人が割と多いので、日本人はとても貴重な存在のようです。

ベルリンには街の至る所にカフェがあり、だいたいはタンデムの方とカフェでお茶をしながら語学のことや文化のことを交換するスタイルが多いようです。

タンデムパートナーを探すのであれば日本と同じく語学教室で探すか、ベルリンに在住する日本人の方の掲示板サイト「MIXB」で探すのが早いのではないかと思います。

ドイツの文化に触れる

ドイツ語を学ぶのは何も学校やタンデムを見つけないとできない訳ではありません。

例えば映画が好きな方なら、知っている日本やアメリカ映画のドイツ語吹き替え版や、ドイツ語字幕版の映画を見るというのも勉強の一つです。

オリジナルと比べながら勉強すれば、日常的な会話が割とスムーズに頭の中に入ってきますよ。

また音楽が好きな方ならベルリンのライブに行ったり、クラブに通うのも良いかと思います。

共通の趣味があれば言語が上手でなくても外国の方と友達になりやすいですし、趣味が合う人同士なら話していても楽しいものですよね。

まとめ

ドイツ語の学習方法について、日本とベルリンでそれぞれ紹介してみましたがいかがだったでしょうか?

語学を学ぶのはとても大変ですが、何よりも相手のことやその国ことを知るためには欠かすことのできない大切なことです。

語学を上達させるためにはとにかく話すこと、そして続けることがキーワードだと思います。どのような方法であれ、ドイツ語を学べばさらに楽しいベルリンでの生活が開けることでしょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ドイツで仕事に挑戦、海外就職してみよう!ドイツ就職のあれこれ

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
yasu

yasuライター

投稿者プロフィール

ベルリンで文房具屋を経営しながらフリーランスとして活動しています。以前ベルリンに旅行したことがきっかけでこの街に引っ越してきました。
ベルリンは緑に溢れ穏やかな時間が流れる素敵な街。そんなベルリンのいろんな文化や習慣、また暮らす上で役立つ様々な情報を中心にご紹介します。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る