海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

カナダの家に住んでみよう!カナダの家を紹介します

  • 公開日:
  • 更新日:
家

海外に住むとなるとやはり重要なのは滞在先の家を探すことです。

日本では当たり前と思っていることでも、海外では当たり前でないことも多いです。例えば、短期滞在となると、日本とは違って不動産屋さんに行って相談して探してもらうという事はあまり聞きません。

インターネットの住宅情報などから自分で情報収集して下見に行く必要があるので、少し手間がかかります。ですから、しっかりポイントを押さえて決めて欲しいと思います。

今回はカナダの家についてご紹介します。

カナダでの部屋の探し方

家

まずは、自分の生活スタイルに合った部屋がどんなものかを考えます。一軒家の一部屋を借りるルームシェアがいいか、食事付きのホームステイにするのか、または完全プライベートがいいか、などです。

それを決めたならば、早速探し始めましょう!

家

外を歩いていて、家やアパートに「rent」と出ているところを探すこともできます。

家

例えばこのような感じで出ています。

あとは、以前に日本コミュニティである「e-Maple」というサイトを紹介しましたが、そこでもアパートを探すことができます。

日本人のオーナーも探すことが出来ますから、英語が少し不安な方にも向いている、安心できるサイトです。

また、英語ができる方なら「Kijiji」(キジジ)というサイトもあります。全て英語で書かれていますし、カナディアンのオーナーばかりになるのでそこそこの英語力が求められますが、家の情報はe-Mapleより断然多いです。

私もここから家を探しました。両サイトとも個人間のやり取りになるので、ある程度注意が必要ですが、気なる物件は一度メールか電話してみるといいかもしれません。

その際、最低契約期間、インターネットや光熱費は家賃に含まれているのか、などきちんと確認してくださいね。

下見に行ったなら、一軒ですぐに決めてしまうよりも、何軒か物件を見てから決めた方がいいと思います。数軒見て行くとだんだんコツが分かって来ますし、焦る事もなくなります。

私が今の家を選んだ理由

今住んでいる家はトロントに来て2つ目の家です。

1つ目の家は「ベースメント」といって地下の部屋でした。地下といってもかなり快適で、部屋にもよると思いますが、窓も大きくとられているので割と明るいです。

また、オーナーとは玄関、キッチン、トイレ、バスが別という完全プライベートでした。ですから、ホームステイのようにホストファミリーに気を使う必要がありません。

ただ、家具付きというベースメントは少ないと思うので最初に家具やキッチン用品などを揃えるのに初期費用がかかります。この辺もオーナーとよく相談して、どこまで自分が買う必要があるか決めることになります。

こうしたベースメントはトロントの家には大抵あり、貸し出してる事も多いので、探してみるといいかもしれません。トロントの条例により一年間の契約後は家賃を上げてもいいというのがあります。

その為、私のオーナーも一年後家賃を値上げしたので、快適な家だったのですが泣く泣く引っ越すことにしました。2つ目である今の家は、友人の紹介により見つけました。

ホームステイという形になりましたが、オーナーに会ってみるととても素敵で優しい方だったので決めました。

周り近所を下見がてら一度散歩した時も、近くに大きな公園があり、行き交う人が皆笑顔で挨拶してくれたので、そうした環境も決め手となりました。

やはり、もし時間が許すのなら家を決める前に一度オーナーに会ったり、ご近所にどんな人が住んでいるか把握できたらいいと思います。

ちょっとしたトラブル

家

インターネットに載せられている部屋を見ると、素敵に写っている写真が沢山載せられています。ですが、その写真だけを見て決めないでください。

決めてしまっていざ引っ越してみたら、部屋に隙間が多かったり、ゴキブリ、ネズミの糞が大量に落ちていたりと写真では見えないものもあります。

ですから、そんなトラブルを回避する為にも必ず決める前に下見に行って自分の目で見てください。

また、トラブルというほどではないかもしれませんが、ホームステイだとキッチン、トイレ、バスは全て共有ですので不便を感じる事もあるかもしれません。

特に朝の忙しい時にもは洗面所が混み合いますし、 「シャワーを浴びるのは何時まで」と決められてる所もあります。また、冷蔵庫に入れていた食材がいつの間にか同居人に食べられていたという事もあります。

もしも、そういったトラブルが起きたなら、率直に話し合うことが大切です。文化の違いや育った環境が違いますから、お互い話してみて初めて知ったという事も沢山あります。

そうした違いも楽しみつつ、譲り合いながら生活出来たら良いですね。

まとめ

このように、家探しは大変なことや少し面倒なことが多いです。

でも、よくポイントを押さえて探すなら必ず自分が生活を楽しめる一部屋を見つけることができるので、妥協せずポイントを押さえて住まいを決めて楽しい海外生活を送ってくださいね!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

カナダで働くには?カナダでの仕事の探し方

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

EHAKAM

投稿者プロフィール

カナダに来て早くも2年目になります。英語は今も勉強中!
カナダの食、文化など詳しくお伝えできたら嬉しいです

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る