海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

これがタイ人のいる職場環境!タイならではの職場風景とは

  • 公開日:
  • 更新日:
タイ

タイの職場は、日本と違いのんびりとした雰囲気が漂っています。彼らの気質や窓の外に見える風景が、そういった雰囲気を作り出しているのかもしれません。

今回は、私の職場で見られるタイらしい風景をご紹介します。是非、タイらしい職場の雰囲気を感じ取ってみてください。

タイ人のいる職場の服装

ネクタイ

タイで初めて仕事をする人が最初に驚くのが、仕事時のタイ人の服装です。工場であれば作業着を着ていることがほとんどですが、事務系の仕事なら私服になりますよね。

赤やオレンジなど派手な色の服はもちろんですが、短すぎるスカートやノースリーブなど露出の多い服も当たり前です。事務所ではスリッパを履くタイ人が多く、そのスリッパがウサギなどのぬいぐるみ風スリッパということも珍しくありません。

カラフルな髪色

私の働く会社は工場なので、みんな作業着を着ています。服装について驚くことはありませんが、髪の色では驚く人がいるかもしれません。茶色くらいなら普通ですが、赤や金色にしている従業員もいます。

どんな服装や髪型をしていても、タイでは仕事には関係がないようです。ぬいぐるみ風スリッパや金髪でも、平気でお客様の対応に出ます。

決まりきった型にはめられないところが、タイの職場がのんびりしている理由のひとつかもしれませんね。

事務所から象が見える

象

私の会社はバンコクではなく、お隣のサムットプラカーン県にあります。バンコクから車で30分程度ですが風景はがらりと変わり、都会のような雰囲気はありません。

年に何回か、事務所の窓から象が見えることがあります。野生の象ではありませんよ。夕方に立つ近くの市場に、チップをもらいに歩く象です。

象は私の会社の前で車の荷台から降り、少し離れた市場まで歩いて行きます。ちょうど仕事が終わって退社する頃が、象の出勤時間のようです。

この光景は日本では見られないですよね。象が来た時は仕事の手を止めて、後姿を見送ってしまいます。

休憩時間にやってくる屋台

タイの屋台

午後3時から10分間の休憩時間になると、会社の前にいくつかの移動式屋台がやって来ます。フルーツやアイスクリーム、クレープなどの屋台が並び、おやつの時間にぴったりです。

屋台は、5時から20分間の残業前の食事休憩にもやって来ます。この時間の屋台は3時休憩とはバリエーションが変わり、つみれや焼き鳥などのしょっぱいものがメインです。

虫の屋台が大人気

その中にたまに、虫を売る屋台を見かける時があります。東北出身の人が多く住むこのエリアでは、虫の屋台は大人気です。

虫の屋台が会社の前にやってくると、何人かの従業員が集まります。種類も豊富で5~6種類の虫がトレーに並べられていますが、従業員のお気に入りはコオロギのようです。

最初の頃は虫を購入した従業員が、私のところにお裾分けを持ってきてくれていました。気持ちは嬉しいのですが、困った差し入れですよね。

給料のほとんどを宝くじに賭けてしまったタイ人

宝くじ

タイ人は宝くじが大好きです。毎月1日と16日は宝くじの日で、その日は朝から宝くじの話題で持ちきりです。

こちらの宝くじは、6桁ある数字のうち、自分の好きな数字の並んだ宝くじを買います。その数字のお告げを得るために、行列のできる寺院もあるそうです。

以前、給料のほとんどを宝くじに賭けてしまった従業員がいました。後先考えずにお金を使ってしまうのはタイ人によくあることですが、さすが呆れてしまいましたね。

カエルは縁起のいい生き物

先週、手のひらサイズの大きなカエルが会社に出ました。すると従業員がそのカエルを捕まえ、おなかにベビーパウダーを塗りつけはじめました。

何をしているのかと聞くと、カエルは縁起のいい生き物だから、数字のお告げがあるかもしれないとのこと。ベビーパウダーで真っ白になったカエルのおなかから、数字を読み取ろうと必死に目を凝らしていました。

粉まみれになったカエルが可哀想なので逆にバチが当たるのではないかと思ったのですが、口にはしませんでした。ですが案の定、宝くじは当たらなかったようです。

宝くじの当選番号発表はその日の夕方16時前後です。仕事中にどうチェックしているのかは分かりませんが、当選した人がいる日は現場から奇声があがります。「今日は誰かが当たったんだな」と思う、微笑ましい午後の光景です。

事務所内や工場入り口でソンクラン

タイらしいお祭りと言えば、やはりソンクランが有名ですよね。水掛祭りとも呼ばれるタイの旧正月ソンクランは、数少ない長期休暇のひとつです。ソンクラン前になると従業員の気分も高まり、休暇前の最終日などは仕事になりません。

朝から会社の敷地内にある祠にお供え物をするのですが、このお供え物もタイらしいと言えるでしょう。

鶏をまるごと蒸したもの、舌まで付いている豚のお頭、バナナやドラゴンフルーツなどがお供え台に並びます。毎年やっている行事などで、グロテスクなお供え物もだいぶ見慣れてきました。

15時からは大掃除の時間としているのですが、掃除どころか工場中が汚れてしまうのがこの日です。現場には機械が置いてあるので水は厳禁ですが、事務所内や工場入り口ではソンクランの恒例行事、水の掛け合いが始まります。

顔にはおしろいが塗られ、車にもおしろいで手形がつけられ、頭からバケツの水をかけられる、それがソンクラン休暇前の私の会社の光景です。帰る頃にはびっしょりになるので、その日は毎年着替えを用意しています。

まとめ

こうしてタイらしい職場の光景を挙げてみると、やはりタイでは仕事中でも遊び気分があるような気がします。あなたもタイで仕事を始めたら、びっくりすることがいくつかあるかもしれません。でもきっと、それがタイ風の職場風景です。

のんびりとしたタイの職場風景に癒されつつ、日本品質の仕事を心がけたいですね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る